ブログ

 

3月17日、吉備路全山縦走大会に初参加してきました。

その一部始終を書きます。

服部駅スタート地点

岡山駅から吉備線(桃太郎線)の始発に乗り服部駅で下車。

もうそれだけで疲れました。

なぜなら、車両が1台しかないうえに、始発駅からほぼ満員だったからです。(途中の駅から乗ろうとしていた人たち、あの人たちは無事にスタートできたのでしょうか、、、)

 

駅を降りてからも、受付の長蛇の列に並び、ようやく歩き出したのが6:20頃。暗くなる前にゴールできるか不安だったので、足早に進みます。(※トレイルランではないので走るのは禁止です。)

 

険しい山道を登ること約2時間、すばらしい眺望が待っていました。当初はスニーカーで来ようとも思ってましたが、途中の道はぬかるんでいたので、軽めの登山靴で来て正解でした。

鬼の城西門付近

屏風折れの石垣

 

今度は山を下り、水の澄んだ川を渡り、チェックポイントのある奥坂休憩所へと向かいます。

阿弥陀原付近

くるみパンといか天

休憩所では食べ物や飲み物などが支給されます。そして、この奥坂休憩所ではパンといか天を頂きました。

持参したバーナーでお湯を沸かして、どん兵衛を作っていると、

他の方たちも、水筒に入れてきたお湯でカップラーメンを作って食べていました。

やはり、山でのカップラーメンはやみつきになります。

 

腹ごしらえを終えて、山を一つ越えると次は足守です。

奥坂~足守

また会える 吉備の山で 山友と

随所に、友蔵さんの俳句みたいなものが見受けられました。

 

足守へと下りてきて、以前、茶室を見学させて頂いた常光庵を過ぎたあたりで雨に打たれ、

色とりどりの雨具が、きれいな足守の町並みを横断していきます。

 

舗装された道をしばらく歩き、次は龍王山へと入ります。

龍王池

神秘的な雰囲気が漂う龍王池のほとりを歩き、どんどん登ってゆきます。

 

龍王山頂上にある奥の院一乗寺に着いたところで、ボランティアの方から、ここで2/3だと告げられました。

実はこの時すでに左足根元が痛く、やっとの思いで石の階段を登ってきたので、心が折れそうになりました。

が、リタイヤしたらブログに書けないので必死に歩きました。

 

龍王山を下ると、神埼農園あたりでゆるキャラ?が待っていました。

ゆるキャラ?

見た目とは裏腹に、お疲れ様です。と優しく声を掛けられました。

奥の親分?は、さらに優しく、足が痛いならそこの台でマッサージしていけばいい。と声を掛けてくれました。

 

なので、すぐその先で売られていた、こんにゃくの唐揚げを食べながら休憩することにしました。

こんにゃくの唐揚げ

行列ができるほど人気で、ピリ辛の衣がおいしく、これで一本100円。

 

でも、それでもやっぱり鳥がいい。と思いながら次の山へと入っていきます。

太平山山頂付近

登り下りを繰り返し、次の休憩ポイントの大平山頂上では、桃太郎??から吉備団子を頂きました。

吉備 団子

遥か向こうにスタート地点が見えます。

 

ぜんざいとたくあん

大平山を下りて西辛川の住宅街を抜け、吉備津彦神社でぜんざいが振舞われる。

その道の途中で、延石と敷石を組み合わせた面白い石塀。大きな石がダイナミックに配置された庭。凛とたたずむ家。

気になった方もいらっしゃるはず。実はあれ、きなりで建てられた家です。

N邸

吉備中山

最後の山。吉備中山。

階段の微妙な高さと幅が足にきます。

 

吉備津神社

吉備路全山縦走のフィナーレを飾る吉備津神社の回廊。やっと終わります。ブログも。

 

認定証

完全歩行の認定書を頂きました。

ちょうど17時頃にゴールしたので、10時間程掛かったことになります。

まだまだ元気な年配の方が大勢いて、継続の力を思い知らされました。

 

吉備津駅

暗くなる前に帰ってこれたので、まあ良しとしておきます。

次の山は当分しばらく未定です。

 

金光

 

 

 

3月吉日地鎮祭を執り行いました。

 

地鎮祭の際に改めて勉強になった話がありましたので紹介します。

 

神社のお参りや祭壇への拝礼の際に行う二礼二拍手一礼の意味を丁寧に説明していただきました。

 

まず、礼について、15度の礼を「小揖(しょうゆ)」、45度の礼を「深揖(しんゆう)」、90度の礼を「拝(はい)」と言います。
歴史書に、深く頭を下げることが神様に敬意を示す方法として書かれています。

 

15度、45度の礼は、相手に対する譲る意を表します。

 

90度の礼は、相手に対する最高の敬意を表します。

 

また、「平伏(へいふく)」という60度の礼があり、祝詞を聞く時や、お祓いを受ける時のお辞儀の角度となります。

 

 

そして、拍手は「柏手(かしわで)」といいます。
歴史書にも、手を打つことが、神様への敬意を示す方法としてかかれています。
また、一説で「柏手」で音を立てる理由は、喜びや歓喜の気持ちを表したり、願い事を叶えようと神を呼び出すために手を打つと言われ、邪気を祓う意味があります。

 

拍手の際、右手を少し下にずらして打ち、最後に戻して合掌するのが作法であり、大きく、はっきりした音ほど、願い事が神様に伝わるとされています。

 

改めて一つ一つの動作の意味を知ることができ勉強になりました。
今後は意識して丁寧に取り組んでいきたいと思います。

 

毎回参加させていただいてますが、工事の無事や安全を祈願し、建物、ご家族の繁栄を祈る儀式に身を引き締める思いと、着工前のひとつの節目として、工事が始まっていく緊張感がありますが、どんな建物が出来るのか現場担当として楽しみで仕方ありません。

これから基礎工事、棟上と工程はどんどん進んでいきます。
お施主様にわくわくしていただける家づくりに励んでいきます。

 

建設部 大山

先日研修にて名古屋へ行ってきました。

午前中に研修を受けて、その後電車に乗り常滑まで。

常滑は現在はLIXILとなりましたが、前INAXのお膝元です。

INAXと言えば、タイル!

と言うことでココへ行って来ました。

INAXライブミュージアム

ここではいろいろなタイルやタイルの作り方を見ることが出来ます。

もちろん、タイルを使った物ずくり体験もできます。 

 

 ↓屋外エリア「テラコッタパーク」       ↓テラコッタ・コレクションを展示           

 

 

 

 

 

 

 

↓世界のタイル博物館     

←天井がタイルでした。

照明の明るさが変わって、

タイルの表情が変わるようになっています。

 

 

 

 

 

こちらはどろんこ館です。

ここでは、「土に触れ、遊び、体感すること」が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

室内では企画展の「和製マジョリカタイル展」をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

↓一部改修工事中でした。

仕事でたくさん関りのあるタイルなので、一度は行ってみたいと思っていました。

訪れることが出来てよかったです。

しかし、時間との兼ね合いで足早に見ていくだけでしたので少し残念でした。

 

 

 

 

 

 

↓ 帰りにこんな場所も見えました。

常滑駅の近くです。

中国の観光客の方に人気だそうです。

 

 

 

 

 

 

あまり遠くに行く機会が無いので、遠出した時はしっかりいろいろな場所に行こうと思います。

 

 建設部 藤原。

 

 

トップへ戻る
資料請求
資料請求
アクセス
アクセス
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram