ブログ

初めましてきなりの家の小野と申します。
この度、アフターメンテナンス担当で入社させていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

私事で恐縮なのですが
私がきなりの家に携わらせていただく事になったきっかけは
今から20年くらい前に遡ります。

 

私は今まで25年間大工の仕事をさせていただいていました。
とは言いましても、きなりの家の大工として働いていたのでは無く、
カナダ人と2×4工法のフレーマーから始まり、他にもログハウスや
マンションの造作大工、在来工法、リフォーム工事等様々な建築に携わってきました。

 

しかしながら時代は不況の真っただ中、すべて順風満帆に来た訳でもなく、

特に独立してからはすぐは仕事が途切れて方々に名刺を持って営業に行くことも少なくなく、

その場で名刺を突き返されてほとんど相手にさえしてもらえませんでした。

 

そんな中、きなりの家(当時の岡山工務店)に清水さんという大工さんがいらっしゃって、
二つ返事で「今度建前があるから来たらいいよ!他で色々やってる大工には

うちだけしかやっていない大工には持ってない良い物もあると思うから、お互い勉強になるしね。」
そう言ってもらえた事がとても嬉しく有難かった事を、その後も忘れることができませんでした。

 

少しむずかしい話かもしれませんが
仏教には「因縁生起」(いんねんしょうき)という言葉があるそうです。
どんな結果にも必ず因と縁があり、因と縁が揃ってはじめて結果が生じる。(縁起)

 

また「善因善果」「悪因悪果」という言葉もあり
良い行いをすれば良い運命に
悪い行いをすれば悪い運命になるのだそうです。

 

私の生まれ故郷は福岡の田舎なんですが
自分が大人になって曽祖父が木材の製材の仕事をしていたことや、
離別した父親が大工だったことを知りました。

 

勝手な解釈かもしれませんが、何かそこに「縁」というものを感じずにはいられません。
残念ながら清水さんにもう一度お会いすることは叶いませんでしたが
今後、自分の仕事で何か恩返しできればと思っています。

 

曽祖父の曳いた梁(福岡の母親の実家)

実家の敷地内に小川が流れています。

敷地内に小川が流れています。きなりの家の敷地内にいると懐かしい気持ちになります。

大きな梁が自慢の家でした。

 

新年、明けましておめでとうございます。

平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

 

本年も、スタッフ一同皆様に安心・安全な住まいの提供を心掛けて参ります。
変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い致します。

 

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

きなりの家株式会社 社員一同

 

 

 

 

また、下記日程にて新コンセプトハウスのオープンイベントを開催致します。

是非お越し下さい。

 

2020年1月11日(土)~13日(月)

10:00~17:00

新「き」なりの家 コンセプトハウス  

 

詳しくはイベント・広報をご確認下さい。

 

 

 

新コンセプトハウス ~キッチンから庭園を眺める~

 

 

住宅建築の際に気になるお金の話。

H30年9月のフラット35Sの最低金利は1.39%です。(借入期間35年、9割融資、団体信用生命保険付き)
先月、先々月の金利は1.34%ですので、9月は微増(+0.05%)しました。
以前のブログで検討した時は1.48%(団体信用生命保険無し)でしたので、そのころと比較しても、まだまだ低金利の恩恵を受けられる時期と言えます。
そのメリットとはいかほどか。

たとえば、
・H30年9月の金利1.39%
・借入額3000万円
・35年間の全期間固定(ボーナス払い無・元利均等返済)で返した場合、

月々の支払い:¥90,247-
35年の総支払額:¥37,903,704-
となります。

では約5年前のH25年7月の2.05%の金利と比較してみた場合どの程度差が出るか。
・H25年7月の金利2.05%
・借入額3000万円
・35年間の全期間固定(ボーナス払い無・元利均等返済)で返した場合、

月々の支払い:¥100,150-
35年の総支払額:¥42,062,898-
となります。

月々の支払い額の差は約1万円
総支払額の差は400万円以上となります。
金利差0.66%でこれだけの違いが出ます。

ここしばらく金利は低い水準で推移しています。
しかし、最近10年もの国債の金利が上昇しました。
住宅ローンの金利は上記と連動しています。
すでに発表された一部大手銀行の10月の住宅ローンの金利では多くの銀行が変動金利は据え置き、10年固定は微増となりました。

