ブログ
薪ストーブは楽しい

あけましておめでとうございます。
年末年始は温かい日が続きましたが、昨日はぐっと冷え込みましたね。

きなりの家コンセプトハウスでは11月から床暖房を入れております。
普段の暖房は床暖房だけで十分ですが、寒い日は薪ストーブをつけております。

弊社のお客様の中にも薪ストーブをご採用いただく方がいらっしゃいます。
薪ストーブの魅力はやはり「炎の揺らめき」「あたたかさ」これにつきます。
ご採用いただきましたお客様からも「家族が薪ストーブの前に自然に集まる」ということをお聞きします。

薪ストーブって火をつけるのが難しそうだな、と思っている方もいらっしゃるかと思います。
かく言う私も実際に使うまではそうでした。
火をつけるのは意外と簡単です。
細めの薪と、着火剤、新聞紙があれば点きます。
img_5439_r
ストーブの炉の中の小さな白い個体が着火剤です。
(着火剤もいろいろな種類があり、インターネットでも売っております)
最初は空気量の調整にコツが必要です。

煙突が温まるまでは空気を多めに入れます。
煙突が温まると勝手に空気を引き込むようになるので、火が強くなりすぎます。
炎の勢いは空気ダンパーの開き具合で調整します。
ダンパーを占めると空気量が少なくなり火の勢いは小さくなります。
火が落ち着いてきたら、新たに薪を追加投入します。

文章で書いても5行で終わりますね!

個人的には夜の薪ストーブがお勧めです。
お客様に夜のコンセプトハウスをご覧いただける機会がなかなかないので、今日は写真で少しご紹介します。
052_r
日が暮れてくると炎の灯りをより感じるからでしょうか。
時間がゆっくり進んでいるような、落ち着き感を演出してくれます。

054_r
照明を落として炎の灯りを楽しんでみるのも良いですね。
ソファでおいしいコーヒーが飲みたくなります。

きなりの家コンセプトハウスでは毎週末(暖かい日は除く)薪ストーブを点けております。
(点いていない場合、ご希望の方はスタッフへお伝えください。)
薪ストーブのご採用をお考えの方も、そうでない方も実際に火が入っているのを見られるのは冬の期間だけです。
ぜひお越しください。

高橋

トップへ戻る
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
アクセス
アクセス
TEL
TEL