ブログ

 
先日、業者さんでもありお施主様でもあるKさんの自宅の完成披露パーティに行ってきました。

  建築中から新居がとても楽しみで、とにかく完成が待ち遠しかった様子のKさん。
                                                                              
img_10031  ←深い緑が印象的な外観

どこにいても家族の気配を感じられる素敵な空間がとてもお気に入りの様子です。

 img_09871    img_10191   ←具だくさんのお雑煮!!                                  みんなでもちつきをしました!!                                                                  

初対面にもかかわらずみんなでわきあいあいとおもちを丸めました!!!

 

 img_10351        img_10761←おそるおそる近ずく

あとKさんの友人が新築を祝って獅子舞を踊ってくださいました

獅子舞にかまれた子供は健康になるとのことで頑張って近寄るものの、
あまりのリアルな動きに泣いて帰ってくる子供もいてとても微笑ましかったです。

Kさんが最後の挨拶の時に

「ほんとに満足のいくわが家ができました。」

としみじみ言われていたのがとても印象的でした。

きなりの業者さんとしても付き合いの多いKさんに

「家を建てるならきなりで!!」

と言って頂けたのも最高に嬉しいことですが、

完成してからもこんなに喜んでいただけてほんとに感無量です。

またみんなでお邪魔させて頂きます!!

 

                                   近藤

最近「パクチー」が話題になっていますね。
先日テレビでも岡山産のパクチーの特集が放送されていました。

 
パクチーは香りの強い香草で、
タイ語で「パクチー」、別名英語では、「コリアンダー」といいます。
中国語では「シャンツァイ」と呼ばれています。
独特な香りなので苦手な人も多いですが。
好きな人はほんとすきですよね。

 そんなパクチーですが調べていくと、実は栄養が豊富で、健康・美容効果のあるビタミン類もふくまれており。デトックス効果やアンチエイジング効果もあるようです。

体に良いことがたくさん書いてあり、気になっていたところ
先日パクチーのイベントが近くの神社でありましたので、子供たちを連れて遊びにいってきました。

「パクチー奉納祭」
パクチーを奉納し、またパクチーを使った料理を提供する飲食店の出店や、宝探しゲームなどを楽しめるイベントでした。

 たくさんの参加者で、売り切れる飲食ブースもありましたが、
タコライス、くろとりめし,サラダやカレー、トムヤンクンをいただきました。
どれもトッピングのパクチーが山盛りです。

                       1 3 2

 

子供たちはやはり匂いが苦手のようでしたが、私はおいしくいただきました。
岡山産のパクチーは、香りが控えめで、味が甘めに食べやすく作られているようで、
根っこもきんぴらや、刻んでドレッシングにも使えるようです。

 自宅用にも購入し、
茹で鳥の香味ソースにパクチーを添えたり、
生春巻きや、フォーに入れたりと、パクチー料理をつくりました。
                               
4 5

 様々な効果がある「パクチー」を料理にくわえてみませんか。
                                   
                                   逸見

去年、中古住宅を購入した知人家族がリフォームを終え、新居へ引越しをしました。
外構はどうしても自分達の手でしたいということで、玄関アプローチと庭を自分達でDIYすることになりました。
そのDIYに私も参加させてもらっています。

まずは、玄関アプローチです。何もないところからスタートするため、ホームセンターへ通い、
煉瓦や砂利、土、ブロック等の材料選びから始まりました。数年間、空き家だったため雑草が沢山生え、
草枯らしを蒔いて雑草除去をし、真砂土を入れました。そこへ、グランドカバーとしてクローバーを植えました。
クローバーは、土壌を回復する力があり、生命力も強くかわいい花の咲く植物です。
このクローバーは、時間が経つにつれて地面全体へ広がっていくので、他の雑草が生えにくくなります。

image1image2image3

玄関門扉脇のコンクリートブロックだった塀を、白いジョリパットで塗装して、明るくしました。
玄関門扉前には囲いをつくり、玉砂利を敷いて、季節ごとのオブジェを飾れるスペースとなっています。
今は、クリスマスのオブジェが飾られていて、訪れる人を楽しませてくれます。