以前ニュースなどで話題になった日銀の「マイナス金利政策」でしたが、H28年8月の35年固定0.9%(単体信用生命保険含まず)を最低金利として、じわじわと上昇の傾向が見られます。

また、たとえば最近トレンドである消費税増税を見てみるとどうでしょうか。
8%から10%へ上がった時、3000万円(税別)の家を建てた場合の消費税額は

8%の時:240万円
10%の時:300万円
この差 60万円 です。

当然、この差も大きいですが、それよりも金利上昇による返済総額の方がはるかに大きい額となります。
2.05%となったのがH25年ですので、決して遠い過去ではありません。

家を計画するタイミングは皆様それぞれあると思いますが、金利動向というものもタイミングを検討する一つの条件になるのではないでしょうか。
今建築を予定されている方は、上記のようにまだまだ低金利の恩恵を受けることができます。
賢く借りて、賢く返すことで総返済額に大きな差が出てきます。

きなりの家ではこのような住宅ローンの相談にも応じております。
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

高橋

参考URL(フラット35S金利推移):https://www.flat35.com/kinri/kinri_suii.html

*お知らせ*

9月3日(月)~9月15日(土)

きなりの家コンセプトハウス駐車場前面道路の下水道工事に伴い、上記期間中コンセプトハウス駐車場の利用ができなくなります。
つきましては、お車でお越しの場合下記のように迂回いただき、建物東側の駐車場へ駐車いただきますようお願いいたします。
わかりにくい場合は、現地にガードマンがおりますので案内に従っていただきますようお願いいたします。
ご来場の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

下水道工事による迂回路および駐車場

2018/9/3-9/8 下水道工事による迂回路および駐車場

スタッフ一同

あけましておめでとうございます。
年末年始は温かい日が続きましたが、昨日はぐっと冷え込みましたね。

きなりの家コンセプトハウスでは11月から床暖房を入れております。
普段の暖房は床暖房だけで十分ですが、寒い日は薪ストーブをつけております。

弊社のお客様の中にも薪ストーブをご採用いただく方がいらっしゃいます。
薪ストーブの魅力はやはり「炎の揺らめき」「あたたかさ」これにつきます。
ご採用いただきましたお客様からも「家族が薪ストーブの前に自然に集まる」ということをお聞きします。

薪ストーブって火をつけるのが難しそうだな、と思っている方もいらっしゃるかと思います。
かく言う私も実際に使うまではそうでした。
火をつけるのは意外と簡単です。
細めの薪と、着火剤、新聞紙があれば点きます。
img_5439_r
ストーブの炉の中の小さな白い個体が着火剤です。
(着火剤もいろいろな種類があり、インターネットでも売っております)
最初は空気量の調整にコツが必要です。

煙突が温まるまでは空気を多めに入れます。
煙突が温まると勝手に空気を引き込むようになるので、火が強くなりすぎます。
炎の勢いは空気ダンパーの開き具合で調整します。
ダンパーを占めると空気量が少なくなり火の勢いは小さくなります。
火が落ち着いてきたら、新たに薪を追加投入します。

文章で書いても5行で終わりますね!

個人的には夜の薪ストーブがお勧めです。
お客様に夜のコンセプトハウスをご覧いただける機会がなかなかないので、今日は写真で少しご紹介します。
052_r
日が暮れてくると炎の灯りをより感じるからでしょうか。
時間がゆっくり進んでいるような、落ち着き感を演出してくれます。

054_r
照明を落として炎の灯りを楽しんでみるのも良いですね。
ソファでおいしいコーヒーが飲みたくなります。

きなりの家コンセプトハウスでは毎週末(暖かい日は除く)薪ストーブを点けております。
(点いていない場合、ご希望の方はスタッフへお伝えください。)
薪ストーブのご採用をお考えの方も、そうでない方も実際に火が入っているのを見られるのは冬の期間だけです。
ぜひお越しください。

高橋

1 / 3123
トップへ戻る
資料請求
資料請求
アクセス
アクセス
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram