ブログ

ここの所、梅雨らしいお天気が続いております。

今週末から7月ということで、夏本番ももうすぐ。

ということで、きなりの家コンセプトハウスを夏に向け少し模様替えしました。
リビングの絨毯と、寝室のベンチと絨毯。
岡山の家具屋さん「さしこう」さんにご協力をいただき、ギャッベの絨毯をシーズンごとに入れ替えていく予定です。
(さしこうHP http://www.sashiko.co.jp/)
1階リビングは夏らしくグリーンのギャッベです。

シンプルなデザインですが、グリーンのグラデーションが美しいです。柔らかく織ってある絨毯で、踏んだ感触も柔らかです。
お客様とお話をしてるとソファから降りて、床に座る機会が多くなります。
しっかりと厚みがあり、柔らかい絨毯はリビングにぴったりです。
最近では畳の部屋は無しで、代わりに大きめの絨毯を置かれる方もおられます。


寝室は古くなったソファをナシの木のベンチに変え、それに合わせた絨毯を選定いたしました。

細かく繊細な柄で、ギャッベらしい鮮やかな色彩が特徴です。
リビングの絨毯よりも糸をしっかり編んでいるので、踏み心地にもかなり差があることがわかります。
しっかり編んでいるものの方が、中にゴミが(なんと液体まで)入りにくく、お手入れも簡単です。

ギャッベはイランで800年ほどの歴史を持つ手織りの絨毯です。
素材は100%ウール。
1枚1枚手織りで作られているので、決まった柄がありません。また、大きさも大体のサイズはあるものの、全く同じ大きさのものはなく、数センチの差異があります。

踏めば踏むほど味わいが深くなる絨毯と言われております。

手作りのものが生み出す味わいは何にも変えがたいです価値があります。
次のシーズンもどんな柄が入ってくるか楽しみですね。
ぜひ皆さんも実際に見て、触って、本物の良さを体感してみてください。

高橋

わが家で現在使用しているおすすめの家電を紹介します。

まず最初はバルミューダ社製のトースターです。

 

専用のコップ(5cc)で毎回水を入れます。

運転が始まるとスチームが庫内に充満し焼き上げます。

外はカリッと中はしっとりした感動の食感です。

クロワッサンやピザもおいしくしてくれます。

デザインのよさも気に入っていて、どうしても欲しかった家電の一つです。

最近バルミューダ社製の炊飯器があることを知って、これも買おうか迷っています。

 

次はシロカ社製のコーヒーメーカーです。

これは全自動で挽きたての豆からコーヒーが楽しめるミル内蔵のコーヒーメーカーです。

これを買うまでは手動のミルで豆を挽いていました。

手動だと豆がかたくて大変でしたが、これを見つけてからは毎朝ほんとに助かっています。

ただ、豆を挽きはじめにすごい音がするのと、コーヒーの容量がすくないところが少し惜しいです。

 

最後はエレクトロラックス社製の掃除機です。

掃除機は一台持っているのですが、朝出掛ける前にさっとできる手軽さで購入しました。掃除機としての吸引力はあまりないのですが、とにかくかわいいデザインと充電式なのでコードのわずらわしさがなく、朝のバタバタした時間にはちょうどいいです。

ヘッドのとこが取り外せるので車の中とかも掃除できますし、部屋の隅においていても邪魔にならないデザインがとても気に入っています。
昔に比べておしゃれな家電や機能的な家電がたくさん増えて、選ぶ楽しみや使う楽しみが増えたように思います。

 

番外編ですが次に私が欲しいと思っている家電です。

 

これはヨーグルトメーカーです。

 

いまやヨーグルトは大ブームでスーパーでもいろんな種類のヨーグルトを目にすると思います。

ただおいしいだけではなく、いろんな病気にも効果があると話題のものもたくさんあります。

しかもヨーグルトはある一定時間、菌を発酵するだけで簡単にできます。

わが家にも一台あるのですが、買った後でこんなにかわいいデザインのものがあったのかとすごく後悔していて、二代目はこれをと思っています。


なにか気になるものはみつかったでしょうか?

近藤

少し前になりますが、新見へ行く用事があり、
気になる場所があったので、足をのばしてみました。
場所は岡山県北西部、新見市哲多町です。

新見には詳しくないのでナビに任せ、
山道をひたすら走り続けると突然ブドウ畑が現れ、その建物がありました。






domaine tetta  (ドメーヌ・テッタ)

建物は、インテリアデザイナーとして活躍されている、
岡山出身のワンダーウォール代表、片山正通さんプロデュースです。

ドメーヌとはブドウ栽培から醸造までを一貫して手掛けるワイナリーのことのようです。
2016年に完成したこのワイナリー、可愛らしいパンダが、迎えてくれました。





 



1階のワーナリーショップからガラス越しに醸造作業が見る事ができ、
テラスやそこから屋上へ上がると、広大なぶどう畑が一望できます。
わたしが訪れた時期は3月でした。
春になればと緑の葉も伸び、つたをからませ、
夏にはたわわなブドウが一面に見ることの出来るだろうと、思いながら見ていました。
ワインのラベルには、おもてで迎えてくれたパンダのイラストが描いてありました。
このパンダ、休耕地の中に埋もれていたものだそうです。

せっかくなので、ピオーネのレーズンと、グラスワインをいただきました。自宅用にパンダのイラストのワインも購入し、帰りました。


今後、カフェも開く予定があるようです。また夏にでも訪れてみたいです。
逸見

トップへ戻る