ブログ
栗林公園

栗林公園とは、16世紀後半、当地の豪族によって築庭されたのが始まりと言われており、

その後、1642年、初代高松藩主に引き継がれることになり、本格的な庭園となりました。

明治時代には文化財保護法により特別名勝に指定され、今ではミシュラン・グリーンガイドにおいて「わざわざ旅行する価値がある」として最高評価の三つ星に選ばれています。


  001

今回は、公園内にある(きく)月亭(げつてい)をご紹介します。

江戸時代初期に建てられた数寄屋づくりの建物で、どの方位から見ても正面にふさわしい美しさ、機能を持つことから、四方正面と呼ばれています。

 02

 

訪れた日は生憎の雨でしたが、スタッフの方は「雨の日は人が少なく、静かで、庭が綺麗に見えるから私は好きなんです。」と仰っていました。確かに空気が澄んでいて、緑が深まった6月の梅雨、日本特有の季節を感じることが出来ました。

 03

 

晴れの日の掬月亭は雨戸が仕舞われて、もっと開放的になります。

 b_img_4_2_20100208053228

(C) 香川の観光・宿泊情報サイト「かがわ宿ネット」(http://www.kagawa-yadonet.or.jp/)より引用        

雨戸は全て数箇所に設置されている戸袋に納まります。その雨戸の総数はなんと128枚!毎朝2人のスタッフで開けるそうです。

しかし、正面には戸袋が見当たりません。

正面の雨戸は、雨戸廻しという構造によって、90度回転し、戸袋へと移動します。

 amado1_01
amado2_01

正面に戸袋を設けるとせっかくの景観を邪魔してしまいます。庭を最大限に楽しむための配慮がなされている訳です。

ゆっくり御茶を飲みながら、素晴らしい眺めを堪能しました。

阿部

 

 

トップへ戻る
資料請求
資料請求
アクセス
アクセス
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram