ブログ
軍艦島

船上からみる軍艦島

世界文化遺産になった廃墟を体験

建築の仕事をする上で、休日に古い建物を見ることは重要なことです。使い続けられている新しい建築も素敵ですが、その役目を終えて朽ちてゆく建物も趣があり大好きです。
その中でも、「軍艦島」は最も訪れてみたい場所でした。
「軍艦島」は正式には「端島(はしま)」と言います。大正時代に建築され、平成27年に「明治日本の産業革命遺産」の一部として、世界文化遺産に登録され最も有名な「廃墟」として有名になりました。
東京ドームのグラウンドおよそ5個分という小さな島ながら、5,200人もの人々が住み、当時人口密度は世界一とも言われました。


その念願の軍艦島に上陸する為、休日を利用して遥々長崎まで足を延ばしてみました。

 

炭鉱後

炭鉱の発展と共に栄えた島

廃墟になった炭鉱の趣を味わう見学ツアー

江戸時代に石炭が発見され、その後明治から大正かけて本格的に海底炭坑として発展した端島は、炭鉱の発展と共に小中学校や、映画館や商店、病院など都市機能を増築し続け、炭鉱都市として栄えましたが、国のエネルギー転換政策を受けて昭和49年に閉山。月日と共に現在のような立派な廃墟になりました。
海上に頭をのぞける岩礁を海面に沿って拡張している為、軍艦のような形の島になったそうです。
上陸する為には、見学ツアーに参加するのが一般的ですが、地元で船を所有する方は比較的自由に上陸できてしまうようでした。

 

煉瓦図づくりの事務所

炭鉱の事務所と士官用住宅

炭鉱と共にあった日本の近代化の歴史に触れる

物の老朽化が進んでおり、多くの場所が立ち入り禁止とされていますが、安全な船着き場の一部のみ立ち入ることができます。

限られたエリアではありますが、上陸すると、その規模の大きさに圧倒されます。

見渡す限り、コンクリートの破片と窓のない建物だらけですが、ベルトコンベヤーの残骸やレンガ造りの事務所にある竪穴の入口に当時の炭鉱夫の仕事の大変な様子が想像できます。

炭鉱の仕事は危険と隣り合わせだそうで、構内で死亡事故も多発していたそうです。

 

最古のRC高層建築

日本最古の高層アパート

最大の見せ場は、日本最古のコンクリート高層アパート

見せ場は、大正時代に建設された、日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造の高層アパートです。 鉱員住宅として建てられたこの建物は当時の建築関係者が鉄筋コンクリート造を試行錯誤の上、苦心して完成させた大変貴重な建物です。
現在の感覚で考えれば、コンクリートの梁やスラブの厚みが小さく不安定な印象ですが、風雨に曝されながら今なおここに建つこの建物に、建築関係者として、愛おしい印象を持ってしまいます。

かなり老朽化が進んでいるため、もうすぐ見られなくなる可能性もあるそうで、失われつつある景色と日本の歴史を学ぶ貴重な体験ができました。

設計営業担当 田中賢二

 

きなりの家 コンセプトハウスはゴールデンウィークも通常営業となります。
定休日は水曜日(5月2日)です。

新緑が気持ちのいい季節となりました。
コンセプトハウスへのご来場をお待ちしております。

スタッフ一同

先日発売したスーモの注文住宅に今回は2つの物件を掲載しております。



1つ目は、引渡したばかりの物件です。


4世代が住まう大家族の家で、お互いの距離感を保ちつつ、ゆるやかに繋ぐことを意図し、スキップフロアに設計。持ち出しの梁の木組みをモダンにデザインしましています。

 

2つ目は、引渡してから10年以上お住まいになられている物件です。


大開口からは四季の移ろいが感じられる庭が見え、深い軒のおかげで夏の厳しい日差しを遮ってくれています。開放的であり、機能的な開口部となっています。また、蓄熱式床暖房のおかげで冬も快適です。

きなりの家のコンセプトハウスは築20年ほどになります。
時間が経過すると共に味わいが増していく本物の素材の良さを体感しに来てください。

追記(4/16)
※開催日の曜日が間違っておりました、正しくは”日曜日”開催となります。

 訂正してお詫び申し上げます。

ここ最近は寒い日から一気に暖かくなり、所によっては夏日!と思いきやまた寒風吹きすさぶ日に戻ったり、季節の変わり目は着るものもなかなか難しいですね。
とは言え、ぽかぽか陽気の日に花見をされた方も多かったのではないでしょうか。
きなりの家の緑も徐々に色を濃くして、春の到来を感じる毎日です。

さて、そんな暑くもなく、寒くもない心地良い季節に行いたいのがコチラ。

板塀やウッドデッキのメンテナンスです。

寒い日は乾きが悪く、夏の暑い日は作業が大変、
そして梅雨時期も避けたい塗装のメンテナンスは今が最適です。

これから新しくお家を建てようと考えられている方も、
自然木材を使用した場合の手入れや維持の仕方など気になるところではないかと思います。

外部に使用する木材は紫外線や風雨により常に過酷な環境に晒されています。
手入れをしていなければ風化したり、腐ったりする場合もあります。
ですが、木材は塗装による保護(メンテナンス)を定期的にしてあげれば外部でも長く使う事が出来ます。

メンテナンスをプロにお願いするのも一つの手ですが、
手の届く範囲であれば自分でもメンテナンスが出来ます。
DIYでやってみると、意外と楽しく愛着も湧いてきます。
でも、どんな材料や道具を使えばいいのか、どういう手順で行えばいいのか、
やってみないと分からない事も多いとですよね。


そんな方のために、この度きなりの家でウッドデッキ・板塀のメンテナンスワークショップを行います。
実際の板を使って実演・講習をし、色々なご質問にもお答えします。
・自然の木を取り入れたいけど、維持が大変ではないかと思われてる方
・自分でするにはハードルが高いなと思われている方
・また、すでにお家にウッドデッキや板塀があり、そろそろメンテナンス時期かなと思われている方
皆様是非ご参加頂ください。

開催日は4月22日()、場所はきなりの家コンセプトハウスにて、
10時~と14時~の2回を予定しております。(15分前受付開始)
ご参加の際は動き易く、汚れても良い服装でお越し下さい。

また同日に、庭師(武田さん)同席のもと庭木フリー相談も同時開催致します。
お庭のお手入れで普段聞けないこと等、どんどんご質問ください。

皆様のご参加、スタッフ一同お待ちしております。

先日、上質な暮らしのための家具展を行い、大変ご好評をいただきました。
さしこうさんのご協力のもと、期間限定でコンセプトハウスのインテリアを模様替え。



いつも使っている私たちスタッフも驚くほど、普段とは雰囲気が変わって、置かれる家具や敷物、その配置次第で、こんなにも見慣れたお部屋のイメージが変わるのかと、発見でした。



さしこうさんは、天然木などを中心としたこだわりの材料、作家さんの手仕事を感じられる家具を、「ほんもの」で「長く使える」という視点でセレクトされていて、それが、きなりの家のコンセプトとも相通じるせいもあって、どの空間にもマッチして落ち着きのある素敵な空間になりました。

 



窓から見える庭の景色も大切ですね。

イベントでは、家具のお手入れワークショップも開催。


長く使用してきた椅子などの家具を使って、実際にクリーニングから仕上げまで体験して頂きました。


ドイツ製の天然原料使用のワックス&クリーナーで、水で薄めて使うのでとっても簡単で経済的。
木や自然塗料の事や作業の方法を知ると興味が湧いて、楽しくお手入れができ、さらに愛着が増します。

 

 

冬の寒さも和らぎはじめ、きなりの家の庭の草木にも春の兆しが感じられる季節になりました。

是非、お立ち寄りください。

杉本

3 / 2612345...1020...最後 »
トップへ戻る