ブログ
外皮計算とは

外皮計算とは「外皮平均熱貫流率(UA値)」を算出する計算のことです。

UA値は従来の「熱損失係数(Q値)」に変わる指標で、数値が小さいほど性能が高いことを表しています。

建物の各部位(外壁・窓・天井・床)から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。(外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指します。

外皮計算をすることによって、より断熱性能の値がわかりやすく表示されるということです。

きなりの家でも外皮計算をしていますが、平均して0.5w/(㎡k)くらいです。

この数値は基準値と比べてもかなり高い断熱性能であると証明しています。

断熱性能の高い家のメリットは、1年を通じて快適な室内環境を保つことができます。

さらに、冷房費・暖房費の低減など家計にやさしいのはもちろんのこと、少ないエネルギーで快適な空間を生み出すことから地球環境にもやさしいというメリットもあります。

ぜひ展示場で体感してみて下さい。

IMG_0481

近藤

 

トップへ戻る
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
アクセス
アクセス
TEL
TEL