ブログ

作品集の「家づくり物語」は、お引渡し後のお住まいにお邪魔して、お写真を撮らせていただきながら、設計・施工段階のお話や実際にお住まいなっての感想などお伺いした内容を編集したものです。公開されている記事の中で、ご紹介しきれなかったお施主様の声をまとめてみました。

 

[Kさんのお話]

「住んでみて分かった床暖房の効用」

お子様がアトピーなので、暖房器具を使わなくて済む床暖房がありがたいです。空気が乾燥せず、汗ばむこともないため、アトピーにも優しいんです。
主人は長男なので、将来のご両親との同居を見越した間取りを提案してもらいました。両親の生活スペースとは、区切られながらもつながっている絶妙な距離感がいいですね。どこにいても暖かい家ですから、一緒に暮らしても快適に過ごしてくれると思います。

 

[Iさんのお話]

「新しい家で気にいっているところ」

奥様の一番のお気に入りは、開放感のあるリビング。でも6歳と2歳のお子様方は、天井の低い和室が好きなんです。
主人のお気に入りは庭で一番好きなのは、桂の木。四季折々の表情が美しいです。家を建てる前は、庭木に全く興味が無かった主人も、今では時間があるときに庭木の水やりや剪定が趣味の一つになっています。

 

[Mさんお話]

「旅行や宿泊の回数が減った」

家を建てる前は、県外に出張するときには、少しいいホテルを選んで泊まるのが好きだったんですが、今の家の空間がすごく落ち着くので、出張も出来るだけ日帰りで済ませるようになりました。
旅行も趣味で、少しでも連休が取れるときには旅行の計画を立てていましたがその回数も減りましたね。少し贅沢な仕上げをお願いしてデザインしてもらいましたが、結果として安く付いてるのかもしれませんね。

 

[Iさんのお話]

「アイランドキッチンを囲んで周囲の自然を暮らしの中に」

子どもたちと一緒にまわりの自然を感じながら、一日中カーテンを開け放して過ごせる家がいいですね。夕日がきれいだね、緑が濃くなってきたねと、子どもたちと話す機会も増えました。お手伝いできることはごく自然にやってくれますね。
ご飯を作ること、料理を楽しむことも、身近に感じて育ってくれたらと思っています。季節が移ろうたびに、風景を変えていく特別な空間で、子どもたちも、姿を変えていく周囲の自然に四季を感じながら、のびやかに健やかに成長しているようです。

営業設計担当 田中賢二

先日、京都へ旅行に行ってきました。そのときに巡った神社を2つ紹介します。

①北野天満宮

平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真をお祀りする神社で、全国に約一万社ある天神社・天満宮の総本社。現在では学問の神様として知られています。


社殿はヒノキの樹皮を用いて施工する桧皮葺きと呼ばれる日本独自の伝統的な工法で、重厚感のある造りになっています。

本来、本殿、拝殿の用途の異なる建物が2棟あるのに対して、天満宮ではそれらを一体化した権現造りと呼ばれる建築様式になっており、同様式の日光東照宮(栃木県)のような豪華・華美なものが多く見られます。


柱間に同じ間隔で下げた灯篭と透塀(視線と風が抜ける塀)が本殿を囲んでおり、かえる股(柱間水平部材の上部にあるカエルの股の様な形の部材)は拝殿と同様に彩色がされ、各部に黄金の金具があり、非常に鮮やかな社殿となっています。
大型の入母屋、桧皮葺きの重厚感などのせいか、仏教的な雰囲気も強く感じられます。

境内には丑年である菅原道真と関係が深かったとされる牛の像が神の使いとして祭られており、菅原道真が愛した梅がたくさん植えられています。
丁度、収穫した梅を干していました。この梅干を買うことも出来ます。

②御金神社

御金神社(みかねじんじゃ)は、京都市中京区にある金山彦命(かなやまひこのみこと)をお祀りする、ちょっとありがたい名前の神社です。黄金色に輝く鳥居が目を引きます。


元々は農機具や刀剣、鉱山などの金属の神様でしたが、現在は金、銀、銅などの金属から、お金の神様として広く解釈されるようになり、宝くじや競馬の当選を願う絵馬も多数奉納されています。

また、神社でお金を洗って、持っておくと金運上昇のご利益があるそうです。
せっかくなのでお清めさせていただきました。

北野天満宮、御金神社どちらも京都市内でアクセスしやすい場所にありますので、京都にお越しの際は是非お参りしてみて下さい。

(おまけ)



