ブログ

 

 

 

3月吉日地鎮祭を執り行いました。

 

地鎮祭の際に改めて勉強になった話がありましたので紹介します。

 

神社のお参りや祭壇への拝礼の際に行う二礼二拍手一礼の意味を丁寧に説明していただきました。

 

まず、礼について、15度の礼を「小揖(しょうゆ)」、45度の礼を「深揖(しんゆう)」、90度の礼を「拝(はい)」と言います。
歴史書に、深く頭を下げることが神様に敬意を示す方法として書かれています。

 

15度、45度の礼は、相手に対する譲る意を表します。

 

90度の礼は、相手に対する最高の敬意を表します。

 

また、「平伏(へいふく)」という60度の礼があり、祝詞を聞く時や、お祓いを受ける時のお辞儀の角度となります。

 

 

そして、拍手は「柏手(かしわで)」といいます。
歴史書にも、手を打つことが、神様への敬意を示す方法としてかかれています。
また、一説で「柏手」で音を立てる理由は、喜びや歓喜の気持ちを表したり、願い事を叶えようと神を呼び出すために手を打つと言われ、邪気を祓う意味があります。

 

拍手の際、右手を少し下にずらして打ち、最後に戻して合掌するのが作法であり、大きく、はっきりした音ほど、願い事が神様に伝わるとされています。

 

改めて一つ一つの動作の意味を知ることができ勉強になりました。
今後は意識して丁寧に取り組んでいきたいと思います。

 

毎回参加させていただいてますが、工事の無事や安全を祈願し、建物、ご家族の繁栄を祈る儀式に身を引き締める思いと、着工前のひとつの節目として、工事が始まっていく緊張感がありますが、どんな建物が出来るのか現場担当として楽しみで仕方ありません。

これから基礎工事、棟上と工程はどんどん進んでいきます。
お施主様にわくわくしていただける家づくりに励んでいきます。

 

建設部 大山

先日研修にて名古屋へ行ってきました。

午前中に研修を受けて、その後電車に乗り常滑まで。

常滑は現在はLIXILとなりましたが、前INAXのお膝元です。

INAXと言えば、タイル!

と言うことでココへ行って来ました。

INAXライブミュージアム

ここではいろいろなタイルやタイルの作り方を見ることが出来ます。

もちろん、タイルを使った物ずくり体験もできます。 

 

 ↓屋外エリア「テラコッタパーク」       ↓テラコッタ・コレクションを展示           

 

 

 

 

 

 

 

↓世界のタイル博物館     

←天井がタイルでした。

照明の明るさが変わって、

タイルの表情が変わるようになっています。

 

 

 

 

 

こちらはどろんこ館です。

ここでは、「土に触れ、遊び、体感すること」が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

室内では企画展の「和製マジョリカタイル展」をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

↓一部改修工事中でした。

仕事でたくさん関りのあるタイルなので、一度は行ってみたいと思っていました。

訪れることが出来てよかったです。

しかし、時間との兼ね合いで足早に見ていくだけでしたので少し残念でした。

 

 

 

 

 

 

↓ 帰りにこんな場所も見えました。

常滑駅の近くです。

中国の観光客の方に人気だそうです。

 

 

 

 

 

 

あまり遠くに行く機会が無いので、遠出した時はしっかりいろいろな場所に行こうと思います。

 

 建設部 藤原。

 

 

平成31年 2月15日

 本日は、弊社の加工場をご紹介致します。

加工場内部↓

 こちらの加工場では、弊社専属大工が、主に造作材の加工を行っています。

造作材と言うのは建具枠(ドア枠、引き戸枠)、巾木、サッシ窓枠などです。

樹木(木材)において「年輪」と言う言葉を聞いたことあると思いますが、年輪のほかに「木表、木裏」や

「元口、末口」と言う部分があります。これらの性質(クセ)を見ながら、適材適所に木材を、造作材に加工しています。

 

「年輪」↓                「木表、木裏」↓  

 

 ところで皆様は、「0.5ミリ」を測った事ありますか?「1ミリ」の半分です。

ちなみに加工場では、「0.5ミリ」単位までの加工寸法に対応しています。

 

 建築では「神は細部に宿る」と言いますが、きなりの家では、自社で造作材を加工しているので、

デザインやディテールにこだわった家造りが出来ます。

 

建設部 岡奉行

 

今回は県内でおすすめのハンバーガー店をご紹介します。

宇野駅から南西に徒歩約8分、店の目の前が海です。

 #8 WIRE(ナンバーエイト ワイヤー)というお店です。

古い雑居ビルをリノベーションしたお店で、隣には珈琲店もあります。

このお店は本格的手作りハンバーガーを本当に美味しく食べられます。

具は厚切りベーコン、レタス、トマト、レッドオニオンにパテ、ボリュームがとてもありハンバーガー1つでお腹いっぱいになれます

このボリューム感をぜひ味わってみてほしいです。

 

店内(6)食べられますが、

外が寒くなければ、外で海を見ながら食べるととても気持ちがよいです。

宇野駅周辺に行かれることがありましたらぜひ寄ってみて下さい。

 

2月はものすごく寒くなる日もあれば、春みたいに暖かくなる日もあり、大きな寒暖差を感じやすい月です。体調を崩されないようお気をつけください。

 

総務課 大島

 

 

我が家も入居してもうすぐ5年になり、外壁の板張り部分は塗り替えが必要になりました。新築当初は外部の木部に保護用の塗料を塗って、雨が降っても水をはじくような状態ですが、年数がたつと塗料の顔料が粉状になるチョーキング現象で触ると手に粉がつくようになります。我が家も風で揺れる庭木がすれるところや、雨が強めに当たるところは色落ちが目立つようになってきました。

 

まず、古くなって粉っぽくなった塗料や汚れを落とすために、タオル、たわし、サンドペーパーを用意して試してみましたが、案外タオルで強めにこすってあげるだけで十分落とすことができました。

こんな風に結構塗装が取れてしまう状態ですが、木材そのものはほとんど傷んでいません。

塗装をしていなければ、雨や紫外線にさらされているとカビで黒ずんできたり表面が割れてきたりするところです。やはり保護塗料の効果が出ていますね。

全体をふき取って、いよいよ塗装です。この塗料は刷毛を使ってとても簡単に塗れます。

塗り終わったところです。これで、また数年は板を保護してくれるので安心です。

 

次回はいよいよ2階の格子部分の塗り替えを考えています。

寒い日が続きますが、薪ストーブを焚いて暖かく過ごしています。

「き」なりの家のコンセプトハウスも床暖房で暖かく快適です。ぜひお立ち寄りください。

 

      杉本

 

1 / 2712345...1020...最後 »
トップへ戻る