ブログ

≪キッチンの設計で一番大事なのは収納の取り方≫

 

写真のキッチンは今週末見学会を予定しているお宅のキッチンです。
キッチン横に坪庭が設置された心地よい空間にデザインしています。
余計なものが見えず随分スマートに見えるポイントは、キッチン背面収納が通常のお宅と異なり、調理家電の姿がまったく見え無いようにデザインさせているところだと思います。
「家電を仕舞い込んでしまうと使い勝手が悪いのでは?」という疑問をもってしまうと思いますが、使用者に合わせて最適な使い勝手と収納力に優れた、細部まで工夫されたキッチン収納がその周りを取り囲むようにデザインされています。
私共の建物は、キッチンそのものは、既製のキッチンを使用したりすることも多いのですが、その周辺の収納はキッチン及びその他の空間に合わせて、機能性と意匠性を両立するために、独自の方法論で造作して提案させて頂くことが多いのです。

 

 

≪自由に隠したい時に隠せる収納≫

 

例えば電子レンジや炊飯器は、付属のこの小物(ラップやしゃもじ等)も多い上に、色合いや質感も様々で、使用するうちにその周囲は雑多な小物にあふれ、人を招き入れるときには随分片づけを必要とするものです。
「便利に使用しながら完全にきれいにすることは難しいが出来るだけ簡単に片づけられる収納がいい」
そんなご要望を叶えるためにデザインされたのがこの背面収納です。
日常的には、電子レンジや冷蔵庫、ゴミ箱などを出したまま使用しながらも、全ての扉を閉めてしまえば、雑多な小物や家電を無かったように格納することが出ます。
また、中央の作業台の上の吊収納は、女性の目線よりも低い位置に食器や小物が十分に格納できるようになっており、最小限の移動で必要なものが使用できるサイズ感にデザインされています。

 

 

≪適材適所に心地よい使い勝手の収納をデザイン≫

 

キッチンの設計はアイランドや対面等「キッチンそのものデザイン」に目が行きがちです。
どのような形態のキッチンが使用者にとって最適なものかは一概に言えません。
ただ、現代の住宅建築において「キッチン」は中心的な役割を担っていることも多く、大きなコストをかけていく場合も多いものです。
そんな重要な要素であるからこそ、その価値に見合う機能的なものであるべきです。そのためには、キッチン周辺の収納環境を見直し、使用者にとって、出来るだけ使い勝手の良いものにして頂けるよう、日々その設計に重きをおいて設計しています。

 

 

キッチンの使い勝手と建物の魅力をご確認ください

 

記しましたが、写真のキッチンを実際にご覧いただくことができます。
キッチン周辺の工夫だけではなく、石張りやゆったりとした空間が見どころの多い平屋の建物になっています。

 

是非、週末の「完成見学会」にご参加いただければと存じます。

 

完成見学会

2018年11月10日(土)/11日(日)

AM10:00~PM05:00

(完全予約制)

 

 

 

営業設計担当 田中賢二

秋色に色付くきなりの家で本日、

薪割ワークショップ&庭木のお手入れワークショップ

の1日目を開催致しました。(※明日も開催致します。)

 

 

 

まずは午前の部、薪割ワークショップです

まずは薪についての基礎知識を学んで頂きました。

薪に向いてる樹木や、乾燥の仕方について薪ストーブ販売の「ヒッコリー」さんが丁寧に説明して下さり、その知識がより深いものとなりました。

 

「桧」の語源が、火がつき易い「火の木」から来ているとか。

※ただし、この説は妥当ではなく、神社などで使われる事が多いので「霊(ひ)の木」や、「日の木」から来ていると言われている説が妥当なのだそう。

 

 

さて、豆知識を蓄えたあとは実践です!

 

これは火起こし用の細い薪を作る時に便利なツールです。

斧ではなく、これに細い木をセットしてハンマーで上から叩くだけなので、安全で手軽に割っていくことができます。

 

 

 

これなら女性の方やお子様でも扱えそうです。

 

 

 

 

作った材料はさっそく今回特別に用意した薪ストーブにくべました!

