ブログ

住宅建築の際に気になるお金の話。

H30年9月のフラット35Sの最低金利は1.39%です。(借入期間35年、9割融資、団体信用生命保険付き)
先月、先々月の金利は1.34%ですので、9月は微増(+0.05%)しました。
以前のブログで検討した時は1.48%(団体信用生命保険無し)でしたので、そのころと比較しても、まだまだ低金利の恩恵を受けられる時期と言えます。
そのメリットとはいかほどか。

たとえば、
・H30年9月の金利1.39%
・借入額3000万円
・35年間の全期間固定(ボーナス払い無・元利均等返済)で返した場合、

月々の支払い:¥90,247-
35年の総支払額:¥37,903,704-
となります。

では約5年前のH25年7月の2.05%の金利と比較してみた場合どの程度差が出るか。
・H25年7月の金利2.05%
・借入額3000万円
・35年間の全期間固定(ボーナス払い無・元利均等返済)で返した場合、

月々の支払い:¥100,150-
35年の総支払額:¥42,062,898-
となります。

月々の支払い額の差は約1万円
総支払額の差は400万円以上となります。
金利差0.66%でこれだけの違いが出ます。

ここしばらく金利は低い水準で推移しています。
しかし、最近10年もの国債の金利が上昇しました。
住宅ローンの金利は上記と連動しています。
すでに発表された一部大手銀行の10月の住宅ローンの金利では多くの銀行が変動金利は据え置き、10年固定は微増となりました。

以前ニュースなどで話題になった日銀の「マイナス金利政策」でしたが、H28年8月の35年固定0.9%(単体信用生命保険含まず)を最低金利として、じわじわと上昇の傾向が見られます。

また、たとえば最近トレンドである消費税増税を見てみるとどうでしょうか。
8%から10%へ上がった時、3000万円(税別)の家を建てた場合の消費税額は

8%の時:240万円
10%の時:300万円
この差 60万円 です。

当然、この差も大きいですが、それよりも金利上昇による返済総額の方がはるかに大きい額となります。
2.05%となったのがH25年ですので、決して遠い過去ではありません。

家を計画するタイミングは皆様それぞれあると思いますが、金利動向というものもタイミングを検討する一つの条件になるのではないでしょうか。
今建築を予定されている方は、上記のようにまだまだ低金利の恩恵を受けることができます。
賢く借りて、賢く返すことで総返済額に大きな差が出てきます。

きなりの家ではこのような住宅ローンの相談にも応じております。
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

高橋

参考URL(フラット35S金利推移):https://www.flat35.com/kinri/kinri_suii.html

*お知らせ*

9月3日(月)~9月15日(土)

きなりの家コンセプトハウス駐車場前面道路の下水道工事に伴い、上記期間中コンセプトハウス駐車場の利用ができなくなります。
つきましては、お車でお越しの場合下記のように迂回いただき、建物東側の駐車場へ駐車いただきますようお願いいたします。
わかりにくい場合は、現地にガードマンがおりますので案内に従っていただきますようお願いいたします。
ご来場の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

下水道工事による迂回路および駐車場

2018/9/3-9/8 下水道工事による迂回路および駐車場

スタッフ一同

あけましておめでとうございます。
年末年始は温かい日が続きましたが、昨日はぐっと冷え込みましたね。

きなりの家コンセプトハウスでは11月から床暖房を入れております。
普段の暖房は床暖房だけで十分ですが、寒い日は薪ストーブをつけております。

弊社のお客様の中にも薪ストーブをご採用いただく方がいらっしゃいます。
薪ストーブの魅力はやはり「炎の揺らめき」「あたたかさ」これにつきます。
ご採用いただきましたお客様からも「家族が薪ストーブの前に自然に集まる」ということをお聞きします。

薪ストーブって火をつけるのが難しそうだな、と思っている方もいらっしゃるかと思います。
かく言う私も実際に使うまではそうでした。
火をつけるのは意外と簡単です。
細めの薪と、着火剤、新聞紙があれば点きます。
img_5439_r
ストーブの炉の中の小さな白い個体が着火剤です。
(着火剤もいろいろな種類があり、インターネットでも売っております)
最初は空気量の調整にコツが必要です。

煙突が温まるまでは空気を多めに入れます。
煙突が温まると勝手に空気を引き込むようになるので、火が強くなりすぎます。
炎の勢いは空気ダンパーの開き具合で調整します。
ダンパーを占めると空気量が少なくなり火の勢いは小さくなります。
火が落ち着いてきたら、新たに薪を追加投入します。

文章で書いても5行で終わりますね!

