ブログ

エフェソス都市遺跡群

IMG_1085トルコ西部のアジアエリアの古代都市で、トロイの木馬で有名なトロイア戦争に参戦したと伝説のあるアマゾネスが建築に関係しているともいわれ、ギリシャ文明最大の遺跡群で、大理石の建築を中心とした遺跡が広大な敷地にひしめく世界遺産です。
建築史を勉強すると必ず耳にするイオニア式オーダー(石柱の渦巻き模様の飾り)の元祖イオニア人が紀元前11世紀に築いた港湾都市です。写真の場所の名前は水辺を連想させる「ハーバーストリート」ですが、近くに水辺はなく、土砂の堆積により見渡す限りの平原に存在しています。

目玉の見所は焼失した図書館
IMG_1068最も有名な建築物は、セルスス図書館。ベルガモン図書館、アレキサンドリア図書館と並ぶギリシャの三大図書館と言われ、117年に統治者であるセルススの息子が父の墓の上に建立した図書館で、260年に火災で焼失しました。
二層組みの巨大な石造りのゲートは、精緻なレリーフのある石柱組みの立体的な造型の迫力で十分見ごたえはありました。ゲートのみ残り、少し華奢な構造物のように見えますが、複雑に構成された柱と屋根の大きさから当時の図書館の規模の大きさを感じさせます。

巨大な音楽堂とトイレ
IMG_1087この遺跡群のもう一つの目玉、オーディン(音楽堂)はとにかく巨大で、24000人の収容能力がある大劇場です。当時は木製の屋根も設置されていたそうですが、いまはその大理石の観客席がその規模を示すのみです。
その近くで印象に残ったのは、公衆トイレです。なんと紀元前に建築されたものながら「水洗式」です。音楽堂や図書館を利用する人々が同時使用する為か、かなりの人数が同時使用できます。そのトイレで回収された汚物は、下水道を通って川に放流されていたそうです。トイレとしての設計はかなりプライバシーに問題があるようですが、数千年も前ながら文化の洗練度合いに感動すら覚えます。

観光地のお約束
1062 イスラム圏らしく、タイルで装飾された大通りもが観光客の目を引きます。長年の風雨に曝されながらも、豊かな色合いが残るこの通りは、身分の高い者のみが通行を許されていたそうです。
そのほかにも、スポーツブランドの「NIKE」の語原にもなった、月桂樹の冠をもつ「ニケ」の彫刻をみて例のマークを探すというのも、世界中の旅行者に紹介されるお約束です。あの有名な弓なりのシンボルマークは、女神の持つ冠を図案化したものだそうです。

あいにくの雨模様で、石の遺跡群の彫刻やレリーフの陰影を十分堪能することは出来ませんでしたが、とにかく広大な敷地の中に点在する世界遺産におなかいっぱいになりました。

営業・設計担当 田中 賢二

 

栗林公園とは、16世紀後半、当地の豪族によって築庭されたのが始まりと言われており、

その後、1642年、初代高松藩主に引き継がれることになり、本格的な庭園となりました。

明治時代には文化財保護法により特別名勝に指定され、今ではミシュラン・グリーンガイドにおいて「わざわざ旅行する価値がある」として最高評価の三つ星に選ばれています。


  001

今回は、公園内にある(きく)月亭(げつてい)をご紹介します。

江戸時代初期に建てられた数寄屋づくりの建物で、どの方位から見ても正面にふさわしい美しさ、機能を持つことから、四方正面と呼ばれています。

 02

 

訪れた日は生憎の雨でしたが、スタッフの方は「雨の日は人が少なく、静かで、庭が綺麗に見えるから私は好きなんです。」と仰っていました。確かに空気が澄んでいて、緑が深まった6月の梅雨、日本特有の季節を感じることが出来ました。

 03

 

晴れの日の掬月亭は雨戸が仕舞われて、もっと開放的になります。

 b_img_4_2_20100208053228

(C) 香川の観光・宿泊情報サイト「かがわ宿ネット」(http://www.kagawa-yadonet.or.jp/)より引用        

雨戸は全て数箇所に設置されている戸袋に納まります。その雨戸の総数はなんと128枚!毎朝2人のスタッフで開けるそうです。

しかし、正面には戸袋が見当たりません。

正面の雨戸は、雨戸廻しという構造によって、90度回転し、戸袋へと移動します。

 amado1_01
amado2_01

正面に戸袋を設けるとせっかくの景観を邪魔してしまいます。庭を最大限に楽しむための配慮がなされている訳です。

ゆっくり御茶を飲みながら、素晴らしい眺めを堪能しました。

阿部

 

 

aIMG_3393昨年、小さなポットで買ってきたワイルドストロベリーが成長して、ずいぶん増えました。

最初は手のひらにのるくらいの小さな株でしたが、成長してくると、茎の付け根からランナーと呼ばれる茎が地面に這うように伸びていき、先端に子株を付けます。子株が成長すると、またその茎の付け根からもランナーが何本か伸びて、先端に子株ができてという具合に、どんどん増えていきます。

最初と比べると一年足らずの間に100倍以上の葉っぱの量になって驚きです。

aIMG_3413a

冬の間は、おとなしくなっていたので、特に花とか実とか、期待もしていなかったのですが、温かくなるにつれて、白い小さな花が咲き、そのあと実がなり始めました。

毎日、少しずつ赤くなるので、少しずつ収穫して、食べてみたら、甘酸っぱくて、結構、おいしい。

aIMG_3416トーストのクリームチーズの上にのせて蜂蜜をかけてみたり、ヨーグルトにいれてみたり、簡単シンプルでも、とってもおいしいです。

軽い気持ちで植えた植物ですが、季節の変化や、植物の旺盛な成長を知ったり、おいしい実がいただけたりと、期待以上の庭の楽しみです。

杉本

トップへ戻る