少し肌寒かったのでちょうど良い暖となりました。

 

 

 

 

次は斧を使って丸太を割って頂きました。

男性の方は流石!コツを掴むと心地良い音を立てて次々と薪をつくられておりました。

 

 

 

女性の方も、重い斧を扱うのに少々苦労されておりましたが、最後にはキレイに真っ二つ!

薪を割った時の爽快感を味わって頂くことが出来ました。

 

 

 

 

他に油圧で割る機械式の薪割り機の紹介や、チェーンソーの体験もして頂きました。

 

やはり体験して頂くとより理解が深まるようで、

薪割りがより身近になり興味を持って頂けたようです。

 

 

 

 

そして午後の部は、庭木のお手入れワークショップです。

 

今回は肥料についての座学です。

肥料もたくさん種類があり、その時期もいろいろとあります。

冬に向けての肥料である「寒肥」について実際の肥料を見ながらお話をさせて頂きました。

 

 

 

肥料の事以外にも、庭木全般についての質問もあり、

庭師の武田さんが丁寧に対処法などをレクチャーしてくれました。

 

 

 

 

 

座学のあとは、外に出て庭木の剪定方法についてレクチャーです。

みなさま真剣な眼差しで聞き入っておられました。

 

 

 

 

今回は剪定ばさみを使っての説明です。

剪定するうえでの要点は明快で分かり易いものの、

最終的な仕上りはやはりセンスが要るのだなと改めて思いました。

 

 

 

 

ただ、茂ったり絡まった枝葉を間引くような剪定はそれほど身構えるものでもないという事も今回のレクチャーで分かりました。

皆様にも実際に剪定ばさみを使って剪定してもらい、その要領について体験して頂きました。

 

 

 

 

肥料の与え方についても実践でご説明。

そこから派生して芝生のお手入れや、ご自宅の庭木の気になる事についての質問など、

今回も大変実のある内容だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

楽しく体験しながら学べる今回のイベント、

薪割ワークショップ&庭木のお手入れワークショップ

は明日も開催致しましすので、是非この機会にご参加下さい!

 

皆様のご来場心よりお待ちしております。

 

 

 

 

投稿者:石田

 

 

 

 

 

寒暖の差が激しくなかなか体が追いつかない今日この頃、

そんな中でも日増しに秋の気配を感じ、過ごしやすくなって参りました。

気候の良いこの時期に、この度きなりの家でワークショップを開催致します!

詳しくは下記リンクを参照下さい!

 

薪割ワークショップ&庭木のお手入れワークショップ

 

 

 

 

ワークショップは今年の春にも開催しておりまして、

春のイベントでは「ウッドデッキ・板塀のメンテナンス&庭木のお手入れ相談会」させて頂きました。

当日は天候も良くたくさんの方にお越し頂き大好評でした!

その時の様子を少しご紹介させて頂きます。

 

 

 

まずはウッドデッキ材の洗浄から…

皆様には洗浄の段階から体験頂きました、意外と古い塗料がキレイに取れる事にビックリ!

見た目ではわかりませんが、紫外線により着実に劣化しているんですね。

 

 

 

木材を乾燥させている間は座学の時間です。

木の性質と塗料との関係を学んで頂き、メンテナンスをする意味について理解を深めて頂きます。

木にとってどんな塗料が良いのか、たくさん種類のある塗料の違いについて自然塗料メーカーの方にレクチャー頂きました。

 

 

 

 

そして、いよいよ塗装の実践です!

皆様真剣な眼差しで説明を聞いておられました。

 

 

 

 

ですが、塗装自体はローラーで塗り広げて行くだけなので思ったよりも簡単!

お子様も楽しみながら塗ってましたよ。

 

 

 

 

この眼差し、手捌き、まるで職人さんです!

 

 

 

 

 

それぞれの楽しみ方でメンテンナンスを体験されていました。

 

 

 

 

板塀、ウッドデッキは塗るだけでなく、取付・取外しの作業も出てきます。

そこで工具の使い方も学んで頂きました!

ここはお父様方の腕の見せ所!この体験でDIYの楽しさに目覚められた方もいたのでは?!

 

 

 

 

 

お子様にも付き添いで体験して頂きました、これでお手伝いもバッチリですね!

 

 

 

 

 

 

後半は庭師の武田さんによる「庭木の相談会」です。

普段聞けない庭木手入れのあれこれ、この機会にたくさん教えて頂きました!

 

虫がつきにくくするには?など、色々な樹木用の薬品やその使い方をレクチャー。

 

 

 

 

そして、自分でも出来る庭木の剪定の仕方。

この春の枝葉の柔らかい時期だからこそ出来る剪定方法、素手で摘んでちぎるように間引いていきます。

 

 

 

 

どこを間引いていくのか教えて貰ったあとは、実践です!

なかなか様になっていると思いませんか?

意外と気負わず手軽に出来る剪定方法で、どんどん夢中になっていってしまいます!

 

 

 

 

 

 

 

春の陽気の中、たくさんの方に来て頂き大好評の内に終えることが出来ました。

この日はたくさんの花や緑が見頃を迎えたきなりの家でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末のイベントは秋の装いのきなりの家。

 

薪割ワークショップ&庭木のお手入れワークショップ

 

お気軽に是非ご参加頂けたらと思います。

皆様のご来場スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

投稿者:石田

 

 

 

最近は涼しい日も多く、この間まで猛暑だったのが嘘のように過ごしやすい毎日ですが、早いものでわが子も高校3年生になりました。
毎日毎日部活にあけくれて家にいるより学校にいる方が長かったのですが、この前の大会で念願だったインターハイ(自転車競技部です。)の出場が決まりました。


今年の開催地は静岡ということで、応援と観光を兼ねて温泉宿を予約し、静岡をゆっくり堪能しようということになりました。
東海道新幹線三島駅より伊豆箱根鉄道にて最寄の駅である修善寺の駅まで4時間近くかけてやっと到着。修善寺駅の外観は一見モダンではありますが、内部はふんだんに木を使ってあるので木の香りにとても癒されました。

今年のインターハイのロードの会場は静岡サイクルセンターの5kのロードコースです。
高台からはコースが所々見渡すことができます。
全国各地から地区大会を勝ち進んだ100人越えの高校生達が5kのコースを14週します。
山アリ谷アリをお互い牽制しながら2時間ほどの熱い戦いです。
大画面のモニターを見ながら応援にも熱がはいりました!!高校生最後の大会かと思うといろんなことが思いだされて感極まりますが、結果はどうあれ、最後になにか手ごたえを感じるものがあったならばいのですけど。。。



応援以外で楽しみにしていたのが、2020年の東京オリンピックの競技会場になっている伊豆ベロドロームの見学です。いろいろ資料や写真を見ながら心待ちにしていました。
ドイツの建築家が設計したこの施設はフランス語でベロが自転車でドロームが競技場を意味しています。晴れた日には富士山が見える見晴らしのいい最高の環境であり、また一番の特徴は走路が木製であるということです。常設で室内の木製は日本初でもあります。
最高の傾斜が42°でトラック一周が250mと走路としては短い為、勢いにのっていつもより速いタイムが出やすいそうです。しかも、走路のすぐ間近に観客席があるので迫力ある観戦が望めます。ただ木製は滑ることも多く、選手にとっては落車を伴う危ない走路ではあります。
毎月のように自転車競技が開催されていて基本的には無料で観覧することが出来るそうなのでぜひ一度本格的な自転車競技をご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

三島駅で帰りの新幹線を待つ間に近くのパン屋に入ったらかわいい字で書かれた「みしまころっけ」 をみつけて思わず買ってしまいました。

期待通りのおいしいコロッケでした。

あっという間ではありましたがとても充実した楽しい小旅行でした。

設計課 近藤

この度、きなりの家で建築工事を担当させて頂きました
「さつき内科クリニック」様が8月1日にOPEN致します。

写真撮影をさせて頂いたのは7月中頃、OPEN準備のお忙しい中ご協力頂きました。
院長様のこだわりが詰まった、きなりの家らしいクリニックが完成致しました。

昨日7月29日にはクリニック主催の内覧会が行われ、たくさんの方が来られておりました。
建物内をスタッフの方や来院された方が行き交う様子は住宅とはまた違う感慨深さがありますね!

緑や木の温もりのある心地良い空間によって、
たくさんの人に愛されるクリニックになれるよう願っております。

この度はご開院おめでとうございます。
改めまして、スタッフ一同お祝い申し上げます。

営業設計課 石田

1 / 1612345...10...最後 »
トップへ戻る