御金神社でおみくじを引いたところ、なんと“大大吉” 今年、非常に運勢がよさそうです。

阿部

9月に入り一気に過ごしやすくなりました。
台風の影響でしょうか。

そんな過ごしやすさを感じる直前、8/28~8/31京都へ行ってまいりました。

三十三間堂・京都国立博物館 平成知館・河合勘二郎記念館へ行ってまいりました。

今回はいかにいい感じの写真が撮れるかを念頭に置きまして、観光そっちのけで失礼ながらシャッターを押し続けました。
そのため写真の説明文は跡付けです。(先に調べてから行けばもっと見識が広がったのでしょうが・・・。)

写真はすべてスマートフォンのカメラです。
外付けのレンズなどは使用しておりません。

まずは三十三間堂

手前の緑にピントを合わせ、建物はあえて少しぼかして・・・
(画面を長押しするとピントを合わせられると、今回学習しました)

三十三間堂ですが、当然建物が三十三間あることに由来しています。
1間が1.82mですのでそれが三十三間ある非常に長い建物であることは周知のとおりです。
なんと世界最長の木造建築なんだとか。
この三十三間堂、実は外から見ると三十三間ではないんです。
実際に行かれた方はご存じのここと思いますが、仏像が祭られている本堂は両側に一件の庇(廊下)があります。
つまり33間+2間の合計35間あります。

京都国立博物館 平成知館

こちらはエントランスです。
正面入り口には水盤があります。
ごく浅い水盤ではありますが、風で水面に揺らめきが出ています。

設計は谷口吉生さんです。2014年に開館しました。
東京上野の法隆寺宝物殿、香川県の猪熊源一郎美術館もこの人の設計です。

河合勘二郎記念館

大正から昭和にかけての民藝作家の自邸件アトリエが記念館として公開されています。
宗方志功と同じ時代を生きた作家です。
作品にも民芸作品独特の力強さがあります。

建物は京都の町屋がよく言われるウナギの寝床の形式ではありません。
コートハウスのような感じでしょうか。
中庭を建物でぐるりと囲ったようになっています。

記念館の随所に河合勘二郎の作品が展示されています。

庭の彫刻です。

何とも言えぬアンニュイな表情です。

窓辺の光と椅子を上からのアングルで撮りたくて頑張って背伸びしてみましたが、何度やっても自分の足が入ってしまい・・・。

あきらめて撮り直したのがこちらの写真。

窓辺が美しい。

随所に花が飾られていたり、開け放たれた障子の先に緑が見えたり、気持ちのいい空間でした。

その他、有名な先斗町へ。

平日でしたがにぎわっておりました。
幅2mほどの路地に店舗が軒を連ねています。

傘屋さんの店先。和傘が看板代わり。

祇園の街をを歩いていると、佐川急便がありました。

パッと見ただけでは佐川急便の事務所と判別がつきません。

自転車のロゴも飛脚の「飛」の字。
趣があります。

京都の街中はどこを歩いていても写真を撮りたくなります。

京都の街は景観条例が整備されており、建物に使用する色など、制限が設けられており、法的な整備によって景観が保たれれています。
岡山市でも後楽園背景保全地区などの景観保全地域が制定されています。
この条例により、後楽園から見える景色を調和のとれたものにしようということです。
このようなことに気を付けて街を見てみると、京都の佐川急便のように面白い発見があったりします。
今度は岡山の街で何か探してみようと思います。

高橋

前回は、板塀を塗り替えましたが、今回はウッドデッキを塗り変えてみました。
我が家も入居して3年半が過ぎ、ご覧のように塗装が落ちています。


 

毎日見ているウッドデッキなので、あまりわからないのですが、完成当初の写真と見比べるとやっぱりずいぶん変化しているのがわかります。

 

風化した木の風合いも悪くないように思いますが、放っておくと、いたみが激しくなってくるので、長持ちさせるためには、そろそろ塗り替えないといけないようです。

ウッドデッキは上を歩いたり、物を置いたりするので、よく見るとしみがついていたり、少し割れもあります。

表と裏。裏側はきれいです。 変色もほとんどないようです。

 

 

 

今回は完成当初の色より少し濃い色の塗料を塗りました。 木目にしっかりしみ込んで素材を保護してくれる木材用の塗料です。


もとのウッドデッキより一段低い、新しい小さなウッドデッキもつくりました。庭からの上がり降りが楽になります。

 

 

