自然とモダンに暮らす家。「き」なりの家

きなり流の家

 私たち流の家づくりにおける4つの約束です
庭屋一如
風景と調和し、自然の息吹を感じる。庭と融合した住まいが暮らしと自然を繋ぐ。

家屋と緑が一体のものとなり、自然とゆるやかに繋がる暮らしには、真の「豊かさ」があります。
土地の特徴や方角、周囲の緑や風景、風の方向や太陽の動き。ひとつひとつの土地で異なる自然と環境を見極め、そこから発想する家づくりを提案します。

自然をつくりこむ
建築と周辺環境を一体的に設計する。

住まいを考える環境は、建築物がひしめく都市や山林などそれぞれの事情で様々。私たちの考える住まいは、自然の眺望に恵まれたところでは、その魅力を最大限に活かす提案を。家屋が立ち並び、緑の景色が望めない環境では、敷地に自然環境をつくりこみ、それに呼応する設計をすることで、四季の移ろいを感じる豊かな日常をデザインします。

土地の起伏を活かす
高低差を利用して、造成を最小限に設計。

住宅用地には道路に高低差がある場所や山の斜面など、平坦なところばかりでは有りません。そんな場所は平坦に造成して建築するのが一般的ですが、高低差を活かして建築をすることも可能です。自然の起伏や傾斜を個性として設計に取り入れて、景観に溶け込むよう巧に設計された建物は、周囲の環境と共に佇まいの美しい建築になります。

窓で繋ぐ環境と建築
窓の巧みなデザインが空間を活かす。

窓の機能は、熱の出入りや、視界を外とつなげること、風や換気の機能、採光など多岐に渡ります。そして、プライバシーを確保しながらも、開放的に外に開かれた窓辺が、そこで過ごす時間に彩を与えてくれます。窓や開口部の設計は、暮らしと自然との関わりの中で最も重要な設計要素であり、私たちのデザインする住宅設計の核となります。

きなり流 新しい価値の創造
自然の力で、快適に住まう。伝統的な日本の住居思想を温故知新で

夏に蒸し暑い日本の気候風土に寄り添った、軒の長い昔ながらの木の家は、機械の力に頼らざるとも、上手に自然と付き合う為の工夫にあふれています。そんな、伝統的な日本の住居思想を活かすとともに、冬でも省エネルギーで快適な、温熱環境の設計を両立させました。

深い軒とパッシブソーラー
機械やパネルを使わない太陽熱利用。

夏は、長い軒で日射をさえぎり、風の設計を用いて出来るだけ空調に頼らずに過ごす。冬は、窓に射す太陽の暖かさを一日中蓄えて、夜も芯から温まる心地よさを保ち続けます。熱容量の大きな構造躯体をもつことで、機械に頼らずとも建物そのものが夏と冬のモードを切り替えて、一年を通して自然の力で快適な保つことが出来るのです。

床暖房と快適な温熱環境
輻射熱で、芯から温まる快適な暖房を。

快適に過ごすためのキーワードは[輻射熱]。底冷えする冬、いくら室温を高めても床や壁の温度(輻射温度)が低いと、躯体に体の熱を奪われて快適さは得られません。逆に、周囲の温度が温かい [輻射熱]の潤沢な環境では、体の芯から暖まり、「さりげない快適さ」が得られます。省エネルギーで快適さを得る蓄熱型の床暖房はいかがでしょうか?

木組みと高い断熱性能
木の家を住み継いでいくこと。

日本の気候風土を読み、手間ひまをかけて職人の手で組み上げる骨太な木組みの空間は、日本の住まいの誇りです。高い断熱性能を施し、寒暖差や結露から木の住まいを作ることは、同時に私たちの健康を守ることにも繋がります。世代を超えて住み継がれ、永く愛され続ける「木」の住まいこそが、私たちの造り続ける住まいの理想です。

きなり流 積み重ねた実績
ひとつひとつ千差万別な物件で、常に最良の家づくり

私たちは、住宅建築に数十年の実績があります。それは、長年続くお客様との信頼関係と共に紡がれてきました。補修対応やメンテナンスはもちろん、将来のリフォームの相談まで、長い歴史に磨かれた経験が、これから建築されていく住まいの中にも脈々と生き続けています。

