フレキシブルに都市で暮らすスキップフロア
空の見える家 設計:田中賢二/施工:岡信紀/大工:向行政
低く美しいフォルムと、2階建構造とを両立
真新しい家々が整然と並ぶ、住宅地の一角。
その家は周囲よりも一段低く伏し、渋い土色の外壁を、石積みと植栽が清々しく彩る。
佇まいはごく控えめで、決して個性を主張するものではないのに、なぜだか周りとは違った空気をまとって見える。

55数坪の敷地は南北方向にかなり細長く、建蔽率が50%と1Fが主体の家を計画するには、一般的にやや難しい条件といえる。そこに平屋に近い一家の住居と2台以上の駐車スペース、さらにご主人の仕事の事務所を併設するというのが、このSさま邸の概要だ。
そこで設計の軸となったのが、「スキップフロア」。奥さまが友人宅(きなりの家設計)で体験し、憧れていた高低差のある空間のイメージが、さまざまな条件にうまくはまった。
敷地の南端に半地下の事務所を設け、その上の中二階をリビングとオープンにつながる子ども部屋に。
通常のスキップフロアは下階が天井高の低い物置となる場合が多いが、Sさま邸では「きなりの家」独自の基礎構造によって、下階に事務所としての充分な天井高を確保しながらも、上階を中2階の高さに抑えることができている。
スキップの一番の恩恵は、一階のリビング空間と段差はありながらもお互いに程よい距離感が生まれ、空間に広がりを持たせていることだろう。
低く抑えられた第一印象が、内部の視界の広がりをより強調する
緻密に計算された窓の設計
様々な高さの自由な視界の広がりが空間の豊かさを演出する
玄関のある北面は敷地の間口が狭く、外からはこぢんまりとした平屋のように見える。
室内は北側にはキッチンや水回りなど生活導線を集中的にまとめた。
こうしたやや閉じられた印象生活ゾーンを抜けた先には明るい光。廊下を抜けてリビングに出れば、視界は一気に開けてダイナミックな空間と緑の庭が広がる。
限られた空間にこのギャップを仕掛けるために、玄関ホールの窓などもあえて最小限の大きさに抑えられているという。

大きく吹き抜けて中2階とつながるリビングは、東一面に巨大なアクセントウォールがそびえ、迫力あるスケール感。
隣家を避けて吹き抜け上の高い位置に窓を取り、見上げれば空だけが映る。

いっぽう落ち着いた雰囲気のダイニングは、空間に対して斜めに掃き出し窓が設けられ、小さな庭を望む。
斜めになっているのは、その向きが実際の正確な真南であるというのも理由だが、それ以上の意図がある。
イレギュラーな向きに窓を設けることで、視線が隣家とぶつかることなく抜け、家の間から遠く山の緑も望むことができる。
また、角を斜めに落とすことで空間が広くなる。
そこにふわりと生まれる小さな「余白」。なんのためでもない空白の間(ま)に、豊かさが満ちる。
ゆったりとした幅広の洗面台
家電を隠せるキッチン背面収納
普段は家電製品扉を開けて使用
子供部屋下にある半地下の事務所
子育て後の暮らしを見据えた機能性
中2階はカウンターデスクのあるオープンスペースと、その奥に子ども部屋が2つ並ぶ。扉で締め切れる個室部分は必要最低限のスペースのみ。2部屋の真ん中に2段ベッドが造作され、上段はお兄ちゃん、下段は妹の部屋とそれぞれつながって互いには仕切られている。
「子どもたちも、遊びに来るお友だちも、たいていオープンスペースのほうで遊んでいますよ。お互いに目は届くけど、リビングほどは近くない、ちょうどいい距離感なんですよね」と奥さまは笑顔で話す。

実は2段ベッドは組立式になっており、子どもたちが巣立った後は解体して2部屋をつなげることができる。事務所も、今は外からしか入ることができないが、壁を撤去してリビングとつなげることも可能。また、寝室は今後の使い勝手を考え、1階の水回り近くに配置した。
「子どものいる生活は一時のもの。その先の長い暮らしにこそ目を向けて、基本的な生活空間はあらかじめコンパクトにまとめ、事務所への導線も合わせてライフスタイルに合わせて柔軟に対応できます。その他の固定された主な居住部分は、年齢に関わらず最大限効率的な住まい方が出来るように配慮しています」と建築士は話す。
リビングから程よく離れた中二階のオープンスペースは大人も心地よい
心地よさの裏にある細やかな配慮
室内を最大限に楽しむ為の大容量の収納を壁面にさりげなく設計
「なにもわからない私たちに、建築士さんは設計のひとつひとつ、なぜこのようにしているか、ここにどんな意味があるか、ということを丁寧に説明してくださいました」とご夫婦。
こうしたイメージはVR技術によっても事前に確認できたそうだが、「実際に住んでみて、ますますなるほどと思うことばかりです」と言う。

その場に立ってみると、ふと視線を向けた先にちょうど空だけが見える窓があり、手を伸ばせばちょうどそこにモノの置き場所がある。
なにげないその「心地よさ」は、作り手の深く細やかな配慮によって生み出されているものであり、これこそが住まいの質。
穏やかな光のあたる食卓で、奥さまは「家が大好き。家にいる間じゅう、ずっといいなあと思っているんですよ」と満ち足りた笑顔を見せていた。

(取材担当ライター:吉田)
玄関は収納を見せない設計
南向きの開口部が豊かな余白を生む
再利用できる作り付けの二段ベッド
寝室はしっとりとした落着きを設計
トップへ戻る