ブログ

少し前になりますが、新見へ行く用事があり、
気になる場所があったので、足をのばしてみました。
場所は岡山県北西部、新見市哲多町です。

新見には詳しくないのでナビに任せ、
山道をひたすら走り続けると突然ブドウ畑が現れ、その建物がありました。






domaine tetta  (ドメーヌ・テッタ)

建物は、インテリアデザイナーとして活躍されている、
岡山出身のワンダーウォール代表、片山正通さんプロデュースです。

ドメーヌとはブドウ栽培から醸造までを一貫して手掛けるワイナリーのことのようです。
2016年に完成したこのワイナリー、可愛らしいパンダが、迎えてくれました。





 



1階のワーナリーショップからガラス越しに醸造作業が見る事ができ、
テラスやそこから屋上へ上がると、広大なぶどう畑が一望できます。
わたしが訪れた時期は3月でした。
春になればと緑の葉も伸び、つたをからませ、
夏にはたわわなブドウが一面に見ることの出来るだろうと、思いながら見ていました。
ワインのラベルには、おもてで迎えてくれたパンダのイラストが描いてありました。
このパンダ、休耕地の中に埋もれていたものだそうです。

せっかくなので、ピオーネのレーズンと、グラスワインをいただきました。自宅用にパンダのイラストのワインも購入し、帰りました。


今後、カフェも開く予定があるようです。また夏にでも訪れてみたいです。
逸見

トップへ戻る