image4

続いて、庭です。


庭も玄関アプローチ同様、土壌づくりから始めました。

image5

庭の一部には家庭菜園の畑をつくりました。
ほうれん草・ブロッコリー・水菜・レタス等さまざまな野菜を植えています。
収穫が楽しみです。

 

image6

子供達が遊べるスペースを設け、中央には砂場を作っています。
ご主人は、可愛い子供達が穴を掘ったり、山を作ったりして、
楽しく遊ぶ姿を想像しながら頑張ったそうです。
この隣には、煉瓦で囲い、砂利を敷き詰めて、
夏にはバーベキューやプール遊びができるようにしました。

image7また、ベンチも作りました。
このベンチは、穴あきブロックを好きな色で塗装し、
防腐加工した杉の角材をブロック穴へはめ込むだけなので、
とても簡単に作れます。ウッドデッキ用の木なので、
大人が座っても壊れず頑丈です。
休日の朝、ここに座ってコーヒーを飲んだり、
バーベキューの時にはテーブルを出して食卓にもなります。
見方を変えれば子供の平均台にも早変わり!
万能なベンチが完成しました。

庭の南側のレンガで縁どりされたスペースには、ブルーベリーの木とオリーブの木を植えました。
オリーブの木は、2人目の子供の出生祝いで市から記念樹として頂いたものです。
お子さんの成長と共に、すくすく元気に育ってほしいと思います。

 image9image8

「素人なので壁にぶつかることもありますが、それもまたDIYならではの醍醐味ですね。
試行錯誤して、完成したときの達成感は別格だ」と知人が言っていました。
これからも、休みの日を使ってDIYに参加したいと思います。
完成したら皆でバーベキューをする予定なので今から楽しみにしています。

営業・設計課    土井 美香

 

ようやく寒くなってきました。
待ちに待った薪ストーブシーズンの到来です!

実は、、、薪ストーブに興味あるのだけど、手入れが大変じゃないの?
という方の参考になればと思い、夏に行なった薪ストーブメンテナンスの様子をご紹介します。

いつもお世話になっている、薪ストーブ専門店 ヒッコリー・ウッドストーブワークスさん
(略称ヒッコリー)では、薪ストーブを購入さた方には、初回メンテナンスは無料です。
この度ヒッコリーの清家さんから、次回から自分自身で掃除が出来るようにと、
詳しく解説、ご指導受けながら、作業を進めていただきました。 

 


20161106-01

まず最初に、薪ストーブ周囲を汚さないためにに養生を行う。
薪ストーブ本体室内の煙突を取り外す。
そして、屋根につながる煙突下部にナイロン袋を取り付ける。
外した室内煙突は、屋外に運びワイヤブラシで煤を取り除く。


20161106-02

屋根に登り、煙突先端部品を外し、煙突にワイヤーブラシを入れて煤を掻き落とす。
※写真は先端部分の掃除をしている最中で、背中に担いでいるものがワイヤーブラシです。

20161106-04

室内に戻るとナイロン袋にはたくさんの煤が・・・・
意外と溜まっていいるので少しびっくりです。
煤の状態がさらさらだと、乾燥したよい薪で燃やして証拠だとのこと。なるほど!

20161106-05

その後、本体内部の清掃です。内部部品とひとつずつ丁寧に取外し、小さなブラシで煤を取り除く。
大きな容器や、専用掃除機まで用意して周囲を汚さないように注意しながら作業を進めていきます。

20161106-08

最後に、再び室内煙突も取付てメンテナンス完了!
約1~2時間ぐらいの作業です。

ヒッコリーさんでは、やっぱり掃除は大変という方のために、
有料でメンテナンス代行もしてますのでご安心ください。
その他、わからないことがあれば、いつでも気軽に、相談に乗ってもらえますので
頼もしい限りです。

さあ、炎のある生活を過ごしてみませんか?

