ブログ

先週からきなりの家コンセプトハウスの一部がリニューアルし、ギャラリーになりました。
第1回目は和意谷陶芸村さんとご縁を頂きまして、「備前の灯りとうつわ展」を開催致しております。

展示作品を一部公開致します。
カップ20141009

カップなどの食器はもちろん・・・

水琴楼1009

こちらは水琴窟(スイキンクツ)といって、流水音を楽しむものです。
名前もそうですが、とても風流な装置です。
備前焼は陶器の中でも固く、水が落ちると金属音のように、とても高い音が出ます。

また、備前焼の色は赤い色が多いですが、窯の温度などによって黒っぽい色になったり、青みがかかったり、更に粘土の粒子の大きさを変えると質感が変わったりと、非常に多彩な表情を持っています。
今回展示される備前焼のタイルや表札(下写真)は白い線が入っています。
こちらは上に他の陶器を重ねて焼く際に癒着しないように敷いた藁の跡だそうです。
DSC_4578食器やタイルは数枚重ねて焼くことが多く、このような跡が良い味を出してくれます。

和意谷陶芸村さんとお話をさせていただいた際に聞いて驚いたのが、土づくりです。
和意谷陶芸村さんでは土づくりから行っておられるそうなのですが、備前焼の土づくりには大変な時間がかかおります。
山から土を掘り出してまず、数十年寝かせその後粒子の大きさを分け良質な粘土をつくります。
更に作成した粘土を乾かないように2~3年寝かせ、やっと備前焼として整形されます。
加えて焼きの工程も火を入れて2~3週間、ゆっくり冷却させるために釜を閉めて約1週間、計約1ヶ月間作成に費やします。

そうして今回展示されております作品群は土づくりから考えますと、おじい様の代から作品作りが始まっているそうです。

今回の展示では照明器具、手洗い器、表札、タイル等々ちょっと変わったマテリアルもございます。
是非お誘い合わせの上、お気軽にご来場ください。

現在 弊社で施工させて頂いている物件で、備前焼のタイルを張る事になりました。

備前焼というと花入れやカップなどを想像される方が多いかもしれません。

 

DSC_4568

赤褐色が非常に美しいですね。

こちらはガス窯で焼成されたものですが、
伝統的な登り窯で焼成すると

 DSC_4567

このようにやや黒褐色になります。もちろん2つとして同じモノは出来ません。

 

備前焼には建築素材としても優れた特徴があります。焼成温度が高いため硬く、耐久性が高いのです。

 

備前市にある国宝旧閑谷学校講堂では屋根瓦として使用され、300年を経た現在でも、

その美しい外観を保っています。もちろん、それを支える優れた設計と施工があるのですが。

 

これほど優れた素材が広く普及しないのは、恐らく配合に熟練の技術が必要で、高価だからなのだと思います。

 

閑谷学校のように屋根全面は難しいかもしれません。

 

でも玄関タイルや壁のアクセントタイルなら面積もそれほど大きくないので、コストを抑えて採用することも可能です。

 DSC_4578

現代の生活の中に地域の伝統工芸品が継承されるのは素敵なことだと思いませんか?

 

きなりの家では、10/11(土)よりコンセプトハウス2Fギャラリーにて、備前焼の展示会を行います。
DSC_4579

残念ながら写真ではそのテクスチャーがなかなか伝わりません。。。是非お客様ご自身の目でその質感の素晴らしさをお確かめ下さい。

大谷

残暑を飛び越して涼やかな風が吹き始めた9月の初め、
住宅省エネルギー設計技術講習会を受講して参りました。

10672179_507019546100693_3992594916268824932_n
写真は開催場所の「岡山県森林組合連合会津山支所」です。
棟内は木造の軸組みをそのまま見せる造りで、それを見るだけでも勉強になりました。

今回は平成11年に告示された「住宅の省エネルギー基準」(通称:次世代省エネ基準)をベースに、
新たに改正される「平成25年改正省エネルギー基準」(10月1日施行)についての講習です。

今回の改正についてのポイントは大きく3つ。
① 一次エネルギー消費量
② 不公平のない断熱基準
③ 都市の低炭素化

大まかな内容は以下の通りです。
(対象としているものは「住宅」についてです)

① 「一次エネルギー消費量」について
今までは建物の断熱性能のみを評価していましたが、
今回から設備機器(空調や給湯、太陽光発電なども)の省エネ効果も評価して行きます。
いくら家の断熱を良くしていても、設備機器の消費エネルギーが大きいと省エネ住宅とは言えませんよね。

② 不公平のない断熱基準について
これまでの断熱性能の評価はQ値やμ値といった値で評価していました。
ですが、これらは床面積を元にして算出される数値です。
同じ床面積でも真四角な建物と歪な建物では、外気に晒される建物の表面積は変ります。
そこで今回の改正では、「外皮平均熱貫流率」という、
外部の表面積を元にした値(UA)を基準とする事になりました。
これで実際の建物形状に基づいた、公平な断熱性能の評価が出来るようになりました。

① 都市の低炭素化について
現在住宅の省エネ基準は「努力目標」とされていますが、2020年には「義務化」が予定されております。
住宅の省エネ化が向かう先には、最終的に建設から廃棄までのエネルギー消費量をマイナスにする、LCCM(ライフサイクル・カーボン・マイナス)住宅を見据えているとの事です。
消費するエネルギーを抑え(省エネ)、太陽光発電等でエネルギーを創る(創エネ)ことで、
建物のエネルギー消費量を”マイナス”にする、そんな住宅が求められています。

10612995_507019606100687_8541506569565356995_n
(写真は同じ敷地内にある材木置き場、これから加工されるのでしょうか)

講習は朝から夕方まであり、最後は考査を行い合格者は終了証が授与されます。
(考査は無事、満点で合格致しました)

実は、この講習を受ける以前から今回の改正案については調べており、
現在担当させて頂いている物件についても、改正基準を達成出来得る設計を検討・確認しておりました。
今回の講習でその理解がより深まったと思います。

断熱や気密については製品や施工方法も含め、引き続き勉強して行きたいと思っております。

投稿者:石田

「き」なりの家には会社設立当時から未だに現役のベテラン大工さんから、若手大工さんまでが所属しています。

 今回は「き」なりの家専属の大工さんの中でも特に若手のお一人をご紹介したいと思います。

 坂本 賢二さんです。

IMG_2868

親方や先輩の大工さんの下で厳しい下積み時代を経験しましたが、そこで様々な知識と技術を吸収し、その経験を活かして今では様々な現場で活躍されている若手の大工さんです。

 「き」なりの家のデザインは一軒一軒違いがあり、そこにお客様の個性がありますのでやりがいがあり、現場を任せられる立場として常に最高の建物ができるように一生懸命取り組んでいますと坂本さんは言います。

 大工という仕事に情熱を持ち、常に難しい事にチャレンジする坂本さんにお客様拘りの住宅を任せてみませんか?

きなりの大工さん、業者の方と愛媛県に旅行に行ってきました。

uchiko
日中は内子で美しい町並を散策し、昔の職人の技術に触れ、伝統文化を体感しました。

dogo

その日の夜は、皆で道後温泉に入り普段ではなかなか出来ない本音での会話をすることが出来ました。

 syugo

きなりの家は大工さんや足場屋さん、基礎屋さんなど様々な業種の職人と一緒に作るため、親睦を図る大切な旅行となりました。

トップへ戻る