庭を閉じることで生まれる開放的な暮らし
ふたつの庭を愛でる家 設計:杉本洋・石田博/施工:岡伸紀/大工:中西正
光の南庭、陰の北庭
大きな一枚ガラスの窓の向こうは、輝くばかりに明るい芝生の庭。対して、深い軒に守られた室内はほの暗く、光と影の対比が、心地良いくつろぎをもたらす。
反対側に目をやれば、こちらにもモミジの葉影が揺れる坪庭。住宅街の一角、南北両面を庭で囲んだ住まいは、下界と切り離されたように静かだ。
Aさんご夫婦は、実家に近いこのエリアに希少な土地物件が出ると、機会を逃さずすぐに購入したという。しかしそれから転勤などもあってすぐに建てることができず、その間、ずっと住まいの構想を練り上げていた。
5年を経て、ようやく腰を据えて家づくりがスタート。展示場などもひと通り見たが、HPで知った「きなりの家」に、いつしか気持ちが惹かれていった。
それまでにご主人は自分で何枚もの間取り図を書き、自分なりのベストプランを完成させていたそうだ。「でも、事務所を訪れていきなりそれを見せるのは、やっぱりちょっと気が引けたんですよ(笑)。なので、最初は要望を箇条書きにして持っていきました」と、ご主人は語る。
結果的に、大まかなプランはほぼご主人が構想していた通りになったという。
上下に割り振った採光は坪庭からの心地良い光と影をつくる
塀で囲むからこそ、開け放って暮らせる
大開口のFIX窓は庭とリビングをフラットに繋ぐ
高い塀に守られた南の中庭はプライバシーが保たれ、まさにリビングの延長のような、家族だけのくつろぎ空間。カーテンを開け放ち、大きな窓一面に映る光と緑を感じながら暮らせる。子どもたちも元気いっぱいに外に飛び出して、ボールを蹴ったり、水遊びをしたり。「家の中のどこからでも庭の様子がよく見えるし、道に出ないので安心して遊ばせられます」と、奥さまは目を細める。
北の坪庭は、リビングと玄関、浴室の3方から眺められる。浴室は、湯船に浸かってちょうど目線の高さに窓が設けられ、さながら露天風呂気分。庭を挟んで向かいの玄関には地窓と高窓が設けられており、浴室側と視線が合うことのないよう、互いの窓の位置が現場で丁寧に調整されたという。
「南の庭もいいけれど、私はけっこう北側の感じも好き」と奥さま。坪庭の窓際には階段があり、2階まで気持ちよく吹き抜ける。開放的でありながらも入る光は柔らかく、南側とは違った落ち着きが感じられる。
階段は庭の眺めをさまたげないよう、ごくシンプルなデザインに。かつ、お子さんたちが安全に上り下りできるよう、機能と見た目のバランスには細心の注意が払われたということだ。
柔らかな光を取込む坪庭
お気入りのタイルで囲うキッチン
吹抜で開放的なリビング階段
格子戸が印象的な駐輪スペース
要望をあますところなく盛り込んで
映画や音楽をこよなく愛するご主人が夢見たのは、シアタールームのようなリビング。設計時から配線についても入念に打ち合わせ、大型プロジェクターや天井埋め込みスピーカー、造作のAVボードなどをすっきりと計画的に配置した。
ご主人はさらに、趣味のドラムを楽しむための離れの防音室や、自分専用の書斎も設けたが、「一番居心地がいいのは、やっぱりリビング。好きな音楽をかけて、ソファでくつろいでいたらもう動けませんね」と笑う。
一方奥さまは、悩んで選んだというキッチンのタイルがお気に入り。艶のある深いブルーがインテリアにほどよい華を添え、セレクトのセンスを感じさせる。
収納については基本的にすべて隠してしまえるようにし、キッチンの背後にはウォークスルーの収納庫を配置。そこから物干しやサニタリー、パントリー、家事コーナーなどを機能的につなげている。
また、玄関からお客さまを直接和室に通せる動線が作られ、玄関近くにサニタリーとは別の手洗い場も設けるなど、「要望したことはすべて盛り込んでいただきました」と、ご夫婦そろって満足の表情を浮かべる。
南北の光が心地良いリビングは時間と共にその表情を変える
言葉にならない想いをかたちに
キッチン前の製作家具にスピーカーを配置、空間のアクセントにも
「きなり」の他のどの家もそうであるように、スタッフとの打ち合わせは何度もきめ細かく行われた。
「といっても、ずっと家の話をしていたわけではないんですよ」と話すのは、担当プランナーの石田さん。たわいない雑談をしながら、好みのイメージをより深く掴んでいくと共に、ご一家が暮らしの中のどういう部分に重きを置いているのかを汲み取って、プランニングに活かしていくのだという。
例えば、庭に面した大きな掃き出し窓。ここは既成のサッシでなく、高級感のある木製建具と御影石の敷居を提案した。「庭を楽しむ家ですから、メインの窓は是非良いものをと採用しました。その価値を、必ず感じていただけると思いましたから」。
ご夫婦も「玄関ドアの南部鉄の把手なんかも、『絶対気に入って頂けるはずです』と言って決めてくださいましたよね。本当によく分かって下さっていて、もうお任せでした」と笑顔で語る。
暮らし始めてからもご主人は、庭を整えたり塀を作ったり、少しずつ手を入れ続けているそう。住むほどに愛着の増すこの家で、3人のお子さん達ものびのびと育っていくだろう。
囲われたプライベートな庭
客間としても使える和室
スタジオ気分な離れの防音室
目の届く場所に設けたデスクスペース
トップへ戻る