個人的には夜の薪ストーブがお勧めです。
お客様に夜のコンセプトハウスをご覧いただける機会がなかなかないので、今日は写真で少しご紹介します。
052_r
日が暮れてくると炎の灯りをより感じるからでしょうか。
時間がゆっくり進んでいるような、落ち着き感を演出してくれます。

054_r
照明を落として炎の灯りを楽しんでみるのも良いですね。
ソファでおいしいコーヒーが飲みたくなります。

きなりの家コンセプトハウスでは毎週末(暖かい日は除く)薪ストーブを点けております。
(点いていない場合、ご希望の方はスタッフへお伝えください。)
薪ストーブのご採用をお考えの方も、そうでない方も実際に火が入っているのを見られるのは冬の期間だけです。
ぜひお越しください。

高橋

6月から8月の間に3件のお家に取材に行ってまいりました。

6月25日
岡山市 N様邸
N様邸は2013年にお引渡ししたお家です。
お引渡しから3年、床の杉もいい色にやけています。
取材させていただくということで、お伺いする前にご家族で床のワックスを塗りなおされたのだそうです。
ありがとうございます!

160626-1


160626-151814_R


青々と茂る庭の芝と風に揺れるハンモックは理想のくつろぎ空間です。
N様のご主人、これからウッドデッキを作る予定だそうです。

160626-3


お引渡し後に建てられたガレージは、所さんの世田谷ベースのようになっておりました!
家づくりはまだまだ終わりませんね^^


7月25日
倉敷市 E様邸

今年の5月にお引渡しいたしましたE様邸です。
160725-112308_R


東京から移住して来られたE様ですが、お引越しから3か月がたち家具も荷物も納まってだいぶ落ち着かれたご様子でした。
一緒に引っ越してきた猫ちゃんもだいぶ慣れた様子で私たちも一安心しました^^

梅雨も明けて、連日晴れていたのにこの日は曇り。
晴れていれば2階からは瀬戸大橋が見えるはずでした。
160725-104108_R

160725-103551_R




夜になるとバルコニーからはライトアップされた瀬戸大橋が見えるのだそうです。
狙い通り!
ただ、山際なので虫は避けられません(==;)

お庭には家庭菜園もつくり、お伺いしたときにはトマトとゴーヤが大きく実っていました。
これからもゴルフに釣りに畑と忙しい毎日が続きそうですね。

8月20日
玉野市 T様邸
こちらは今年の2月に見学会をさせていただいたお家です。
ご結婚と同時にお家を計画されていたT様。
4月の桜の時期にお伺いしたのですが、この時はまだ引っ越し最中で一緒にお住まいではありませんでした。

今は家具も家電もそろい、おふたりの生活が見えました。
以前はなかったソファも鎮座しております。

IMG_6535-1_R


撮影の様子。

石貼りの壁にはご夫婦お二人で選ばれた時計が飾られ、存在感を放っています。
IMG_6521_R


ダイニングテーブルには奥様が生けられたフラワーアレンジが飾られております。
部屋の中に緑があると、空間がすごく豊かになりますね。

多趣味なT様のご主人は将棋6段をお持ち(お打合せの時には、尺八と釣り、絵を描くことしか聞き及んでいなかったのですが)。
夜になると奥様と将棋を指すこともあるそうです。

撮影では将棋だけでなく、楽しそうに暮らされているご様子をうかがうことができました。

IMG_6548_R


お引渡しの時には青々としていた「杉玉」もすっかり良い色になりました。
直径60cm位ありますでしょうか。
堂々とした風格が漂っております。

これらのお宅は随時ホームページにもアップしていきます。
楽しみにお待ちください。

高橋

きなりでお家を建てたお客様のなかにはいろんな職業の方がおられます。
その中でも私が最近よくお世話になっている方がいます。
奥様が料理教室の先生でもあるI様です。
その料理教室に通っているのです。
すばらしい眺めとセンスのいい小物、素敵な料理で毎回とても有意義な時間を過ごさせて頂いています。
「キッチンの前に小窓がほしくて最後までお願いしたんだけど構造の問題で無理で・・・。
でも、この南と東の窓だけはどうしても欲しかった」と奥様。


ブログ窓


一年を通していろんな表情をみせてくれそうなI様邸です。
ブログ弁当

 

 料理教室の今回のテーマはお弁ブログデザート当でした。 

 

                                                                                         

 あと食後に先生がデザートを作っておいて下さいました。

毎回いろんなテーマを考えて下さり、簡単でおいしくできる工夫をたくさん教えて下さいます。

生徒さん達も何年も前から通っている方が多く、先生の人望の厚さが伺えます。

前回は料理関係の仕事を希望している長女と参加したのですが、先生との話しがとても興味深かったらしく、「わが家の出汁の取り方を変えよう」と言われてしまいました。

誰に対しても優しく、いつも穏やかで、まだまだ勉強中という常に前向きな姿勢はほんとに尊敬します。

お客様とこんな風にお付き合いができるとは思ってもいなかったので、この出会いをこれからも大切にしていきたいです。
                                                      近藤

 

1 / 3123
トップへ戻る