ブログ
継ぐ。2

 

今回は、最近挑戦した「金継ぎ」について書いてみたいと思います。

 

 

 

毎日のように食器を洗っていると、ついうっかりやってしまいますよね。

欠けたうえにヒビが深く入ってしまいました。

 

 

「形あるものいつかは…」なんて思っていても言えない時が来たので、買いました。金継ぎコフレ。洗い物係の宿命です。

これはその一部ですが、漆が2種類、粉が3種類、筆が3種類など工程によって使い分けます。

 

 

詳しい方法はネットに沢山載っていますので、割愛させて頂きますが、

要するに、きれいに洗った後、希釈した漆で下地作り。

すぐ拭き取って、ムロと呼ばれる湿らせた箱に2~3日入れて漆を硬化させる。

(今思えば、この時の拭き取り方が悪くて周りが汚れたのかもしれない)

次に、粘土状の漆で欠けて無くなった部分を埋める→ムロ→紙やすりで形を整える。

最後に、金粉を付けるための漆を薄く塗り、金粉を蒔いてムロへ。

その後、仕上げの磨きの工程などもあります。

 

ひとつの工程が15分程ででき、その後ムロへ2~3日入れておく作業を繰り返すので、

一週間に一回すきま時間を見つけては作業していきました。

 

傷んでしまったところを直しながら、また使えるようにする。

今度はそこがアクセントになって、さらに愛着が増します。

 

規模は違っても、住宅も似てるなあ と作業しながら考えていました。

 

時間がたち、ライフスタイルが変わったことで出てくる使いづらい部分。

 

そこを今の生活に合う快適な場所に直すことで、さらに愛着が増す。

きなりの家では、そんなリフォームも承っております。

 

 

 

設計部 金光

 

トップへ戻る