ブログ

建築時に執り行う祭事についてです。

 

家を建てると心に決めて、住宅会社等々で契約を交わしたら、最初の祭事は、地鎮祭 です。

次が、上棟祭 と続いていきます。

 

今回は、地鎮祭 についてです。

 

地鎮祭?

皆さんのイメージは、こんな感じでしょうか?

 

 

地鎮祭とは、

工事を始める前に行う祭事で、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。

 

 

平たくお伝えすると、

建物を、建築する際、その土地をお守りされている神様に対して、

土地を利用させてください。

安全に建築させてください。  とお願いする儀式です。

 

 

神式や仏式 キリスト教式 などなど いろいろな神様を皆さん信仰されてますので色々ですが、

神式で執り行うことが多いです!!

 

 

だ・か・ら            

 

 

皆さんのイメージが、うえの写真の様になってる事が多いです!!

 

 

 

開催のタイミングは?

工事を始める前の縁起の良い日に執り行うことが一般的です。

 

縁起の良い日は?

一般的には、大安・友引などといわれる、六曜で選び、建築では、十二直(建・満・平など)を併せて建築吉日を決定します。

十二直には、大安であっても 三隣亡(凶日)の日もあるので。

 

三隣亡は、古来よりその日に建築事を行うと、三件隣まで災いをもたらすと、言われてきましたので・・・・・・・・・・・  諸説ありますが。    避けましょう。

 

地鎮祭日時が決定したなら、次は、準備です。

 

今回は神式でご説明しますね。

 

地鎮祭に必要なお供え物を、一般的にお伝えするなら

 

 

このようなお供え物が必要になります。

 

次に流れです。

 

一般的な神式 地鎮祭の進行は、以下のようになります。

1、修祓          祭典の本儀に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式

2、降神の儀        祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式

3、献饌          神に祭壇のお供え物を食していただく儀式  

4、祝詞奏上        その土地に建物を建てることを神に告げ、

                以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する

5、四方払い        土地の四隅を祓い清め、合わせて米・塩・切麻を撒く

6、穿初の儀        土地に鍬を入れる  工事着工になる

7、玉串拝礼        神前に玉串を奉りて拝礼する

8、撤饌          お供え物を下げる

9、昇神の儀        神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式

 

お施主様が、いつどの時点で何をするべきか!!

意味不明・・・・

 

 

なんか難しそうになってきましたが、大丈夫です。

 

 

神式なら 神主様が 全てエスコートしてくださいます!!

 

次に地鎮祭の費用ですが、

 

神主さまにお渡しする 玉串料(初穂料)

お供え物

テントなどの設営費 

    全て、ご自分で段取りすると 膨大な費用が必要です。。。。

 

当社 きなりの家 ならば、担当者に お任せください  !!   

 

 

一般的には、玉串料(初穂料)は、3万円~5万円 です。

のし袋には、このように書いて、神主様に祭事の後に お渡しします。

 

次に、どんな服装で 誰が出席すべきか

地鎮祭では、服装に決まりはありません!が・・・・・

 

お祝い事ですので、一般的には、フォーマルな服装でのぞむお施主様が、多いですね。

フォーマルでも、結婚式で着用する礼服ではなく、男性ならスーツやジャケットにネクタイ

お子様は、学生服ですね。

 

出席者は、本当に出席いただくのは、 お施主様です。

 

でも私が思うのは、建築する家に住む全ての方に出席していただきたいですね。

 

他に ご両親や ご兄弟 など 

お祝い事ですからね!ご都合が合うなら、

親しい間柄の方々と分かち合うのも、良いことだとおもいます。。

 

一般的なことをお伝えしておりますが、

 

当社 きなりの家 では、地鎮祭 の段取りは、担当者にお任せください!!

 

その他、住宅に関する疑問などありましたら、いつでもご連絡お待ちしております。

こんな事聞いたら、笑われるかも・・・・・

 

気にしないでください!!

 

わからない事を、全てご説明させて頂きます!!

 

 

最高に心に残る、最高の住宅を、一緒に楽しく創っていきましょう!!

