ブログ

住宅建築の際に気になるお金の話。
ここ数年しばらく金利が低い水準で推移しています。
2月のフラット35Sの最低金利は1.48%です。
昨年の11月から今年の1月までは1.5%台半ばで推移していました。

ただ、金利が低い時に住宅を建てるとメリットがあるとはいうものの、果たしでどの程度有利なのでしょうか。

たとえば今月の1.48%で3000万円を35年間の全期間固定(ボーナス払い無・元利均等返済)で返した場合、
月々の支払い:¥91,561
35年の総支払額:¥38,455,727

では、金利が3%だった場合でそのほかの条件は同じとして比較してみると、
月々の支払い:¥115,455
35年の総支払額:¥48,490,768

月々の支払い額の差は2万円以上
なんと総支払額の差は1000万円以上出てきます。

ここで比較対象の金利 「3%」 ですが、非現実的な数字ではありません。
調べてみると、最低金利3%を超えているのは直近で平成21年5月です。
(フラット35、全期間固定 参考URL:http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top
約7年前です。

今ニュースなどで話題になっている日銀の「マイナス金利政策」ですが、国債の長期金利が低くなるとそれに連動して住宅ローンの金利も下がります。
先日の日経新聞でもメガバンクが変動金利0.5%の記事が掲載されておりました。

来月の金利はもう少し下がる可能性もあります。
今建築を予定されている方には非常にメリットが大きいことは一目瞭然!
また、すでに建築済みの方でも借り換えさえれることで毎月の返済額を下げたり、総返済額を減らしたりすることができます。

きなりの家ではこのような住宅ローンの相談にも応じております。
ご質問等お気軽にお問い合わせください。


最も有名なイスラム建築「ブルーモスク」

IMG_0920

トルコのイメージを代表する建物がこのブルーモスク(イスラム教の礼拝堂)。正確には、スルタンアフメト・ジャーミイ(Sultanahmet Camii)。「統治者アフメトのモスク」という意味になります。
「ブルーモスク」は建物を訪れた外国人が呼ぶ、建物の愛称だと言われています。
なぜ代表的な建築かというと、歴史が長く、有名な宗教建築アヤ・ソフィア(今は博物館)の道向かいにあり、設計的に最も美しいモスク建築であるからだと思われます。
確かに、実際に目の当たりにすれば複雑に絡み合うドームの意匠が美しい!

イスラムの戒律をリアルに感じるエントランス

IMG_0898-2

写真左の旅行者用のエントランスの中を入ると、イスラムの模様が印象的な廊下に通され、そこで服装のチェックが行われます。
ブルーモスクは、現在も礼拝堂として実際に使用されているモスクの為、イスラムの戒律に則り女性は髪や肌を露出したまま入室することができません。
スカーフ等持ち合わせていない場合は、係の人が貸してくれます。勿論土禁なので、靴を脱いでの入館となります。


確かに美しいけど、旅行者は皆「驚く
IMG_0909-2エントランスを抜けて、メインの礼拝堂に入ると、まず驚くのは「青く無いな」ということです。確かに青いタイルも有りますが、むしろ赤い色の印象が強く、美しい空間ですがイメージとのギャップを感じます。
しかし、広がる大空間のドームの周辺の連続窓からの淡い光に照らされたイズミックタイル装飾は荘厳で圧倒されます。
見学が礼拝の時間と重なり、数多くの照明が赤い絨毯を照らす大きな空間の礼拝堂には、膝を着き礼拝をするのは男性ばかりが目立ちます。というのも、戒律によりイスラムの女性は大きなホールに区画された小さな一角のみで礼拝をしなければならないからだそうです(写真左下)。

搭の多い町並み、イスタンブール
IMG_0901-2モスクとしては比較的大きくはないけども、壮麗なブルーモスクの見学を終え、外に出るとイスラム圏に特徴的な塔立ち並ぶが印象的な広場に出ます。塔といっても種類があり写真左が「ミナレット」。嘗てモスクの礼拝の時間を遠くまで呼掛ける為に使用されたものの名残。右手の塔は、オスマン帝国時代にエジプトから戦利品として持ち帰られたものらしく、どちらも私たちが異国情緒を感じる美しい町並を飾るものです。

写真の広場は、先日のテロの犠牲となってしまいました。犠牲者の方に哀悼の意を示すとともに、美しい町並みが安心して楽しめる時が来るのを待ちわびるばかりです。

営業・設計担当 田中 賢二

 

室内の温熱環境にかかせないのが“断熱”です。

冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごすために、外気と接する部分に断熱材を入れます。

今回は、きなりの家で施工した実例の一部を紹介します。

 

外壁dannetu_kabe

原料にポリエステルを100%使用しているので、安全でシックハウス対策には最適です。(写真の白い綿状のもの)

断熱材は湿気を吸うと断熱効果が十分に得られないため、防湿フィルム(写真の緑色のフィルム)を張り、内部結露を予防しています。

 
 

 

天井dannetu_tenjo

セルロースファイバーと呼ばれる木質繊維の断熱材を天井に吹き込んで施工します。(写真のグレーの部分)

隙間なく敷き詰めることが出来るので、設計通りの性能が期待できます。また、古紙を主原料に不燃・撥水加工を施しているので安全でもあります。

 
 

 
 

基礎 dannetu_kiso

基礎自体を暖める蓄熱式床暖房を採用しているので、基礎から熱が逃げないように断熱材でしっかり囲う必要があります。(写真の白い部分)

土に接する部分なので、防蟻処理を施してあります。

 

 
 
 

 

他にもたくさんの種類の断熱材があります。

きなりのコンセプトハウスにサンプルを用意してありますので、実際に手にとって断熱材の重要性を体感してみて下さい。

投稿:阿部

トップへ戻る