美しく住まう
十数年を経て、さらに美しいきなりの家に。

きなりの家には年月を経て色合いをました素材が溢れています。永く住み継いでいくほど、輝きが増す素材、木組み、石、漆喰、土壁。時を積み重ねるごとにそれぞれが呼応して、その味わいが増してゆき、暮らしは豊かになってゆきます。ひとつひとつの建物に対して、素材の吟味を重ね、手間をかけて建築することで、時を経て美しい住まいをつくります。

長寿命化住宅
永く住み続ける為にできること。

現代の住宅は、20年を待たず建て替えられ続けています。家の寿命を短くしているのは、構造的なものだけではありません。暑さ寒さ、住み方に合わないデザインであることなどが大きな原因となっています。快適さを最小限消費エネルギーで実現し、かつ、家族構成や世代の変化にも柔軟に対応できる住まいのかたちが求められています。

時を経た家を再生
設計力を活かしたリノベーション。

私たちの仕事は新しく建築することばかりではありません。既存の建築にも断熱補強や床暖房、新しい感性の空間リノベーションなどを施して、次の世代に大切に使い伝えるようにすることにも意欲的に取り組んでいます。そこには、新たな時代に呼応した感性と、数十年に渡る住宅建築の経験に培われた技術が活かされています。

きなり流 精鋭の技術者達
高い技術と熱い情熱を持つ技術者たち。その職人技は上質な住まいに不可欠

どれほどいい設計をしても、それを実際に形にするには、手間を惜しまず丁寧に組み上げる技術者の職人技があってこそ。工期の短さ、速さではなく、長年住んでもなお満足が続く家づくりを大切にしています。
きなりの家には、木の専門家と呼べる技術者たちがいます。ベテランの棟梁はもちろん、一級建築士や現場担当のひとり一人が高い技術と熱い情熱を持って、きなりの家を作りあげています。

大工集団
棟梁/中西正
棟梁/中西正

きなりの大工の中心的役割を担う、ベテラン技術者。長年の知識と技術力で、後進の育成と技術向上の役割も担っている。

<ひとこと>

きなりの家をつくらせてもらって、早十数年。京都で修行したことを仕事に活かして、丁寧な手仕事をこころがけていきたいと思います。

<これまでの仕事>

これまでの仕事

二階リビングの家

これまでの仕事

囲い庭の家

これまでの仕事

石積みの中庭を囲む家

棟梁/吉房泰彦
棟梁/吉房泰彦

いつか親方を超える立場になってやる」という負けず嫌いの信念を貫き、厳しい修行を経て、今では「き」なりの家を背負って立つ腕利きの大工の一人。棟梁仕込みの伝統工法で手刻みや墨付けもこなす。

<ひとこと>

お客さんにとっては、家=夢を買うこと。それに恥じない仕事がしたいです。そのためには、毎日が挑戦、一生涯勉強。常に上を目指したいと思います。

<これまでの仕事>

これまでの仕事

見晴らしの家

これまでの仕事

葡萄棚の家

これまでの仕事

力垂木の家

棟梁/清水政勝
棟梁/清水政勝

大工会のなかでも、最もキャリアのある棟梁の一人。宮大工の経験もあり、豊富な知識と高い技術を基に指導者的な役割を担い、若手の大工からの信頼も厚い。

<ひとこと>

大工として長年、社寺で培ってきたものを、住宅に活かしていきたいと思います。住宅建築の現場で見かけたら、気軽に声をかけてやってください。

<これまでの仕事>

これまでの仕事

聴水山荘

これまでの仕事

手編木の家

これまでの仕事

屋根緑化の家

棟梁/河田修
棟梁/河田修

岡山工務店創立時からのキャリアを持つ。大規模な物件を担当することが多く、きなりの家の代表的な物件を多数手掛ける。

<ひとこと>

25歳の駆け出しの時から、きなりの家をつくらせてもらって、早30年が経ちました。時代は変わっても、これからも初心を忘れずに、一作一作気持ちを込めた仕事をしていきたいと思います。

