非日常が側にある暮らし
「間」が醸し出す上質な趣 設計:石田博・中奥菜摘/施工:岡伸紀/大工:北岡義邦
無垢材と天然石の織りなす上質感
家づくりを考え、いくつかの会社を見て回っていたFさん家族。「きなりの家」の見学会を訪れたのはたまたまだったというが、「ひと目見て、もう『衝撃』の一言。外観も室内も、今まで見たどの家ともまったく違いましたから」と、ご夫婦は当時の印象を語る。あちこちが大きなガラス張りとなって美しい庭を映し、要所にあしらわれた石やタイルが上質な趣を醸し出す。「『こんな素敵な家に、もしかしたら自分たちも住めるんだろうか』と想像するだけでワクワクしてきました」。

その後、候補の土地も見つけ順調にプランニングを進めていたFさんだったが、事情でその土地の話が流れてしまい、途中で一度すべて振り出しに戻ることになった。仕切り直して見つけた土地は、当初よりもかなり広い100坪超。結果的に住まいは敷地の広さを存分に活かした、この地ならではの魅力あふれるものとなった。
軒裏や壁面の自然素材と植栽が美しい景観を生む
ストーリーのある長いアプローチ
外とプライベートな空間を徐々に溶け込ませるアプローチ
新旧の家が入り混じる住宅地の、南東角地というロケーション。立地を活かし南北に開くプランと庭の配置、道路からの視線を遮るための塀が、まず大枠で決まった。そして、塀で囲んでしまうことを前提として、庭に向かってL字に大きな開口部を持つ住まいのかたちが生まれた。

さらに設計士には、ひとつのアイデアがあった。「敷地のゆとりをいかして、あえて遠回りするような動線を作ろうと考えました。前庭から玄関へのアプローチ、玄関からリビングへの廊下。どちらもわざと少し長く歩くことで、オンとオフをゆっくりと切り替える『間』を取れるといいなと思ったんです」と話す。

前庭の緑の豊かさに誘われるように、駐車スペースからアプローチへ。アプローチは石壁と板張りの軒に囲まれてトンネルのようになり、その先にまだ玄関は見えない。右に折れたところでようやくドアが現れ、住まいらしい表情を見せる。距離にすればわずかだが、奥へと入り込んでいく微かな緊張感が、実際以上の「間」を演出する。
家に足を踏み入れるとまず庭に目線が抜ける
ガラス張りの袖壁が外と内を緩やかに繋ぐ玄関 
玄関横にはシューズクローゼットを備える
玄関の隣に客間としても使える和室を配置
壁で閉じるから、開け放って暮らせる
玄関に入ると、目の前いっぱいに広がる明るい庭。玄関ドアの袖壁も正面の壁もガラス張りになり、アプローチから玄関を抜けて庭へと、石張りの一枚壁が貫く。その迫力も、この家のひとつの見せ場だ。

廊下は広縁のようにL字に庭を囲んで続く。全面サッシに映る庭を横目に眺めながら進むと、まず客人を迎える和室がある。和室を過ぎて角を折れると、いよいよ広々としたリビングが展開する。

リビングは庭側の南面だけでなく、東にも北にも大きなFIX窓が入り、まさに内外一体の開放感。北には屋根付きのテラスがあり、バーベーキューなど多目的に活用できる。窓の多い抜け感のある空間を、重厚な石の壁が引き締め、造作のキッチン収納があたたかな趣を添える。濃淡の板目が流れるように下る勾配天井は圧巻の美しさで、手がけた職人もみずから絶賛するほどだったという。

「休みの日、家の中をただ眺めているだけで本当にいい気分。目に入るものすべてが素敵で、ひたすら『ああ、いいなあ』と思って過ごしています」と、奥さまはうれしそうに微笑む。
リビングとデッキがつながり、大開口窓が庭と一体化する開放感を生む
家族とともに育つ家
塀でプライバシーを確保しつつ、中からは広い空を感じられる庭
いっぽう、キッチンから奥は完全なプライベートエリアとして、お子さん3人を育てる家族らしい機能とデザインが盛り込まれている。ご主人の書斎前の廊下は、奥さまの希望で長いニッチを造作。家族の写真や記念の品がずらりと並べられ、通るたびに心がなごむ。サニタリーやランドリーの近くには大きなファミリークローゼットを設け、通り抜けてリビングに戻る回遊動線を作った。2階は大小2つの子ども部屋と寝室。ホールに貼った身長計付きの壁紙が、家族のふれあいを生む。

「子どもたちは家の中をぐるぐる回って自由に遊ぶし、みんなで縁側でスイカを食べたりするのも楽しくて」と奥さまはにっこり。ご主人も「家で遊ぶのが楽しいから、わざわざ公園に出かける必要がなくなりましたね」と話す。

ご主人は家を建ててから、庭いじりの楽しさに目覚めたのだとか。「それまでは、管理が面倒だから庭はいらないぐらいに思っていたんですけど、できてみると大事にしたい気持ちが出てきて、剪定や草取りも好きになりました」と笑顔を見せ、設計士も「そうやって、手をかけることを楽しみながら住んでいただけている様子を知ると、こちらもうれしくなりますね」と話していた。
全面窓によってどの部屋からもたっぷりの採光と緑を楽しめる
勾配天井は木目や色味の違いが空間に動きをもたらす
リビングからも見えるキッチンは家電製品を隠す工夫でスッキリと
屋根付きテラスはマルチに使える家族の憩いの場に
トップへ戻る