 

ラガーマン・メンの父 時光でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めましてきなりの家の小野と申します。
この度、アフターメンテナンス担当で入社させていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

私事で恐縮なのですが
私がきなりの家に携わらせていただく事になったきっかけは
今から20年くらい前に遡ります。

 

私は今まで25年間大工の仕事をさせていただいていました。
とは言いましても、きなりの家の大工として働いていたのでは無く、
カナダ人と2×4工法のフレーマーから始まり、他にもログハウスや
マンションの造作大工、在来工法、リフォーム工事等様々な建築に携わってきました。

 

しかしながら時代は不況の真っただ中、すべて順風満帆に来た訳でもなく、

特に独立してからはすぐは仕事が途切れて方々に名刺を持って営業に行くことも少なくなく、

その場で名刺を突き返されてほとんど相手にさえしてもらえませんでした。

 

そんな中、きなりの家(当時の岡山工務店)に清水さんという大工さんがいらっしゃって、
二つ返事で「今度建前があるから来たらいいよ!他で色々やってる大工には

うちだけしかやっていない大工には持ってない良い物もあると思うから、お互い勉強になるしね。」
そう言ってもらえた事がとても嬉しく有難かった事を、その後も忘れることができませんでした。

 

少しむずかしい話かもしれませんが
仏教には「因縁生起」(いんねんしょうき)という言葉があるそうです。
どんな結果にも必ず因と縁があり、因と縁が揃ってはじめて結果が生じる。(縁起)

 

また「善因善果」「悪因悪果」という言葉もあり
良い行いをすれば良い運命に
悪い行いをすれば悪い運命になるのだそうです。

 

私の生まれ故郷は福岡の田舎なんですが
自分が大人になって曽祖父が木材の製材の仕事をしていたことや、
離別した父親が大工だったことを知りました。

 

勝手な解釈かもしれませんが、何かそこに「縁」というものを感じずにはいられません。
残念ながら清水さんにもう一度お会いすることは叶いませんでしたが
今後、自分の仕事で何か恩返しできればと思っています。

 

曽祖父の曳いた梁(福岡の母親の実家)

実家の敷地内に小川が流れています。

敷地内に小川が流れています。きなりの家の敷地内にいると懐かしい気持ちになります。

大きな梁が自慢の家でした。

 

建設業労働災害防止協会のご協力で、「安全衛生規則の一部改正による足場での作業について」の講習会を行いました。

 

きなりの家の現場では職人さんのご協力があって成り立っています。

 

現場では、高所作業や取り扱いに気をつけないといけない道具や重機を使用する作業等、職人さんには危険が伴います。

 

危険を取り除く又は事前に予防するのが現場監督の仕事であり、現場を預かるものとして安全管理・対策の勉強も大事です。

その知識を出し合い共有する機会を作ることにより事故のない現場が出来上がっていきます。

 

 

 

 

今回はきなり家の現場監督と職人さん・関係業者さん含めて約30名参加し講習を受けました。

足場での作業での制限や安全対策が改正でどのように変わったのかを細かく教えていただきました。

 

 

時代に合わせて道具の発達や環境の変化など作業の内容も日々変わっています。

その変化に合わせてしっかりと合った安全対策を考え取り組んでいけたらと思います。

 

 

参加していただいた皆さんにも好評でしたので今後は定期的に行っていきたいと思います。

 

 

建設部

大山

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

 

本年も、スタッフ一同皆様に安心・安全な住まいの提供を心掛けて参ります。
変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い致します。

 

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

きなりの家株式会社 社員一同

 

 

 

 

また、下記日程にて新コンセプトハウスのオープンイベントを開催致します。

是非お越し下さい。

 

2020年1月11日(土)~13日(月)

10:00~17:00

新「き」なりの家 コンセプトハウス  

 

詳しくはイベント・広報をご確認下さい。

 

 

 

新コンセプトハウス ~キッチンから庭園を眺める~

 

 

 

12/29(日)~1/4(土)

平素は格別のご高配を賜り スタッフ一同厚く御礼申し上げます。

まことに勝手ながら、12月29日(日)~1月4日(土)まで休業させて頂きます。
皆様にはご不便をお掛けしますが、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
1月5日(日)より通常営業となります。

来年も皆様のご期待に応えられるよう 更なる向上を目指していく次第です。

健やかに新年をお迎えになられますよう
お祈り申し上げると共に、これをもって年末の挨拶とさせて頂きます。

1 / 3112345...102030...最後 »
トップへ戻る
資料請求
資料請求
アクセス
アクセス
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram