ブログ

今週は、地鎮祭に参加させていただきました。

地鎮祭、祭壇の写真

地鎮祭とは建築工事に先立って、土地の神にお祈りし、土地を清めて工事の無事や、安全を祈願する祭りです。
また、建物、ご家族の繁栄を祈る儀式でもあります。

最近では地鎮祭を行わないこともあるようですが、家を建てるにあたって、最初のイベントになります。
ひとつの節目としても行うべきだと思います。

地鎮祭後には、計画建物の配置と、敷地レベルの確認を行いました。
建物全体の高さにも影響するところですので、慎重に行います。

これから、地盤改良工事、基礎工事、そして、棟上と工程は進んでいきます。
無事に、そして、わくわくするような家づくりに励んでいきます。

高齢者が浴室で体調を崩すことが多いと聞き、高齢の母の為に浴室暖房を見に行きました。
 
なんと暖房だけではなく、乾燥機能とミストサウナがついているタイプがあるとのこと。
 
値段は少し高価でしたが、母は冷たい空気に触れることなく湯船につかることができ、

子供達ミストサウナに大興奮、私は雨の日でも洗濯物を乾かすことができるので

とっても重宝してます。

写真[4]

ちなみに「き」なりの家のコンセプトハウスの浴室はこんな感じです。

写真[3]

なんと浴室にも床暖房がついています。

ぜひお越しの際には浴室の床暖房も体感してみて下さい。

1週間ぶりの投稿でございます。

私が初めて担当させて頂きました
お客様のお引渡し。

入社して1年が経とうとしております。

入社してすぐお打合せへ参加させて頂いた
あの緊張した日を
つい最近のことのように思います。

ご自宅へお打合せにお伺いし、
夕食を頂く日も・・

本当に美味しかったです。旦那様は幸せ者です。

そんな仲の良いご夫婦を見ていると、
私も自然と笑顔込み上げてきました。

時には、お打合せ中のご夫婦の喧嘩も多々。
本気でお家の計画に真剣になって頂いている証拠。

なんだかんだ、次にお会いする日には
何も無かったかのように仲良し。

私も結婚したらそんな夫婦になりたいと感じ、約1年。

とうとうお引渡しの日がやってまいりました。

140310_2037

お引渡しが夜だったこともあり、断熱ブラインドで
しっかり閉めておりますが。
昼間は、近くの山の景色は絶景。

景色や明かりを取り入れる、窓の位置にこだわるのも
きなり流です。
このお家は2Fにお風呂を設けています。
1Fで夕食を食べ、後2Fでお風呂。疲れを癒し、暖まった体のまま
主寝室。素敵な動線です。

また将来は1Fの和室部分へお風呂を設置(リフォーム)予定。
全て1Fで、生活できる計画。
きなりは、将来の住まいの快適さも追求しています。

キッチン前のダイニングにて皆さんで新しいお家での初めての飲食。
ありがとうございます、ご馳走様でした。

床に直接座ったものの、ひんやりさは感じさせません。
蓄熱式床暖房の大活躍。

ヒーターやストーブとは違い、お家全体を寒くない空間へ
変身させます。玄関とリビングも区切りません。
なぜって、玄関のタイル部分も床暖房なのですから。

入社して初めてお伺いしたお家で実感したあの衝撃を
私が担当させて頂いたこのS様邸でも味わわせて頂きました。

そして・・・

旦那様のお言葉を頂いた後の乾杯。

私は目も心も熱くなりました。

そして、バレンタインに揃えたキーケースへの仲間入り。

140310_2042

鍵、無くさないで下さいね(^^

ずっとお互いを大切に、そしてお家と鍵を大切に。

本当にありがとうございました。
そしてこれからも、宜しくお願い致します。

2014.03.10

 

 

 

3月2日I様邸上棟しました。

P1000001

数日前から天気予報は降水確率30~40%。

当日の午前中はなんとかお天気が持ちましたが、午後からは小雨となりました。

しかし、この日を逃すと、建築吉日と週末が合致するのが2週間後。

平日に上棟することも可能でしたが、お客様はお仕事の都合上ご参加いただけなくなってしまいます。

雨もなんとか小雨以上には降らず、段取りの良い大工さん、レッカーさん、現場監督のおかげで事故もなく、無事上棟することができました。

これからどんどんおうちが出来上がってゆくのを、お客様同様私たちスタッフも楽しみにしております。

トップへ戻る