ブログ


ゲーム業界などでは、昨年(2016年)は「VR元年」と呼ばれた年で、企業告知のイベントやテーマパークではまさにVR一色。

その波は住宅業界にも押し寄せ、弊社でもお住まいのプレゼンテーションにVR(仮想現実:バーチャルリアリティ)が活用できるようになりました。

3D画像を映し出すゴーグルを頭に設置し、体の動きと表示する映像をリンクさせ、図面段階で実際に存在しない空間を疑似体験できるようになっています。

筆者も半信半疑で体験してみたところ、その完成度と、住宅のプレゼンテーションとの相性の良さに感動しました。

長年住宅設計に向き合い、自らデザインした者にとっては、図面を見ると大枠の空間認識が出来るものですが、初めて住宅建築の図面に対峙するお施主様にとって正確に「イメージ」を膨らますことは大変困難なものでした。そのために、図面以外のさまざまなプレゼンテーションの方法があるのですが、パース(3次元画像)や模型では、形や色は理解できるが「空間がイメージできない」ということがよく起こります。これまでは、それを補うべく、スケッチや写真で説明したり、似たようなお住まいにご案内したりで、施主の方と共通認識を持つのに時間と手間がかかりました。それが、このVRのツールを使えば、実際に建築工事をする前に、瞬時に出来上がりの空間を体験することが出来ると同時に、色変更や形態の調整が柔軟に対応できるとお施主様に大変お喜びいただいています。

また、「お引渡ししてしまった家を見たい」というご要望にも、お住まいのお施主様のお手間を取らすことなく見学が可能になります。

「実際の空間よりも少し小さく感じること」や、「質感や手触りが感じられない」など、今後も改善余地が十分にある技術ではありますが、住宅設計のお打ち合わせをするうえで画期的なツールであることは間違いありません。

ご相談いただければいつでも体験いただけます。

お気軽にお声がけください。

 

設計営業担当 田中 賢二

先日、旭川の河川敷で大工さん、業者さんときなりの家の社員でお花見を開催しました。
満開の桜と穏やかな春の陽気に包まれ、とても気持ちの良い花見となりました。

きなりの家のお花見は、大切なイベントの一つでもあります。

日常の業務では接点の少ない大工さんや業者さんともお酒を組み交わし、本音の会話ができたり、建築の技術的な話はもちろん、仕事に対する熱い思いをたくさん聞かせて頂きました。

また、4月からパワフルな新人大工さんも仲間に加わり、自分も負けないように頑張らないといけないなと感じられた良い機会にもなりました。

 

きなりの家のコンセプトハウスの前にも満開の桜並木があり、庭の草木も新緑が出始め、花も咲き出し賑やかになってきています。

是非、近くにお越しの際はお立ち寄り下さい。

 

阿部

トップへ戻る