<これまでの仕事>

これまでの仕事

現代民家

これまでの仕事

木組みと囲炉裏

これまでの仕事

倉敷のガレージハウス

棟梁/北岡義邦
棟梁/北岡義邦

大工会のなかでも、ベテランの一人。丁寧で手際のよい仕事に定評がある。大きな建物から、小さな住宅まで安心して任せられる。

<ひとこと>

お客さんの都合や、限りある工期のある中での仕事ですが、出来る限りじっくりと本物のものづくりがしたいと思います。

<これまでの仕事>

これまでの仕事

潮見の家

これまでの仕事

牛窓の鉄鋼造

これまでの仕事

桜道の家

現場のプロフェッショナル
監督/薄波 竜一
監督/薄波 竜一
二級建築士

家具職人や大工、設計など、多方面に豊富なキャリアをもつ。木造の意匠設計に切れのある感性を持ち、 ディテールの設計、施工現場運営や、大工の調整など、価値ある家づくりに不可欠な仕事を総合的にこなす。

<ひとこと>

古来の大工のように意匠と技術を統括し、住まいのすべてに関わるような仕事をしながら、住む人が安心して暮らせる家づくりを心がけています。

監督/岡 伸紀
監督/岡 伸紀
一級建築士

意匠や施工についての設計士の意図やお客様とのやり取りを的確に現場にフィードバックする、チームメンバーの橋渡し的存在。一級建築士として家づくりを熟知しているからこそできる役割である。

<ひとこと>

予算や工程の管理、安全の管理、品質の管理、自己管理!を心掛けるとともにきなりの家らしさを大切にしながらさらに進化し続けたいです。

監督/藤原 幹也
監督/藤原 幹也
二級建築士

きなりの家を知り尽くし、豊富な経験から設計業務をもこなす。人や材料の手配など重要な段取りを担い、現場監督として家づくりを支える。家づくりにおいて、誇りを持って縁の下の力持ちの役割を担っている。

<ひとこと>

準備や連携、困ったときの問題解決が私の仕事です。大工さんや職人さんたちが気持ちよく仕事ができるように現場を支えていきたいです。

大山 諒
大山 諒

建築の大学院を修了の後、新たにきなりの家に仲間入りをした。先輩を追い越すために日々精進している期待の新人。設計、現場、お客様の意向をくみ取り、円滑に工事を進めるための努力を惜しまない。

<ひとこと>

きなりの家に関わる人たちから知識技術を吸収し、きなりの家と共に成長し続けたいです。お施主様に喜ばれる、常にいい住まいを提供していきたいと思います。

高見 哲夫
高見 哲夫
二級建築士

お引き渡しをしたお客様の家を一手に引き受け、信頼も厚い。窓開閉時のわずかな感触や、床や壁の表情の変化も見逃さない。長年の大工の知恵や腕と経験で、アフターメンテナンスや、増改築を実直に行う。

<ひとこと>

木や自然といった自然素材は、生きているがゆえに変化しますが、アフターメンテナンスによって守ることができます。変化を見極めて、喜びと安心を紡いでいきたいです。

金光 佳祐
金光 佳祐
二級建築士

7年前からこの仕事を始める。これまでの経験を活かし、細部にまでこだわることと、丁寧な作業をすることを心掛けている。憧れの先輩方から日々刺激を受けながら仕事に情熱を燃やし、家づくりに熱い思いを込めている。

<ひとこと>

“お客様に満足して頂ける家づくり”を念頭において、幅広い知識の取得と技術力の向上を目指し、日々の仕事に取り組みたいと思います。

大西 勇人
大西 勇人
三級建築大工技能士

学生時代は、社寺や木造住宅の構造について学んだ。ホームページできなりの家を知り、家づくりに対する真摯な姿勢に惹かれ入社。現在は棟梁からの教えを受けながら、一人前の大工になれるように日々精進している。

<ひとこと>

大工になると決めたからには、立派な棟梁になるまで絶対に諦めないと誓い、人々に信頼される大工を目指して日々努力していきます。

設計の技術者
営業設計/亀谷 典弘
営業設計/亀谷 典弘
一級建築士

長く建築に関わってきたキャリアを活かして、土地探しから、現場運営、住まわれてからのアフターサービスまで、住まい手と、創り手を繋ぐ、幅広い視点から、顧客のアドバイス、サポートを行う。

<ひとこと>

住まいは家族の未来であり、普段の何気ない日常が五感とともに豊かになる場所です。住むほどに愛着の湧く住まいづくりをいつも心がけています。

近藤 洋子
近藤 洋子
二級建築士

木造住宅の幅広い知識をもって、補助金申請や建築確認申請、行政庁への許認可申請届出など建築に関わる申請・届け出の業務を行う。住宅建築の工程をスムーズに進める上で、要の仕事を一手に担っている。