前回、2月に塗り替えた板塀にはハンギンングバスケットをかけて楽しんでいます。

雨、風や紫外線などにさらされて、風化していく自然素材。 変化を楽しみながら長く美しく保つためにはメンテナンスも必要ですが、手間がかかる分、愛着もわいて、暮らしの楽しみにもなるのかなと思います。

杉本

 

梅雨明けも間近となり、暑さもより一層増してきている今日この頃。
皆様体調など崩されておりませんでしょうか。

そんな暑い時期にお届けする最初の1枚は海!
海はいいですね、涼しい山もいいですが。
夏はまたいろんなところに出掛けてみたいです。

この写真は5月のゴールデンウィークに、愛媛の八幡浜から大分の臼杵へフェリーで渡っている時のものです。

フェリーを降りると城下町の臼杵が出迎えてくれます。
古い町並を今も残し、観光地としても力を入れているようです。
観光する予定はなかったのですが、古い町並みに惹かれてぷらっと寄ってみることにしました。

観光案内板を見ると、臼杵城跡を初めたくさん見所があるようです。
その中でも一際目を引いた「稲葉家下屋敷」というところへ行ってみることに。

 

「旧臼木藩主 稲葉家下屋敷」

国登録有形文化財です。
明治35年、廃藩置県後に東京に居を移した旧藩主の里帰りのために建てられたお屋敷だそうです。
敷地面積はなんと約1000坪!


大書院、御居間、台所の各棟を「畳廊下」でつないだ格式ある、まさに「お屋敷」といった感じです。
里帰りのための家とは言え、来訪者をもてなすための公の場としての顔も持っていたと思われます。

千鳥破風(屋根の上の三角部分)が立派な正面部分が表玄関(客用)、右手が内玄関(家人用)となっています。
近代に入ってから建てられたものですが、格式を重んずる「武家住宅」の様式が色濃く残されています。

観光地の文化財なので当然ですが、とても手入れが行き届いており、
こういう施設を訪れる度に、長く使うための手入れの重要さを実感します。(所々改修もされているようです)

ここが「畳廊下」。
今となってはなかなか見れない、ある意味贅沢な空間です。
こういう「余白部分」も客人をもてなし、格式を上げる要素のひとつとなっているようです。

大書院の上ノ間から二ノ間を見た写真です。
上ノ間には長押(なげし)が回され、格式を重んじる「武家住宅」の様式が見てとれます。
長押は初め、一般市民は住宅に取り入れることを禁じられていたほどの設えですが、今となっては洋服をかけるフックを付けたりと、時代の流れの面白さを感じます。

それにしても立派な部屋で、それでいてとても居心地が良いです。
というのも、この反対側がこの稲葉家下屋敷の大きな見所!

このお庭が部屋の中から眺められるからです。
1000坪の敷地は伊達じゃない、ゆったりした敷地にこれも手入れの行き届いたお庭がもてなしの空間を演出しております。
深い軒が作り出す影が縁側に落ち着きと涼やかな風をもたらしてくれています。

 

上ノ間からお庭を眺めていると、いつまでもこの場所に居たくなります。
開け放った建具越しの見え方も最高に絵になりますね。

内部も縁側や各部屋の繋がりで回遊できますが、
お庭も回遊できるようにつくられており、中からも外からも色々な表情を見せてくれます。

と言った感じで、その他の部屋や隣接する旧平井家住宅など、
紹介し出したら延々と続いていってしまうので今回はここまでにしておきます…。

 

落ち着きのある、居心地の良い空間、外と中の繋がり、もてなしの空間。
細かい納まりから設えや空間構成など、たくさんの事を感じ取れた濃密な時間でした。
ふらっと寄った割りに、2時間強の滞在となってました…。

稲葉家下屋敷の他、臼杵の町には「二王座歴史の道」やポルトガルとの交流文化を表す「タイル壁画」など見所いっぱいです。色々まわっていると丸1日過ごせそうです。
機会があれば是非訪れてみてはいかがでしょうか。
.
.
.
.
.
.
.
.
.

おまけ

襖に付箋が貼られたままになってました。
ここに書かれてる通り、襖や障子は左が奥、右が手前とするのが習わしです。
「着物の右前」と同じです。アルミサッシも全てそうなっております。
4枚引きの場合は室内側を手前に、部屋と部屋の間仕切りの場合は格上の部屋側を手前に建て込みます。

以上、豆知識でした。

投稿者:石田

トップへ戻る
資料請求
資料請求
アクセス
アクセス
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram