ブログ

あけましておめでとうございます。
年末年始は温かい日が続きましたが、昨日はぐっと冷え込みましたね。

きなりの家コンセプトハウスでは11月から床暖房を入れております。
普段の暖房は床暖房だけで十分ですが、寒い日は薪ストーブをつけております。

弊社のお客様の中にも薪ストーブをご採用いただく方がいらっしゃいます。
薪ストーブの魅力はやはり「炎の揺らめき」「あたたかさ」これにつきます。
ご採用いただきましたお客様からも「家族が薪ストーブの前に自然に集まる」ということをお聞きします。

薪ストーブって火をつけるのが難しそうだな、と思っている方もいらっしゃるかと思います。
かく言う私も実際に使うまではそうでした。
火をつけるのは意外と簡単です。
細めの薪と、着火剤、新聞紙があれば点きます。
img_5439_r
ストーブの炉の中の小さな白い個体が着火剤です。
(着火剤もいろいろな種類があり、インターネットでも売っております)
最初は空気量の調整にコツが必要です。

煙突が温まるまでは空気を多めに入れます。
煙突が温まると勝手に空気を引き込むようになるので、火が強くなりすぎます。
炎の勢いは空気ダンパーの開き具合で調整します。
ダンパーを占めると空気量が少なくなり火の勢いは小さくなります。
火が落ち着いてきたら、新たに薪を追加投入します。

文章で書いても5行で終わりますね!

個人的には夜の薪ストーブがお勧めです。
お客様に夜のコンセプトハウスをご覧いただける機会がなかなかないので、今日は写真で少しご紹介します。
052_r
日が暮れてくると炎の灯りをより感じるからでしょうか。
時間がゆっくり進んでいるような、落ち着き感を演出してくれます。

054_r
照明を落として炎の灯りを楽しんでみるのも良いですね。
ソファでおいしいコーヒーが飲みたくなります。

きなりの家コンセプトハウスでは毎週末(暖かい日は除く)薪ストーブを点けております。
(点いていない場合、ご希望の方はスタッフへお伝えください。)
薪ストーブのご採用をお考えの方も、そうでない方も実際に火が入っているのを見られるのは冬の期間だけです。
ぜひお越しください。

高橋

%e3%81%8a%e6%ad%a3%e6%9c%88%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%a8-3-01

明けましておめでとうございます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるご提案、ものづくりを心がける所存でございます。
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

スタッフ一同

 
先日、業者さんでもありお施主様でもあるKさんの自宅の完成披露パーティに行ってきました。

  建築中から新居がとても楽しみで、とにかく完成が待ち遠しかった様子のKさん。
                                                                              
img_10031  ←深い緑が印象的な外観

どこにいても家族の気配を感じられる素敵な空間がとてもお気に入りの様子です。

 img_09871    img_10191   ←具だくさんのお雑煮!!                                  みんなでもちつきをしました!!                                                                  

初対面にもかかわらずみんなでわきあいあいとおもちを丸めました!!!

 

 img_10351        img_10761←おそるおそる近ずく

あとKさんの友人が新築を祝って獅子舞を踊ってくださいました

獅子舞にかまれた子供は健康になるとのことで頑張って近寄るものの、
あまりのリアルな動きに泣いて帰ってくる子供もいてとても微笑ましかったです。

Kさんが最後の挨拶の時に

「ほんとに満足のいくわが家ができました。」

としみじみ言われていたのがとても印象的でした。

きなりの業者さんとしても付き合いの多いKさんに

「家を建てるならきなりで!!」

と言って頂けたのも最高に嬉しいことですが、

完成してからもこんなに喜んでいただけてほんとに感無量です。

またみんなでお邪魔させて頂きます!!

 

                                   近藤

最近「パクチー」が話題になっていますね。
先日テレビでも岡山産のパクチーの特集が放送されていました。

 
パクチーは香りの強い香草で、
タイ語で「パクチー」、別名英語では、「コリアンダー」といいます。
中国語では「シャンツァイ」と呼ばれています。
独特な香りなので苦手な人も多いですが。
好きな人はほんとすきですよね。

 そんなパクチーですが調べていくと、実は栄養が豊富で、健康・美容効果のあるビタミン類もふくまれており。デトックス効果やアンチエイジング効果もあるようです。

体に良いことがたくさん書いてあり、気になっていたところ
先日パクチーのイベントが近くの神社でありましたので、子供たちを連れて遊びにいってきました。

「パクチー奉納祭」
パクチーを奉納し、またパクチーを使った料理を提供する飲食店の出店や、宝探しゲームなどを楽しめるイベントでした。

 たくさんの参加者で、売り切れる飲食ブースもありましたが、
タコライス、くろとりめし,サラダやカレー、トムヤンクンをいただきました。
どれもトッピングのパクチーが山盛りです。

                       1 3 2

 

子供たちはやはり匂いが苦手のようでしたが、私はおいしくいただきました。
岡山産のパクチーは、香りが控えめで、味が甘めに食べやすく作られているようで、
根っこもきんぴらや、刻んでドレッシングにも使えるようです。

 自宅用にも購入し、
茹で鳥の香味ソースにパクチーを添えたり、
生春巻きや、フォーに入れたりと、パクチー料理をつくりました。
                               
4 5

 様々な効果がある「パクチー」を料理にくわえてみませんか。
                                   
                                   逸見

去年、中古住宅を購入した知人家族がリフォームを終え、新居へ引越しをしました。
外構はどうしても自分達の手でしたいということで、玄関アプローチと庭を自分達でDIYすることになりました。
そのDIYに私も参加させてもらっています。

まずは、玄関アプローチです。何もないところからスタートするため、ホームセンターへ通い、
煉瓦や砂利、土、ブロック等の材料選びから始まりました。数年間、空き家だったため雑草が沢山生え、
草枯らしを蒔いて雑草除去をし、真砂土を入れました。そこへ、グランドカバーとしてクローバーを植えました。
クローバーは、土壌を回復する力があり、生命力も強くかわいい花の咲く植物です。
このクローバーは、時間が経つにつれて地面全体へ広がっていくので、他の雑草が生えにくくなります。

image1image2image3

玄関門扉脇のコンクリートブロックだった塀を、白いジョリパットで塗装して、明るくしました。
玄関門扉前には囲いをつくり、玉砂利を敷いて、季節ごとのオブジェを飾れるスペースとなっています。
今は、クリスマスのオブジェが飾られていて、訪れる人を楽しませてくれます。

image4

続いて、庭です。


庭も玄関アプローチ同様、土壌づくりから始めました。

image5

庭の一部には家庭菜園の畑をつくりました。
ほうれん草・ブロッコリー・水菜・レタス等さまざまな野菜を植えています。
収穫が楽しみです。

 

image6

子供達が遊べるスペースを設け、中央には砂場を作っています。
ご主人は、可愛い子供達が穴を掘ったり、山を作ったりして、
楽しく遊ぶ姿を想像しながら頑張ったそうです。
この隣には、煉瓦で囲い、砂利を敷き詰めて、
夏にはバーベキューやプール遊びができるようにしました。

image7また、ベンチも作りました。
このベンチは、穴あきブロックを好きな色で塗装し、
防腐加工した杉の角材をブロック穴へはめ込むだけなので、
とても簡単に作れます。ウッドデッキ用の木なので、
大人が座っても壊れず頑丈です。
休日の朝、ここに座ってコーヒーを飲んだり、
バーベキューの時にはテーブルを出して食卓にもなります。
見方を変えれば子供の平均台にも早変わり!
万能なベンチが完成しました。

庭の南側のレンガで縁どりされたスペースには、ブルーベリーの木とオリーブの木を植えました。
オリーブの木は、2人目の子供の出生祝いで市から記念樹として頂いたものです。
お子さんの成長と共に、すくすく元気に育ってほしいと思います。

 image9image8

「素人なので壁にぶつかることもありますが、それもまたDIYならではの醍醐味ですね。
試行錯誤して、完成したときの達成感は別格だ」と知人が言っていました。
これからも、休みの日を使ってDIYに参加したいと思います。
完成したら皆でバーベキューをする予定なので今から楽しみにしています。

営業・設計課    土井 美香

 

10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »
トップへ戻る