ブログ

本年も残すところあとわずかとなりました。皆様如何お過ごしでしょうか。

2017年中は弊社へ格別のご高配を賜り、誠に有難う御座いました。スタッフ一同お礼申し上げます。
来年も皆様のご期待に応えられるよう、更なる向上を目指していく次第です。

健やかに新年をお迎えになられますようお祈り申し上げると共に、
これをもって年末の挨拶とさせて頂きます。

大変勝手ながら、2017年12月28日(金)~2018年1月4日(木)までを
年末年始休業日とさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
2018年1月5日(金)から通常通り営業いたします。

2018年も 「き」なりの家 を宜しくお願い申し上げます。

年末も近づき、ずいぶん冷え込みが厳しくなりました。
比較的温暖な岡山市ではありますが、やはり冬は寒いです。

さて、ヒートショックという言葉をご存知でしょうか。
ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋へと移動した際に急激な温度変化に伴い血圧が大きく変化し、心筋梗塞や脳卒中といった健康被害をもたらすことです。

日本でヒートショックを起因に死亡に至る数は交通事故で亡くなる方の3倍を超えています。
(東京都健康長寿医療センター 研究所/http://www.tmghig.jp/J_TMIG/images/publication/pdf/heatshock.pdf)

これは他の先進国とは大きく異なるものです。

ではなぜ日本ではヒートショックが原因で亡くなる方が多いのでしょうか。

欧米ではセントラルヒーティング(全館空調)が一般的です。そのため、部屋間での温度差が少なくヒートショックを起こしにくくなっています。
一方日本の場合、部屋単位での間欠暖房が主流で全館空調は贅沢な物ととらえられがちです。

また、日本のヒートショックは温暖な地域での件数が多いという特徴があります。

 

(地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター H25年報道発表資料より引用)
(CAPとは心肺停止状態のことを言います。)

岡山県は比較的下位に位置していますが、なんと香川県がトップです。
年間平均気温が20℃を越える沖縄はさておき、北海道や東北地方が下位にランクインしています。
寒さ厳しい北海道などの住宅はすでに高断熱、高気密に加えてセントラルヒーティングが主流になりヒートショックを起こしにくい家になっているためと考えられます。

きなりの家コンセプトハウスは蓄熱式床暖房を採用しています。
これは基礎本体を暖める方式です。
基礎は1階全体にありますので、1階全体が床暖房空間となります。
リビングダイニングはもちろん、脱衣所やトイレといった部屋もすべて床暖房空間にすることができます。

エアコンを付けていて、温度は25度あるのに足元からぐんぐん冷えていくということは、ほとんどの方が体感したことがあるのではないでしょうか。



蓄熱式床暖房の場合人が最も心地よいと感じる輻射熱で熱を伝えます。
床も天井も大体同じ温度になるため、足元は温かく、空気温度も上がりすぎません。
上の図からもわかる通り「頭寒足熱」の暖房方式です。

お客様からも、

「玄関ドアを開けた瞬間に暖かく、本当に快適です」
春にご契約いただき、ご体感いただくことなく竣工してしまったお客様も
「半信半疑だったけど床暖房を入れてよかった」
など大変ご好評をいただいております。




床暖房は贅沢品という思いが根強くありますが、そうではなく、健康的な日常を実現するための当たり前の設備としてとらえてみてはいかがでしょうか。

寒い季節だからこそご体感いただける心地よさがあります。
ぜひこの時期にコンセプトハウスへご来場ください。

高橋

だんだんと寒くなってくると腰痛持ちの私はとても憂鬱になるのですが、そんな時でも楽しい気分にさせてくれるのがいい温泉を見つけた時です。

今回は岡山県内でおすすめの温泉を紹介します。




まるで料亭のような佇まいで中に入るのが楽しみな外観です。

暖簾をくぐるときちんと手入れされた庭に遊び心のあるオブジェに癒されます。

館内に入ると一番に感じるのは木の香りと細部にまでこだわったインテリアで非日常の空間が広がります。

中庭を通って浴室に向かいます。




たまの湯の湯は、カルシウム・ナトリウム・ナトリウム塩化物泉で全国的にも貴重なラドン成分が豊富に含まれている「万病の湯」と呼ばれ効能の優れた療養泉だそうです。

露天風呂は渓流を思わせる「沢の湯」と和の趣きの「棚田の湯」とあり、入替制ですがどちらも開放感たっぷりの海景が広がります。

他にも陶器風呂や寝湯など内風呂よりも露天風呂の方がより多くのお風呂を楽しむことができます。熱いのが苦手なお子様にはぬるめの浴槽もあるので親子でも充分楽しめます。



温泉に行くと畳の休憩処があり、みんながゴロンと横になっている風景をよく見ます。

たまの湯は他とは少し違います。それぞれにテレビ付リクライニングチェアがあり、さらに女性専用の休憩室もあります。雅やかな中庭を眺めながらゆっくりとした時間がすごせます。しかも書斎には漫画から名作文庫まで幅広い本を揃えた図書コーナーまであります。

