ブログ

大変勝手ながら、2016年8月13日(土)~8月17日(水)までを
夏季休暇とさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

8月18日より通常通り営業しております。

きなりでお家を建てたお客様のなかにはいろんな職業の方がおられます。
その中でも私が最近よくお世話になっている方がいます。
奥様が料理教室の先生でもあるI様です。
その料理教室に通っているのです。
すばらしい眺めとセンスのいい小物、素敵な料理で毎回とても有意義な時間を過ごさせて頂いています。
「キッチンの前に小窓がほしくて最後までお願いしたんだけど構造の問題で無理で・・・。
でも、この南と東の窓だけはどうしても欲しかった」と奥様。


ブログ窓


一年を通していろんな表情をみせてくれそうなI様邸です。
ブログ弁当

 

 料理教室の今回のテーマはお弁ブログデザート当でした。 

 

                                                                                         

 あと食後に先生がデザートを作っておいて下さいました。

毎回いろんなテーマを考えて下さり、簡単でおいしくできる工夫をたくさん教えて下さいます。

生徒さん達も何年も前から通っている方が多く、先生の人望の厚さが伺えます。

前回は料理関係の仕事を希望している長女と参加したのですが、先生との話しがとても興味深かったらしく、「わが家の出汁の取り方を変えよう」と言われてしまいました。

誰に対しても優しく、いつも穏やかで、まだまだ勉強中という常に前向きな姿勢はほんとに尊敬します。

お客様とこんな風にお付き合いができるとは思ってもいなかったので、この出会いをこれからも大切にしていきたいです。
                                                      近藤

 

 牛窓のマルシェに行ったとき、素敵なかごを見つけました。

最近家族で過ごす時間といえば、岡山で行われているイベントに行き、
休日を楽しむのが恒例となっている我が家ですが、
そこで見つけたのが、ブルキナバスケットです。

ブルキナバスケットとは、 アフリカで作られており、
水草の丈夫な茎で、一つ一つ細かく編まれています、
湿気にもつよいので、水廻りでも気軽につかえます。
また、取っ手には皮が巻かれており、
ループがあるタイプのものは、フックにかけておけるようです。

大きさもデザインもいろいろあり、
ナチュラルな素材のカラーもあれば、カラフルで鮮やかな色使いのバスケットもあり、
色のステキさに目が奪われました。

 さてどのバスケットにしようかと、迷いながらも2つを選び我が家に帰りました。

 1つは両手もちのタイプです。

普段はリビングにおき収納用として、小物や衣類をいれたり、
少し大きめなのでお洗濯ものを取り込む時にも使っています。
また、散らかっているおもちゃなどをポイポイとしまえて、とても便利です。

冬はブランケットなどを入れておこうかと思っています。
他にも野菜の収穫にもつかえそうで、とても収納力抜群のバスケットです!

もう1つは持ち手が一本になっているタイプです。お弁当などいれてお出かけもしました。

天然素材のものなので、たまには天日干ししたり、網目のホコリをとったり、メンテナンスしながら大切に使っていきたいなぁと。

置いてあるだけで部屋のインテリアにもなり、収納にもつかえ実用的。
一点一点同じデザインの物がない魅力的なバスケットです。

                                       逸見

暑い日が続いていますね… 。

みなさま、体調はいかがでしょうか?

私も夏バテが気になります。

私は現場に足を運んだり、はたまた事務所でパソコンとにらめっこしたりと忙しい日々をすごしています。

そこは事務所No.1の若さで元気に乗り切りたいと思います!

 

さて、先日のお休みを利用して以前から気になっていたインテリアショップへ行き、家具を見学してきました。

個性的な家具、照明の数々…

とってもワクワクしながら見学させて頂きました。

ブログ3  ブログ1ブログ2


落ち着いた家具に個性的な照明を合わせれば、

随分雰囲気も変わります。

照明を実用的な用途としてではなく、インテリアの兼ねたアクセントとして

使用するとお部屋の雰囲気がグッと素敵になりますね!

 

 

色んな事を考えながら、「あっ!」という間に見終わってしまいました。
私も素敵なインテリアに囲まれたお家に住みたいです。
しかし、いつになることやら…

お客様との会話の中で家具の話題になる事も多いので、求められている理想を形として提供出来るように私も知識を深めていきたいと思います。

夢を膨らませながら、今日も仕事に励みます!

営業設計担当・土井 美香

 

 
訪れた先で、思わずパシャリと撮ったのは
大鬼蓮(オオオニハス)でスイレン科の植物で水生多年草、
成長すると葉は直径2メートルに及ぶ盆状になり、
子供が葉の上に乗ることができるぐらいになるそうです。
 
おおきくてまるい葉っぱは、水辺のうえで気持よく揺らいでました。
願わくば、葉っぱの上に寝そべってみたいものです。
 
 
 
。。。ほんと、暑くなってきましたね。
 
まだ梅雨なのか、まとわりつく湿気と茹だるようなこの暑さのせいで
普段の生活はエアコンに頼りがちの時期ではないでしょうか?
部屋にこもりがちで、屋外環境の声が聞こえてこないこともあるのでは?
そんな時、室内の窓に広がる草花を眺めることで心安らぐことがあります。
 
住まいの役割はのひとつに、自然から身を守ることも必要ですが、
時には開いて、時に歩み寄って、
住まいを通じて、自然の恩恵に身を預けたいものです。
 
暑いすぎるおかげで
自然と対話ができる住まいづくり
そんなキーワードが思い浮かびました。
 
 
  
亀谷
トップへ戻る