ブログ
カーボンニュートラルに向けた取り組み。

カーボンニュートラルという言葉をよく聞きますが

 

意味合いとしては温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることです。

 

皆さんは個人では対応が難しいと思っていませんか?

 

出来る事としては、無駄な電気を使わないとか車では急加速や急発進をしない

 

などは省エネに繋がるし温室効果ガスの削減になります。

 

ですが、最近の動向としては、東京都での新築は省エネ住宅としていろいろな制限があります。

 

その中で太陽光発電システム搭載が望ましいとなって、戸建住宅での電気供給を見据えていますし

 

車では内燃機関(ガソリン・ディーゼル)の廃止を各自動車メーカーで取り組みを発表しています。

 

車が電気自動車になった場合、太陽光発電やV2H(Vehcle to Home)などのシステムが現状

 

最適と考えられています。

 

この画像の様に電柱・太陽光発電・EV/PHEVから電気供給

 

が出来、停電時や災害時には太陽が出ている時間帯は太陽光

 

発電からの供給で、夜は電気自動車やPHEV車から

 

V2H(EVパワーステーション)経由で供給出来ます。

 

詳しくは次回で・・・・

                   建設部  竹下

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る