ブログ
10月吉日
某寺院の庫裏・客殿の上棟工事を行いました。
大規模な建物なので、弊社専属の大工さん達が集結し、
丸二日間に渡り、無事上棟を終えることが出来ました。
普段から息の合った職人たちの身のこなしにより、
組み上がった木造の軸組構造は
山のように、豪快かつ壮観で
このまま、ずっと見続けていたいものです。
※庫裏(くり)とは、
代々受け継がれたお寺、地域の拠り所、引き継ぎ、守るための
住職、その家族が住まう場所になります。
※客殿(きゃくでん)とは、
寺院などで、客人を接待するために造られた建物。または、広間になります。


大きな屋根に登り仕事をする大工さんたちが、普段より小さく見えます。

実はこの上棟に取り掛かる前にも、事前の準備が欠かせません。

この日のために棟梁は、
木材を、何十日もかけて手加工を行います。
中には八寸、九寸にもなる大きな柱、梁を取り扱うため、
やはり通常の機械では加工が出来ません。
大事なことは、職人の経験と技術により、手仕事にておこないます。
日本で生まれ育った本物の木
一本一本ていねいに見つめ、
墨付けを行い、刻み、大事に保管します。
なんと、手がけた木材は数百本にもなります。
住職の想いである、先祖から伝わる地域の菩堤寺と共に、
訪れた人の心が、やすらぐ場となるような居場所になりますように
建設中の庫裏・客殿が、
住職ご家族、檀家の方々に、愛され、末永く受け継がれるため
棟梁はじめ、職人の方々、スタッフ一同、精進してまいります。
亀谷
トップへ戻る