敷地条件から読み解く最適解
風と視線が貫く家 設計:田中賢二・石田博/施工:藤原幹也/大工:坂本賢二
風景に溶け込みながらも目を引く住まい
対向車をかわしながら進むうちに通り過ぎてしまいそうな、細い道沿いの土地。
周囲を家や建物に囲まれ、敷地内にも2棟の古家が残っている状態で、Hさん夫婦が初めに土地を見たときには、一体この場所にどんなふうに家を建てられるのか、自分たちではなかなかイメージできなかったという。

しかし、「きなりの家」の設計士にこの土地を見てもらうと、すぐさまプランの提案が返ってきた。
「それがもう、なにもかも完璧にはまっていて、どこにも手を入れようがなかったんですよ」とご夫婦はそろって語る。

完成した家は、通りに沿ってさりげなく街並みになじみ、それでいてふと目を引く佇まい。
玄関からひとたび内に入れば、外界と切り離されたかのようにモダンで上質な空間が展開されている。
きなりらしさを造りつつ、建物のボリュームを分散させ町並みに溶け込むデザイン
見せたいものだけを見せる設計の工夫
外界を意識させず、且つ開放感も得られるプラン
南北に非常に長く、西側が道路、他の3面には隣家が迫るという敷地条件。設計においてはまず、車の進入と駐車位置から考えられた。
「道路の状況から、車をバックで切り返して出入りするのは難しいと判断し、道路に沿って2台縦列に停めるようにしました。駐車場が家と道路の間の緩衝材になり、視線や喧騒を遮るメリットもありますからね」と担当者は説明する。

広い眺望は望めないものの、南北方向に充分な敷地のゆとりがあることから、両面に庭を配置。
南のリビングは程良い吹き抜けとし、大きなサッシと南東2面にわたる高窓を設けた。北側にはダイニングから続く広いテラスを設け、長い南北を貫いて気持ちよく視線が抜ける。
リビングのソファに座れば、高窓には空、北の窓には緑の山がいっぱいに映り、周囲の建物は嘘のように視界から消え去る。

小さな男の子3人を育てる毎日はにぎやかだが、室内の生活感はさりげなく抑えられてすっきり。見せたいものだけを見せ、そうでないものは隠すように、窓や壁の位置、外塀の高さ、収納や造作家具の配置に至るまで入念な計算がなされている。
子供部屋の小屋裏収納には立派なお店が開店
SKシンクを備えた脱衣室、脱いだ服は隣のWICからも取れるように
北庭を覗く小上りの和室は来客対応用にも
紫陽花が印象的な北庭は、景石が落ち着いた雰囲気を与える
心躍るイレギュラーな空間構成
「訪ねてきた友人には、『お店みたい』と言われます」と微笑む奥さま。その言葉の通り、玄関を入ったところから、どこか非日常的な、ちょっとした期待感をもたせる雰囲気がある。

玄関の上り口はごくわずかな段差がつけられているだけで、タタキから室内まで同じタイルの床材が続く。正面は壁に突き当たり、折れて中に進むまでは室内を見通すことができない。

その先、視界は一気に開けてLDKへ。長い空間の奥に、南の庭がまぶしく輝く。
手前は北窓から穏やかな光の入るダイニング。テラスとの間を隔てるサッシが部屋の角を切り欠いて斜めに設けられており、そのイレギュラーなラインが、空間にドラマチックな変化をもたらしている。

また、玄関から続く黒い大判タイルもサッシに合わせて斜めに敷かれており、これによって室内はいっそうスタイリッシュな印象に。
壁際のタイルはすべて現場合わせでカットしなくてはならず、直角方向に敷くよりも数倍の手間がかかるが、「これは施工中に現場監督から提案していただいたんですよ。普通に敷くのとはまったく雰囲気が変わって、すごく素敵になりましたよね」と奥さまは笑顔を見せる。
玄関を入ると住宅らしからぬ光景が客人を迎える
洗練の中にある、心地よい家族の日常
北庭、北テラスと連続するダイニングは明るく、光と風が通り抜ける心地良い空間
台形のダイニングスペースには、丸みのある三角形のテーブルがしっくりと心地よく収まる。テーブルはもちろん、空間の形に合わせて設計されたオリジナル。奥さまがセレクトしたという北欧の照明が、卓上にやわらかな光を落とす。

「家づくりを進めるうちに知識がついてきて、細かなところまでこだわりが出てきました」と語るご夫婦。スタッフはそうした要望に丁寧に応じ、また「きなり」らしい美意識をもって空間をつくりあげていった。
例えば、リビング西側の壁は細い柱によって4面に割り付けられているが、両脇は壁と見せかけてそれぞれ階段、寝室への扉となっている。扉の存在を極限まで消せるよう、デザインには細心の意識が払われたという。

住まいの西側には浴室、サニタリーとWIC、日当たりのよい洗濯乾燥室を一直線にレイアウト。家全体では大きな回遊動線が作られており、「子どもたちはぐるぐる走り回って遊べるし、そんな様子を見ながらスムーズに家事ができるので、とても生活しやすいですね」と奥さまは話す。
子どもたちとともにのびのびと暮らしを楽しみながら、理想の空間を無理なくキープできる住まい。ご夫婦とも、日々を重ねるほどにその価値をますます深く感じているという。

(取材ライター:吉田)
リビングの壁面は2つある扉を感じさせないデザインに
こだわりの製作キッチンと収納家具は見た目と使い勝手を両立したデザインに
将来を見据え、主寝室は1階に。平屋感覚で住むことが出来る
南の庭は芝生が青々しく開放的に
トップへ戻る
資料請求
資料請求
アクセス
アクセス
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram