ブログ

早いもので、もうすぐ12月ですね。

私は以前きなりの家に7年間勤め、結婚を期に退職しました。 
出産も経験し、8歳と5歳の二人の男子の育児に専念してきましたが、
このたび、またきなりの家で家づくりに関わる事となりました。
初心に戻り、スタッフの皆さんにいろいろ教えていただきながら、主婦目線でがんばっていきたいと思います。

さて、12月になるとしないといけない事はたくさんありそうです。その中でも、新年を迎えるまえの行事として大掃除があります。

なぜ大掃除をするのか調べてみたところ、
「新年に神様を気持ちよくお迎えするために住居や心をきれいにし、1年の安泰を願う」という、神聖な儀式として始まったようです。

主婦歴10年の私ですが、以前はなかなか片付けが苦手でした。
子供が生まれてからは、気にして片付けるように心がけている事があります。
それは、「ものの居場所を決めてあげ、そこに片付ける。」という事です。
しかし、片付けた瞬間はきれいになりますが、生活していると何かとごちゃごちゃとしてきますので、できるだけ毎日寝るまえにもとの居場所に片付けるようにしています。
すると気持ちの良い朝を迎える事ができます。

 でも年末大掃除はいつもの掃除とは違い、より丁寧にして新しい年を迎えたいものですね。
すべてを一度にすることは難しいので、今から少しづつやっていこうと思っています。
とりあえず、換気扇の掃除、キッチンまわりの片付けをしてみました。 

 

 

 収納はしまうだけではなく、「取り出す」ための行為だそうです。いかに取出しやすいかが重要です。どこかにしまい込むだけではなく、美しく飾って見せるやり方もあります。そしてよく使うものは生活動線上の中で考えると良いようです。

 年末の大掃除の前にものの整理や片付けをし、それからホコリを払う掃除ができたら良いですね。

 住まいの計画の中でも、お手持ちの家具や持ち物リストをもとに、図面に配置したり、キッチン、洗面などの水廻り、お子さんのおもちゃや、趣味のものなど、たくさんのものの居場所を一緒に考え、美しい収納をつくっていきたいと思っております。

逸見

 

先日、O邸の地鎮祭がありました。

 

地鎮祭とは、工事に先立って安全を祈願し土地の神様を鎮める儀式です。

きなりの家では着工の前に行う最初のイベントでもあります。

 DSCF7073 

今回はいつもと少し違う、「出雲屋敷地鎮祭」を行いました。

出雲屋敷とは、出雲大社の御祭神である大国主大神さまをお祀りすることによって、その家が大神さまに守られて、家相や風水の凶相なくなり、また繁栄する家になるそうです。

 

次に、建物の配置の決定を行います。

実際の敷地に建物外周のラインを張り、建物の位置を確認します。

そうすることにより、よりリアルに建物をイメージすることが出来ます。

ここで重要なのが隣地境界との距離と窓の位置です。

向こう三軒両隣と良好な関係を築くために、敷地一杯に建物を建てない要に注意したり、

庭やエントランスのアプローチを広く確保出来るようにします。

窓の位置は、実際に現地で室内からどんな風景が見えるのかを確認します。

本日の物件は下記の図のようにプライバシーに配慮しつつ、庭の緑や、空を切り取るように慎重に設計しています。

section

これから、地盤補強工事、基礎工事、上棟と工事は進んでいきます。

素敵な家になるように励んでいきたいと思います。

薪ストーブの火起こしは、意外とあっけないもので
毎回苦戦をするバーベキューの火起こしより、はるかに簡単だ。
 
燃え上がりゆく煙を想像し
焚き木を山のようにうまく組み上げて
いざ着火!
小さな炎を煽るように空気が自然と流れ始める。
炎は広がり、枝々に行き渡る。
 
それだけである。
 
あとは
焚き木が燃え尽きる前に、
大ぶり割薪を焚べ、しばらくほっておく。
炎が徐々に薪に乗り移り、
暖かさが周囲にじわりじわりと伝わってくる。
やわらかいあたたかさだ。
 
ストーブの温度がある程度温まり、火の状態が安定してくると
調整レバーで空気量を絞ってあげる。
 
すると
オーロラのようにゆっくりと炎がゆらめき、じっくりと燃えていく。
辺りの時間もゆっくりと過ぎていく。。。
 
そして火を眺めながら、知らぬ間に火元に近づいてしまう。
輻射熱でじんわりと暖かくなった、桧床フローリングの上で
ゆれうごく炎を眺めていると、不思議に心が落ち着くものである。
 
美味しいお酒をいっぱい呑みながら、
薪ストーブの前で知らぬ間に横たわり、寝てしまう日々が増えていく。。。
——————————————————————————————————————–

IMG_5360 (1)
陽だまりの暖かさは輻射熱。
床暖房も、薪ストーブも輻射熱。
おひさまから頂いた、陽だまりの暖かさが
日が暮れても、床暖房や薪ストーブを通じて続いていく。
日々の住まいかたも、少しずつ変わっていく
 
今週末よりコンセプトハウスにて、イベントを開催します。
是非この機会に、陽だまりのような暖かさを体感して下さい。
お待ちしております。

(きなりの家でわが家を建てたスタッフより )

少しずつ冬の訪れを感じる季節となりました。
皆様、急な気温変化に体調など崩されておりませんでしょうか。

きなりの家ではいよいよ床暖房の運転を開始しまして、その暖かさを実感しております。
(寒がりな私にはとても有り難いシステムです)
是非皆様も一度訪れて体感してみて下さい。

 
さて、
岡山建築深訪と題しまして、今回はこちらの建物をご紹介させて頂きます。


IMG_0070

こちらは岡山大学のキャンパス内にある「交流広場」。
建築家ユニット「SANAA(サナア)」による作品で、浮遊感のあるパーゴラが印象的です。SANAAの代表作品と言えば「金沢21世紀美術館」や「海の家なおしま」が有名ですが、
その“繊細で透明感のある建築”が特徴的ですね。

3339_image_4
この建築は東西南北に分断されているキャンパスを繋ぐ「交流の場」としての役割を担っております。
軽やかに繋がるパーゴラの屋根は外側へ広がって行くかの様な形状をしており、この場所で出会った人達の繋がりが広がっていくことを体現しているように思えます。

また、別の敷地では「Jテラス」(Junko Fukutake Terrace)と呼ばれる建物もあり、市民に開放されたスペースが設けられています。

327_image_4pic01

「人が集い、対話が生まれる場」をテーマとしており、
学内だけでなく市民にも開かれた交流の場として、新しい価値観を取り入れようとする様が見て取れます。

 pic02 

「J Terrace Café」というお店も入っており、気軽に立ち寄れる空間となっておりますので、
お近くへ来られた際は是非訪れてみてはいかがでしょうか。

設計をする際には、テーマやコンセプトを明確に持ち、それがブレないよう意識しますが、建物自体がそれを体現するかのようなデザインはとても面白いですね。

設計者の意図やコンセプトを意識しながら見ると、より興味深く見ることが出来ます。

 

 

 

投稿者 石田

トップへ戻る