ブログ

だんだんと寒くなってくると腰痛持ちの私はとても憂鬱になるのですが、そんな時でも楽しい気分にさせてくれるのがいい温泉を見つけた時です。

今回は岡山県内でおすすめの温泉を紹介します。




まるで料亭のような佇まいで中に入るのが楽しみな外観です。

暖簾をくぐるときちんと手入れされた庭に遊び心のあるオブジェに癒されます。

館内に入ると一番に感じるのは木の香りと細部にまでこだわったインテリアで非日常の空間が広がります。

中庭を通って浴室に向かいます。




たまの湯の湯は、カルシウム・ナトリウム・ナトリウム塩化物泉で全国的にも貴重なラドン成分が豊富に含まれている「万病の湯」と呼ばれ効能の優れた療養泉だそうです。

露天風呂は渓流を思わせる「沢の湯」と和の趣きの「棚田の湯」とあり、入替制ですがどちらも開放感たっぷりの海景が広がります。

他にも陶器風呂や寝湯など内風呂よりも露天風呂の方がより多くのお風呂を楽しむことができます。熱いのが苦手なお子様にはぬるめの浴槽もあるので親子でも充分楽しめます。



温泉に行くと畳の休憩処があり、みんながゴロンと横になっている風景をよく見ます。

たまの湯は他とは少し違います。それぞれにテレビ付リクライニングチェアがあり、さらに女性専用の休憩室もあります。雅やかな中庭を眺めながらゆっくりとした時間がすごせます。しかも書斎には漫画から名作文庫まで幅広い本を揃えた図書コーナーまであります。

時間の許す限り、昼寝をしたり、読書をしたり、また浴室に戻ったりもできます。

他に岩盤浴やリラクゼーション、レストランもあるので家族で一日いても全く飽きません。県内で近場なのにちょっとした日帰り旅行のような気分にしてくれました。

場所は宇野駅から目と鼻の先、駐車場も200台とのことなのでドライブがてら寄ってみて下さい。

営業設計課 近藤

遠くの山々も澄みきった青空に映える季節となりました。

そんな中、私は先日のお休みを利用して現在、「おしゃれすぎる!」と話題沸騰中の高梁市立図書館へ行ってきました。



JR備中高梁駅から直結したこちらの建物は、2~4階の図書館のほか、2階には観光案内所、「蔦屋書店」、「スターバックスコーヒー」が、そして、1階にはバス乗り場や飲食店をはじめとする商業施設も入った複合施設となっています。

館内にはあちらこちらにソファやイスが設けられており、ゆっくりと読書を楽しめるようになっています。ドリンクホルダーがある席もあり、本やコーヒーを片手に気軽に楽しめるのがうれしいですね。カウンター席に設けられた連続した大きな窓からは、のどかな風景が一望でき、駅に併設されていることを忘れさせてくれる空間となっていました。


4階のキッズライブラリーは、靴を脱いで過ごせる
絵本の読 み聞かせスペースのほか、子ども用トイレ
や授乳室などの設備も完備されていました。
そして、テラスには遊具もあり子供達がはしゃぎな
がら遊べる空間となっていたので、小さなお子様が
いらっしゃる方も気軽に利用することが出来そうです。


遠くに見える山頂には、天空の山城「備中松山城」の天守が顔を覗かせていました。

また、観光客には興味深い、「高梁を知る」といった高梁のコーナーや岡山全体の郷土を知ることができるコーナーがあり、高梁のおいしいものやグッズも販売しているので、お土産にもおすすめです。私も高梁紅茶と言って、岡山県高梁市松原町で作られている人気の紅茶を買いました。甘みのある濃厚な味わいと優雅な香りが特徴的でとても美味しくいただきました。

単に図書館としての機能だけでなく、アクセスの良さや利便性の良さから市民の憩いの場・公園のような機能を果たしているように感じられました。
みなさんもお休みの日に行かれてみてはいかがでしょうか?

営業設計課 土井美香

トップへ戻る