<ひとこと>

色々なノウハウをもとに、《確認済証》フラット35の《設計検査に関する通知書》を取得するためのアドバイスなど、お客様の住宅取得の効率を高めるためのサポートをします。

阿部 亮介
阿部 亮介
二級建築士 宅地建物取引士

設計事務所に勤務した経験を活かして、積算と設計を担う。積算においては限られた予算の中で、お客様の理想の住まいに近づけることに尽力。設計業務においては、持てる知識と感性で、高みを常に目指す姿勢を見せる。

<ひとこと>

現場で大工さん、職人さんがミリ単位で仕事が出来るよう、正確で精度の高い図面が書けるように、また、みんなが”美しい”と共感できる設計が出来るように努力していきます。

高橋 磨有美
高橋 磨有美
二級建築士

お客様の資金計画のご相談に乗り、家づくりのための資金的な計画設計を初めとして、計画段階から、契約後の詳細な打ち合わせも含めて、お客様に満足していただける家づくりを目指し、そのお手伝いをする。

<ひとこと>

お客様にご満足いただける心地よい家づくりを目指しています。楽しい暮らしは楽しい家づくりから!初めてのお打合せの時から、暮らし始めてからも、皆様が笑顔になるご提案を心がけております。

石田 博
石田 博
一級建築士 一級施工管理技士

お客様との打合せから、設計、現場へとスムーズに物事を伝達出来るようコミュニケーションを図り、また設計という立場からの提案も行う。お客様との出逢いから引渡しまで、すべてをサポートする。

<ひとこと>

敷地の環境や条件を読み取り、ご要望を汲み取り、伝統的な技法を活かしつつ、常に新しい提案が出来るよう、日々精進して行きたいと思ってます。

逸見 加奈
逸見 加奈
二級建築士

きなりの家の設立当時から、自然素材と木の建物の建築に取り組み、お客様と共に作り上げるよろこびを共有できる家づくりを目指して、時には営業設計側から、時には裏方として様々な業務を行う。

<ひとこと>

ゆとりある空間は、デザインすることから生まれます。様々な世代の方々の住宅建築に携わることで、ご家族皆さんが笑顔になれるお手伝いをしていきたいです。

土井 美香
土井 美香
二級建築士

幼少期から住宅設計に興味を持ち、専門学校で学び、きなりの家へ入社した。資料請求やご来場されたお客様の対応、図面の作成をしている。お客様の意向を汲み取り、ご満足して頂ける住まいをご提案できるよう、日々の努力を惜しまない。

<ひとこと>

一つ一つのご縁を大切にし、「きなりの家で建てて良かった」と思って頂ける家づくりを目指します。家づくりに携わることで、自分自身を磨き、常に向上心を持って取り組んでいきたいです。

岩村 久子
岩村 久子

経理・総務として長年のキャリアを持ち、すべての社員の様子や、資金と仕事の出入りに気を配る。会社の運営や正確な事務手続きを行い、企業としてのきなりの家そのものを支えている人材。

<ひとこと>

お客様と直接お会いする機会が少ない裏方の仕事ですが、常にお客様の笑顔が一つでも多くなるように、一つ一つ間違いの無いように丁寧に仕事をしています。

杉本 洋
杉本 洋
一級建築士

公共施設や住宅設計に長年のキャリアを持つ。お客様との対話を通して、その想いをしっかりと汲みながら、設計士として、プロの視点で自然素材本来の色味や質感を生かした、プランを提案する。

<ひとこと>

同じ快適を表す言葉でも
“confortable(快適な)”という以上に“cozy(居心地の良い)”な居場所をつくりたいと考えています。

田中 賢二
田中 賢二
一級建築士 宅地建物取引士

それぞれの暮らし方に柔軟に寄り添う住まいであるかを重視すると共に、敷地それぞれの特性を極限までとらえた住まいのデザインを行う。時代や、要求に応えながらもきなりらしさを体現し続ける設計士でもある。

<ひとこと>

暮らし方や住まいへの要望は家族によって多様ですが、ロケーションの持つ個性はそれ以上にさまざまです。敷地それぞれの特性をとらえ、ご家族の住みよい空間をご提案します。