また
きなりの家コンセプトハウスでも床暖房や、薪ストーブも体感して頂けます。
是非一度お越しください。心地いいですよ。

亀谷

今ご覧頂いているWEBページ「kinarinoie.com」は、3代目になります。

きなりの家が1998年に建造された当時は、インターネットの普及が始まって間もない時期、企業の告知は、まだまだ新聞、雑誌の紙媒体が主流でした。

今では考えられないことですが、インターネットに関しての認識はまだまだ低く、「なにやら調べ物をするのに便利である」ということは衆知されてはいましたが、新しい媒体を持て余していたのか、WEBページを企業名と地図物があるページを取りあえず公開しておけば「進歩的な企業」の仲間入りできる時代でした。 

当時、時代の住宅業界のトレンドは、「自然素材」。工業化住宅の揮発性有機化合物の問題点が話題となり、そのアンチテーゼとして木造が見直され、自然回帰の波が住宅業界を席巻しました。

「自然素材=健康的な住宅」であるというような、とにかく木を室内外に見せておけば満足するような風潮のなか、我々の目指したものは。 

・人と自然と一体に暮らすことの豊かさの提案

・自然のエネルギーを利用した快適さを得る取り組み

・室内環境やエネルギー消費の改善

・ライフサイクルアセスメント

 そんなテーマを具現化し、新たな住宅のあるべき姿のモデルとして、コンセプトハウス「き」なりの家は誕生しました。

 その取り組みが評価され、環境エネルギー賞を受賞した関係で、雑誌などでも取り上げて頂くことも多くなる中、「き」なりの家の思想を発信する場としてWEBページを製作することになりました。

kinarinoie.com 最初のWEBページkako1

多様な実験的要素と、実践的な提案を出来るだけ正確に伝えるために、当時は100ページ以上に渡る内容量を、PCに格闘しながらすべて内部の手作業でページを作製するのに1年以上の製作期間を要し、公開に至ったのが2001年の春頃になります。当時はWEBの情報伝達をスムーズにしていくノウハウがなく、しかも通信速度が低かった時代、伝えやすい情報とそうでないものの取捨選択ができておらず、ご覧頂いた方は、さぞ閲覧しにくいものではなかったかと思います。

インターネット通信速度が劇的に改善 kako2

2008年頃になると、世のインターネット環境は大きく進化し、通信速度が飛躍的に改善していました。現在の状況と比べると、まだまだ通信速度は見劣りするものですが、動画の投稿サイトも誕生するようになり、企業のWEBページは、大きな画像や動画や革新的な仕掛けで、ビジュアル的に新しい表現が出来る時代になっていました。そんな世の中の要求に対応するべく、私たちも大きくWEBページをリニューアルすることになりました。大きな画像とフラッシュ動画を用いて、新たなビジュアルのページになり、文章や記事の掲載量も洗練され、以前よりは見やすく、分かりやすいページにすることが出来たと思います。

モバイルがインターネットの主役に

2014 年頃になるとさらにインターネット環境は激変します。「スマートフォン」の登場です。
近年においてはWEB の閲覧の主役は、PC からモバイルに取って変わりました。特にキー
ワード検索においては、まず、移動時間や休憩時間の思い立った時間に検索をかけ、気に
なるものをPC にてじっくりと閲覧する方が多くなっているようです。
その状況に対応すべく、先進的なシステムを盛り込み、PC やスマホのすべてのキャリアに
最適化したデザインに切り替わるように生まれ変わったのが今現在のkinarinoie.com です。そして、そのシステムのおかげで更新操作が簡便になり、情報の更新頻度を格段に上げることも出来るようになりました。

WEB を取り巻く環境は変化し、住宅を取り巻く環境もここ十数年で変化してきました。

しかし、きなりの家が20 年近くを経ても変わらずあるように、私たちの発信する思想その
ものは、大きく変化をしてはいません。
創建当時の思想が先進的であったと同時に、普遍的な価値のある住宅を創造することこそが我々の目指す理想像であるからです。
まだまだ発展途上のページで、これから磨きをかけるべき点も多々ありますが、
今後ともkinarinoie.com をどうぞよろしくお願いいたします。

営業設計担当 田中賢二

1 / 812345...最後 »
トップへ戻る