ブログ

きなりの家 コンセプトハウスはゴールデンウィークも通常営業となります。
定休日は水曜日(5月2日)です。

新緑が気持ちのいい季節となりました。
コンセプトハウスへのご来場をお待ちしております。

スタッフ一同

先日発売したスーモの注文住宅に今回は2つの物件を掲載しております。



1つ目は、引渡したばかりの物件です。


4世代が住まう大家族の家で、お互いの距離感を保ちつつ、ゆるやかに繋ぐことを意図し、スキップフロアに設計。持ち出しの梁の木組みをモダンにデザインしましています。

 

2つ目は、引渡してから10年以上お住まいになられている物件です。


大開口からは四季の移ろいが感じられる庭が見え、深い軒のおかげで夏の厳しい日差しを遮ってくれています。開放的であり、機能的な開口部となっています。また、蓄熱式床暖房のおかげで冬も快適です。

きなりの家のコンセプトハウスは築20年ほどになります。
時間が経過すると共に味わいが増していく本物の素材の良さを体感しに来てください。

追記(4/16)
※開催日の曜日が間違っておりました、正しくは”日曜日”開催となります。

 訂正してお詫び申し上げます。

ここ最近は寒い日から一気に暖かくなり、所によっては夏日!と思いきやまた寒風吹きすさぶ日に戻ったり、季節の変わり目は着るものもなかなか難しいですね。
とは言え、ぽかぽか陽気の日に花見をされた方も多かったのではないでしょうか。
きなりの家の緑も徐々に色を濃くして、春の到来を感じる毎日です。

さて、そんな暑くもなく、寒くもない心地良い季節に行いたいのがコチラ。

板塀やウッドデッキのメンテナンスです。

寒い日は乾きが悪く、夏の暑い日は作業が大変、
そして梅雨時期も避けたい塗装のメンテナンスは今が最適です。

これから新しくお家を建てようと考えられている方も、
自然木材を使用した場合の手入れや維持の仕方など気になるところではないかと思います。

外部に使用する木材は紫外線や風雨により常に過酷な環境に晒されています。
手入れをしていなければ風化したり、腐ったりする場合もあります。
ですが、木材は塗装による保護(メンテナンス)を定期的にしてあげれば外部でも長く使う事が出来ます。

メンテナンスをプロにお願いするのも一つの手ですが、
手の届く範囲であれば自分でもメンテナンスが出来ます。
DIYでやってみると、意外と楽しく愛着も湧いてきます。
でも、どんな材料や道具を使えばいいのか、どういう手順で行えばいいのか、
やってみないと分からない事も多いとですよね。


そんな方のために、この度きなりの家でウッドデッキ・板塀のメンテナンスワークショップを行います。
実際の板を使って実演・講習をし、色々なご質問にもお答えします。
・自然の木を取り入れたいけど、維持が大変ではないかと思われてる方
・自分でするにはハードルが高いなと思われている方
・また、すでにお家にウッドデッキや板塀があり、そろそろメンテナンス時期かなと思われている方
皆様是非ご参加頂ください。

開催日は4月22日()、場所はきなりの家コンセプトハウスにて、
10時~と14時~の2回を予定しております。(15分前受付開始)
ご参加の際は動き易く、汚れても良い服装でお越し下さい。

また同日に、庭師(武田さん)同席のもと庭木フリー相談も同時開催致します。
お庭のお手入れで普段聞けないこと等、どんどんご質問ください。

皆様のご参加、スタッフ一同お待ちしております。

先日、上質な暮らしのための家具展を行い、大変ご好評をいただきました。
さしこうさんのご協力のもと、期間限定でコンセプトハウスのインテリアを模様替え。



いつも使っている私たちスタッフも驚くほど、普段とは雰囲気が変わって、置かれる家具や敷物、その配置次第で、こんなにも見慣れたお部屋のイメージが変わるのかと、発見でした。



さしこうさんは、天然木などを中心としたこだわりの材料、作家さんの手仕事を感じられる家具を、「ほんもの」で「長く使える」という視点でセレクトされていて、それが、きなりの家のコンセプトとも相通じるせいもあって、どの空間にもマッチして落ち着きのある素敵な空間になりました。

 



窓から見える庭の景色も大切ですね。

イベントでは、家具のお手入れワークショップも開催。


長く使用してきた椅子などの家具を使って、実際にクリーニングから仕上げまで体験して頂きました。


ドイツ製の天然原料使用のワックス&クリーナーで、水で薄めて使うのでとっても簡単で経済的。
木や自然塗料の事や作業の方法を知ると興味が湧いて、楽しくお手入れができ、さらに愛着が増します。

 

 

冬の寒さも和らぎはじめ、きなりの家の庭の草木にも春の兆しが感じられる季節になりました。

是非、お立ち寄りください。

杉本

先日、「さつき内科クリニック」様の上棟式を行いました。

建物の規模が大きく上棟は2日に分けて行いましたが、
大工さん達の見事な連携により想定より早く組み上がり、無事上棟することが出来ました。

上棟初日はクレーン2台体制!
各所同時進行で立ち上がって行くので、全体の指示がしっかりしていないとスムーズには進みません。

ベテラン大工さんが、時に声を掛け合い、指示を出し、応援に向かい、持ち場の作業をしっかりこなして行くことで、どんどん建物が立ち上がって行きます。
建前のスムーズな流れに、いつも事前にリハーサルをしているんじゃないかと思うくらいです。惚れ惚れしますね!

1日目の夕方にはすっかり建物が出来上がっていました。
(建物は写真右側にも続いています)
日の短い冬に、ここまで終わるとは思わず本当にびっくりしました。
ただ、あの見事な連携を見ていると頷けると共に、改めて感嘆した次第です。

上棟の翌日はお施主様のご意向で「餅投げ」を開催し、そのお手伝いをさせて頂きました。

初めはどれくらいの参加者が来て下さるのか不安でしたが、時間が近づくにつれご近所の方が続々と集まって来られました!

開始時間にはこんなにたくさんの方にご来場頂きました!

お施主様からのご挨拶が終わり、いよいよ「餅投げ」開始です!
まずは小さいお子様だけを集めて「”お菓子”の餅投げ」を行いました。
両手いっぱいにお菓子を抱えた姿がとても微笑ましかったです。

そして大人の方も参加しての餅投げ!
大歓声の中、紅白餅やお菓子をみなさん上手にキャッチしておられました。

お施主様も、ご来場頂いた皆様も、きなりの家関係者も、
全員が終始笑顔でとても素晴らしい「餅投げ」となりました。

 

「餅投げ」自体珍しい行事となり、私も今回初体験でしたがとても良い経験となりました。
ご来場頂きました皆様には誘導などご協力頂き誠に有難う御座いました。
新しく開院される「さつき内科クリニック」様にとっても、幸先の良いスタートとなり大変嬉しく思います。

今回上棟した「さつき内科クリニック」様は2018年初秋に開院予定です。
ホームページには「餅投げ」当日の写真が公開されてる他、360度写真もあり面白いので是非見てみて下さい!
HPアドレス:http://satsuki-naika.com/

引き続き、職人さんと一丸となって頑張って参りたいと思います!

投稿者:石田

トップへ戻る