時間の許す限り、昼寝をしたり、読書をしたり、また浴室に戻ったりもできます。

他に岩盤浴やリラクゼーション、レストランもあるので家族で一日いても全く飽きません。県内で近場なのにちょっとした日帰り旅行のような気分にしてくれました。

場所は宇野駅から目と鼻の先、駐車場も200台とのことなのでドライブがてら寄ってみて下さい。

営業設計課 近藤

遠くの山々も澄みきった青空に映える季節となりました。

そんな中、私は先日のお休みを利用して現在、「おしゃれすぎる!」と話題沸騰中の高梁市立図書館へ行ってきました。



JR備中高梁駅から直結したこちらの建物は、2~4階の図書館のほか、2階には観光案内所、「蔦屋書店」、「スターバックスコーヒー」が、そして、1階にはバス乗り場や飲食店をはじめとする商業施設も入った複合施設となっています。

館内にはあちらこちらにソファやイスが設けられており、ゆっくりと読書を楽しめるようになっています。ドリンクホルダーがある席もあり、本やコーヒーを片手に気軽に楽しめるのがうれしいですね。カウンター席に設けられた連続した大きな窓からは、のどかな風景が一望でき、駅に併設されていることを忘れさせてくれる空間となっていました。


4階のキッズライブラリーは、靴を脱いで過ごせる
絵本の読 み聞かせスペースのほか、子ども用トイレ
や授乳室などの設備も完備されていました。
そして、テラスには遊具もあり子供達がはしゃぎな
がら遊べる空間となっていたので、小さなお子様が
いらっしゃる方も気軽に利用することが出来そうです。


遠くに見える山頂には、天空の山城「備中松山城」の天守が顔を覗かせていました。

また、観光客には興味深い、「高梁を知る」といった高梁のコーナーや岡山全体の郷土を知ることができるコーナーがあり、高梁のおいしいものやグッズも販売しているので、お土産にもおすすめです。私も高梁紅茶と言って、岡山県高梁市松原町で作られている人気の紅茶を買いました。甘みのある濃厚な味わいと優雅な香りが特徴的でとても美味しくいただきました。

単に図書館としての機能だけでなく、アクセスの良さや利便性の良さから市民の憩いの場・公園のような機能を果たしているように感じられました。
みなさんもお休みの日に行かれてみてはいかがでしょうか?

営業設計課 土井美香

10月吉日
某寺院の庫裏・客殿の上棟工事を行いました。
大規模な建物なので、弊社専属の大工さん達が集結し、
丸二日間に渡り、無事上棟を終えることが出来ました。
普段から息の合った職人たちの身のこなしにより、
組み上がった木造の軸組構造は
山のように、豪快かつ壮観で
このまま、ずっと見続けていたいものです。
※庫裏(くり)とは、
代々受け継がれたお寺、地域の拠り所、引き継ぎ、守るための
住職、その家族が住まう場所になります。
※客殿(きゃくでん)とは、
寺院などで、客人を接待するために造られた建物。または、広間になります。


大きな屋根に登り仕事をする大工さんたちが、普段より小さく見えます。

実はこの上棟に取り掛かる前にも、事前の準備が欠かせません。

この日のために棟梁は、
木材を、何十日もかけて手加工を行います。
中には八寸、九寸にもなる大きな柱、梁を取り扱うため、
やはり通常の機械では加工が出来ません。
大事なことは、職人の経験と技術により、手仕事にておこないます。
日本で生まれ育った本物の木
一本一本ていねいに見つめ、
墨付けを行い、刻み、大事に保管します。
なんと、手がけた木材は数百本にもなります。
住職の想いである、先祖から伝わる地域の菩堤寺と共に、
訪れた人の心が、やすらぐ場となるような居場所になりますように
建設中の庫裏・客殿が、
住職ご家族、檀家の方々に、愛され、末永く受け継がれるため
棟梁はじめ、職人の方々、スタッフ一同、精進してまいります。
亀谷
1 / 512345
トップへ戻る
資料請求
資料請求
アクセス
アクセス
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram