ブログ
軍艦島

船上からみる軍艦島

世界文化遺産になった廃墟を体験

建築の仕事をする上で、休日に古い建物を見ることは重要なことです。使い続けられている新しい建築も素敵ですが、その役目を終えて朽ちてゆく建物も趣があり大好きです。
その中でも、「軍艦島」は最も訪れてみたい場所でした。
「軍艦島」は正式には「端島(はしま)」と言います。大正時代に建築され、平成27年に「明治日本の産業革命遺産」の一部として、世界文化遺産に登録され最も有名な「廃墟」として有名になりました。
東京ドームのグラウンドおよそ5個分という小さな島ながら、5,200人もの人々が住み、当時人口密度は世界一とも言われました。


その念願の軍艦島に上陸する為、休日を利用して遥々長崎まで足を延ばしてみました。

 

炭鉱後

炭鉱の発展と共に栄えた島

廃墟になった炭鉱の趣を味わう見学ツアー

江戸時代に石炭が発見され、その後明治から大正かけて本格的に海底炭坑として発展した端島は、炭鉱の発展と共に小中学校や、映画館や商店、病院など都市機能を増築し続け、炭鉱都市として栄えましたが、国のエネルギー転換政策を受けて昭和49年に閉山。月日と共に現在のような立派な廃墟になりました。
海上に頭をのぞける岩礁を海面に沿って拡張している為、軍艦のような形の島になったそうです。
上陸する為には、見学ツアーに参加するのが一般的ですが、地元で船を所有する方は比較的自由に上陸できてしまうようでした。

 

煉瓦図づくりの事務所

炭鉱の事務所と士官用住宅

炭鉱と共にあった日本の近代化の歴史に触れる

物の老朽化が進んでおり、多くの場所が立ち入り禁止とされていますが、安全な船着き場の一部のみ立ち入ることができます。

限られたエリアではありますが、上陸すると、その規模の大きさに圧倒されます。

見渡す限り、コンクリートの破片と窓のない建物だらけですが、ベルトコンベヤーの残骸やレンガ造りの事務所にある竪穴の入口に当時の炭鉱夫の仕事の大変な様子が想像できます。

炭鉱の仕事は危険と隣り合わせだそうで、構内で死亡事故も多発していたそうです。

 

最古のRC高層建築

日本最古の高層アパート

最大の見せ場は、日本最古のコンクリート高層アパート

見せ場は、大正時代に建設された、日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造の高層アパートです。 鉱員住宅として建てられたこの建物は当時の建築関係者が鉄筋コンクリート造を試行錯誤の上、苦心して完成させた大変貴重な建物です。
現在の感覚で考えれば、コンクリートの梁やスラブの厚みが小さく不安定な印象ですが、風雨に曝されながら今なおここに建つこの建物に、建築関係者として、愛おしい印象を持ってしまいます。

かなり老朽化が進んでいるため、もうすぐ見られなくなる可能性もあるそうで、失われつつある景色と日本の歴史を学ぶ貴重な体験ができました。

設計営業担当 田中賢二

 

9月に入り一気に過ごしやすくなりました。
台風の影響でしょうか。

そんな過ごしやすさを感じる直前、8/28~8/31京都へ行ってまいりました。

三十三間堂・京都国立博物館 平成知館・河合勘二郎記念館へ行ってまいりました。

今回はいかにいい感じの写真が撮れるかを念頭に置きまして、観光そっちのけで失礼ながらシャッターを押し続けました。
そのため写真の説明文は跡付けです。(先に調べてから行けばもっと見識が広がったのでしょうが・・・。)

写真はすべてスマートフォンのカメラです。
外付けのレンズなどは使用しておりません。

まずは三十三間堂

手前の緑にピントを合わせ、建物はあえて少しぼかして・・・
(画面を長押しするとピントを合わせられると、今回学習しました)

三十三間堂ですが、当然建物が三十三間あることに由来しています。
1間が1.82mですのでそれが三十三間ある非常に長い建物であることは周知のとおりです。
なんと世界最長の木造建築なんだとか。
この三十三間堂、実は外から見ると三十三間ではないんです。
実際に行かれた方はご存じのここと思いますが、仏像が祭られている本堂は両側に一件の庇(廊下)があります。
つまり33間+2間の合計35間あります。

京都国立博物館 平成知館

こちらはエントランスです。
正面入り口には水盤があります。
ごく浅い水盤ではありますが、風で水面に揺らめきが出ています。

設計は谷口吉生さんです。2014年に開館しました。
東京上野の法隆寺宝物殿、香川県の猪熊源一郎美術館もこの人の設計です。

河合勘二郎記念館

大正から昭和にかけての民藝作家の自邸件アトリエが記念館として公開されています。
宗方志功と同じ時代を生きた作家です。
作品にも民芸作品独特の力強さがあります。

建物は京都の町屋がよく言われるウナギの寝床の形式ではありません。
コートハウスのような感じでしょうか。
中庭を建物でぐるりと囲ったようになっています。

記念館の随所に河合勘二郎の作品が展示されています。

庭の彫刻です。

何とも言えぬアンニュイな表情です。

窓辺の光と椅子を上からのアングルで撮りたくて頑張って背伸びしてみましたが、何度やっても自分の足が入ってしまい・・・。

あきらめて撮り直したのがこちらの写真。

窓辺が美しい。

随所に花が飾られていたり、開け放たれた障子の先に緑が見えたり、気持ちのいい空間でした。

その他、有名な先斗町へ。

平日でしたがにぎわっておりました。
幅2mほどの路地に店舗が軒を連ねています。

傘屋さんの店先。和傘が看板代わり。

祇園の街をを歩いていると、佐川急便がありました。

パッと見ただけでは佐川急便の事務所と判別がつきません。

自転車のロゴも飛脚の「飛」の字。
趣があります。

京都の街中はどこを歩いていても写真を撮りたくなります。

京都の街は景観条例が整備されており、建物に使用する色など、制限が設けられており、法的な整備によって景観が保たれれています。
岡山市でも後楽園背景保全地区などの景観保全地域が制定されています。
この条例により、後楽園から見える景色を調和のとれたものにしようということです。
このようなことに気を付けて街を見てみると、京都の佐川急便のように面白い発見があったりします。
今度は岡山の街で何か探してみようと思います。

高橋

エフェソス都市遺跡群

IMG_1085トルコ西部のアジアエリアの古代都市で、トロイの木馬で有名なトロイア戦争に参戦したと伝説のあるアマゾネスが建築に関係しているともいわれ、ギリシャ文明最大の遺跡群で、大理石の建築を中心とした遺跡が広大な敷地にひしめく世界遺産です。
建築史を勉強すると必ず耳にするイオニア式オーダー(石柱の渦巻き模様の飾り)の元祖イオニア人が紀元前11世紀に築いた港湾都市です。写真の場所の名前は水辺を連想させる「ハーバーストリート」ですが、近くに水辺はなく、土砂の堆積により見渡す限りの平原に存在しています。

目玉の見所は焼失した図書館
IMG_1068最も有名な建築物は、セルスス図書館。ベルガモン図書館、アレキサンドリア図書館と並ぶギリシャの三大図書館と言われ、117年に統治者であるセルススの息子が父の墓の上に建立した図書館で、260年に火災で焼失しました。
二層組みの巨大な石造りのゲートは、精緻なレリーフのある石柱組みの立体的な造型の迫力で十分見ごたえはありました。ゲートのみ残り、少し華奢な構造物のように見えますが、複雑に構成された柱と屋根の大きさから当時の図書館の規模の大きさを感じさせます。

巨大な音楽堂とトイレ
IMG_1087この遺跡群のもう一つの目玉、オーディン(音楽堂)はとにかく巨大で、24000人の収容能力がある大劇場です。当時は木製の屋根も設置されていたそうですが、いまはその大理石の観客席がその規模を示すのみです。
その近くで印象に残ったのは、公衆トイレです。なんと紀元前に建築されたものながら「水洗式」です。音楽堂や図書館を利用する人々が同時使用する為か、かなりの人数が同時使用できます。そのトイレで回収された汚物は、下水道を通って川に放流されていたそうです。トイレとしての設計はかなりプライバシーに問題があるようですが、数千年も前ながら文化の洗練度合いに感動すら覚えます。

観光地のお約束
1062 イスラム圏らしく、タイルで装飾された大通りもが観光客の目を引きます。長年の風雨に曝されながらも、豊かな色合いが残るこの通りは、身分の高い者のみが通行を許されていたそうです。
そのほかにも、スポーツブランドの「NIKE」の語原にもなった、月桂樹の冠をもつ「ニケ」の彫刻をみて例のマークを探すというのも、世界中の旅行者に紹介されるお約束です。あの有名な弓なりのシンボルマークは、女神の持つ冠を図案化したものだそうです。

あいにくの雨模様で、石の遺跡群の彫刻やレリーフの陰影を十分堪能することは出来ませんでしたが、とにかく広大な敷地の中に点在する世界遺産におなかいっぱいになりました。

営業・設計担当 田中 賢二

 

栗林公園とは、16世紀後半、当地の豪族によって築庭されたのが始まりと言われており、

その後、1642年、初代高松藩主に引き継がれることになり、本格的な庭園となりました。

明治時代には文化財保護法により特別名勝に指定され、今ではミシュラン・グリーンガイドにおいて「わざわざ旅行する価値がある」として最高評価の三つ星に選ばれています。


  001

今回は、公園内にある(きく)月亭(げつてい)をご紹介します。

江戸時代初期に建てられた数寄屋づくりの建物で、どの方位から見ても正面にふさわしい美しさ、機能を持つことから、四方正面と呼ばれています。

 02

 

訪れた日は生憎の雨でしたが、スタッフの方は「雨の日は人が少なく、静かで、庭が綺麗に見えるから私は好きなんです。」と仰っていました。確かに空気が澄んでいて、緑が深まった6月の梅雨、日本特有の季節を感じることが出来ました。

 03

 

晴れの日の掬月亭は雨戸が仕舞われて、もっと開放的になります。

 b_img_4_2_20100208053228

(C) 香川の観光・宿泊情報サイト「かがわ宿ネット」(http://www.kagawa-yadonet.or.jp/)より引用        

雨戸は全て数箇所に設置されている戸袋に納まります。その雨戸の総数はなんと128枚!毎朝2人のスタッフで開けるそうです。

しかし、正面には戸袋が見当たりません。

正面の雨戸は、雨戸廻しという構造によって、90度回転し、戸袋へと移動します。

 amado1_01
amado2_01

正面に戸袋を設けるとせっかくの景観を邪魔してしまいます。庭を最大限に楽しむための配慮がなされている訳です。

ゆっくり御茶を飲みながら、素晴らしい眺めを堪能しました。

阿部

 

 

隊商宿
1

隊商宿(キャラバンサライ)は、「キャラバン」という商人の集団が、交易の旅の途中に立ち寄る宿泊施設です。
12世紀から13世紀にかけての統治者(スルタン)は、情報伝達や物資の調達が不便な時代に自国の経済を活性化する為、 国内の交易路(キャラヴァン・ルート)の整備を積極的に行いました。

主要な交通手段がラクダであった当時、交易路には旅する商人に対する盗賊の略奪行為が横行しており、キャラバン隊の命を守る為の中継地の宿が必要でした。要塞としての機能も求められる為か、かなり頑強な組積造の建物になっています。宿泊施設というよりは「城」のような印象の建築でした。

世界遺産建築の宝庫であるトルコにおいては、かなり地味でマイナーな建築ではありますが、当時の国家の威信をかけた建築である所以を随所に感じることが出来る観光地として内部も見学できる施設になっています。


当時の旅の過酷さを感じる建築

2平面計画としては、強固な周壁で囲まれ、周壁の内部には 矩形の中庭が広がり、回廊で囲まれています。左手のオープンなスペースは ラクダや馬などの世話をする所で、厨房やハマム(浴室)、商人の室などがあり、中庭の中央には水場もあります。すべての建物の内部は細長いスリット状の窓があるだけでとにかく暗く、写真撮影もできません。寒々しい石に囲まれた闇の中で一夜を過ごすことは、現代的な感覚の私たちには過酷なことのように思われますが、当時の旅人にとっては長旅の不安と疲労から解放されるオアシスだったことでしょう。しかし、建築の印象としては隊商が安心して宿泊することよりも、盗賊団に対する防御性本位につくられていたとしか考えられない設計でした。そんな無骨な印象の内部に対して、正面の扉口だけは精度の高い石造で、上部には見事なまでに精緻な彫刻がほどこされており、当時の石工たちの技術の高さと意気込みに感銘を受けます。


とにかく精緻で美しい彫刻郡

3クレーンや電動工具のない時代、どれほどの人員と時間をかけて建造されているのでしょうか。数百年を過ぎた今も寸分の狂いもなく擦りあわされた石組は見る者の視線をとらえて離しません。色彩こそないものの、宗教建築をも凌駕するような掘り深く、布目のように精緻に彫り込まれた石の壁面は、当時の国家の威信をかけた建築であったことを強く感じさせます。内部のとにかく簡素なつくりと対照的に、ほとんど平たい壁面のないほど石彫に飾られた門構のギャップが鮮明に印象に残っています。

地味な印象の為、他の旅行者にはあまり興味を引かなかった為か、短い滞在時間しか許されませんでしたが、仕事柄、日本の建物を彷彿とさせる見事な手仕事を目の当たりにし、機会があれば、もう一度訪れてみたい気持ちにさせる魅力有る建物のひとつになりました。

営業・設計担当 田中 賢二

1 / 212
トップへ戻る