ブログ

先週からきなりの家コンセプトハウスの一部がリニューアルし、ギャラリーになりました。
第1回目は和意谷陶芸村さんとご縁を頂きまして、「備前の灯りとうつわ展」を開催致しております。

展示作品を一部公開致します。
カップ20141009

カップなどの食器はもちろん・・・

水琴楼1009

こちらは水琴窟(スイキンクツ)といって、流水音を楽しむものです。
名前もそうですが、とても風流な装置です。
備前焼は陶器の中でも固く、水が落ちると金属音のように、とても高い音が出ます。

また、備前焼の色は赤い色が多いですが、窯の温度などによって黒っぽい色になったり、青みがかかったり、更に粘土の粒子の大きさを変えると質感が変わったりと、非常に多彩な表情を持っています。
今回展示される備前焼のタイルや表札(下写真)は白い線が入っています。
こちらは上に他の陶器を重ねて焼く際に癒着しないように敷いた藁の跡だそうです。
DSC_4578食器やタイルは数枚重ねて焼くことが多く、このような跡が良い味を出してくれます。

和意谷陶芸村さんとお話をさせていただいた際に聞いて驚いたのが、土づくりです。
和意谷陶芸村さんでは土づくりから行っておられるそうなのですが、備前焼の土づくりには大変な時間がかかおります。
山から土を掘り出してまず、数十年寝かせその後粒子の大きさを分け良質な粘土をつくります。
更に作成した粘土を乾かないように2~3年寝かせ、やっと備前焼として整形されます。
加えて焼きの工程も火を入れて2~3週間、ゆっくり冷却させるために釜を閉めて約1週間、計約1ヶ月間作成に費やします。

そうして今回展示されております作品群は土づくりから考えますと、おじい様の代から作品作りが始まっているそうです。

今回の展示では照明器具、手洗い器、表札、タイル等々ちょっと変わったマテリアルもございます。
是非お誘い合わせの上、お気軽にご来場ください。

現在 弊社で施工させて頂いている物件で、備前焼のタイルを張る事になりました。

備前焼というと花入れやカップなどを想像される方が多いかもしれません。

 

DSC_4568

赤褐色が非常に美しいですね。

こちらはガス窯で焼成されたものですが、
伝統的な登り窯で焼成すると

 DSC_4567

このようにやや黒褐色になります。もちろん2つとして同じモノは出来ません。

 

備前焼には建築素材としても優れた特徴があります。焼成温度が高いため硬く、耐久性が高いのです。

 

備前市にある国宝旧閑谷学校講堂では屋根瓦として使用され、300年を経た現在でも、

その美しい外観を保っています。もちろん、それを支える優れた設計と施工があるのですが。

 

これほど優れた素材が広く普及しないのは、恐らく配合に熟練の技術が必要で、高価だからなのだと思います。

 

閑谷学校のように屋根全面は難しいかもしれません。

 

でも玄関タイルや壁のアクセントタイルなら面積もそれほど大きくないので、コストを抑えて採用することも可能です。

 DSC_4578

現代の生活の中に地域の伝統工芸品が継承されるのは素敵なことだと思いませんか?

 

きなりの家では、10/11(土)よりコンセプトハウス2Fギャラリーにて、備前焼の展示会を行います。
DSC_4579

残念ながら写真ではそのテクスチャーがなかなか伝わりません。。。是非お客様ご自身の目でその質感の素晴らしさをお確かめ下さい。

大谷

トップへ戻る