ブログ

今ご覧頂いているWEBページ「kinarinoie.com」は、3代目になります。

きなりの家が1998年に建造された当時は、インターネットの普及が始まって間もない時期、企業の告知は、まだまだ新聞、雑誌の紙媒体が主流でした。

今では考えられないことですが、インターネットに関しての認識はまだまだ低く、「なにやら調べ物をするのに便利である」ということは衆知されてはいましたが、新しい媒体を持て余していたのか、WEBページを企業名と地図物があるページを取りあえず公開しておけば「進歩的な企業」の仲間入りできる時代でした。 

当時、時代の住宅業界のトレンドは、「自然素材」。工業化住宅の揮発性有機化合物の問題点が話題となり、そのアンチテーゼとして木造が見直され、自然回帰の波が住宅業界を席巻しました。

「自然素材=健康的な住宅」であるというような、とにかく木を室内外に見せておけば満足するような風潮のなか、我々の目指したものは。 

・人と自然と一体に暮らすことの豊かさの提案

・自然のエネルギーを利用した快適さを得る取り組み

・室内環境やエネルギー消費の改善

・ライフサイクルアセスメント

 そんなテーマを具現化し、新たな住宅のあるべき姿のモデルとして、コンセプトハウス「き」なりの家は誕生しました。

 その取り組みが評価され、環境エネルギー賞を受賞した関係で、雑誌などでも取り上げて頂くことも多くなる中、「き」なりの家の思想を発信する場としてWEBページを製作することになりました。

kinarinoie.com 最初のWEBページkako1

多様な実験的要素と、実践的な提案を出来るだけ正確に伝えるために、当時は100ページ以上に渡る内容量を、PCに格闘しながらすべて内部の手作業でページを作製するのに1年以上の製作期間を要し、公開に至ったのが2001年の春頃になります。当時はWEBの情報伝達をスムーズにしていくノウハウがなく、しかも通信速度が低かった時代、伝えやすい情報とそうでないものの取捨選択ができておらず、ご覧頂いた方は、さぞ閲覧しにくいものではなかったかと思います。

インターネット通信速度が劇的に改善 kako2

2008年頃になると、世のインターネット環境は大きく進化し、通信速度が飛躍的に改善していました。現在の状況と比べると、まだまだ通信速度は見劣りするものですが、動画の投稿サイトも誕生するようになり、企業のWEBページは、大きな画像や動画や革新的な仕掛けで、ビジュアル的に新しい表現が出来る時代になっていました。そんな世の中の要求に対応するべく、私たちも大きくWEBページをリニューアルすることになりました。大きな画像とフラッシュ動画を用いて、新たなビジュアルのページになり、文章や記事の掲載量も洗練され、以前よりは見やすく、分かりやすいページにすることが出来たと思います。

モバイルがインターネットの主役に

2014 年頃になるとさらにインターネット環境は激変します。「スマートフォン」の登場です。
近年においてはWEB の閲覧の主役は、PC からモバイルに取って変わりました。特にキー
ワード検索においては、まず、移動時間や休憩時間の思い立った時間に検索をかけ、気に
なるものをPC にてじっくりと閲覧する方が多くなっているようです。
その状況に対応すべく、先進的なシステムを盛り込み、PC やスマホのすべてのキャリアに
最適化したデザインに切り替わるように生まれ変わったのが今現在のkinarinoie.com です。そして、そのシステムのおかげで更新操作が簡便になり、情報の更新頻度を格段に上げることも出来るようになりました。

WEB を取り巻く環境は変化し、住宅を取り巻く環境もここ十数年で変化してきました。

しかし、きなりの家が20 年近くを経ても変わらずあるように、私たちの発信する思想その
ものは、大きく変化をしてはいません。
創建当時の思想が先進的であったと同時に、普遍的な価値のある住宅を創造することこそが我々の目指す理想像であるからです。
まだまだ発展途上のページで、これから磨きをかけるべき点も多々ありますが、
今後ともkinarinoie.com をどうぞよろしくお願いいたします。

営業設計担当 田中賢二

 開口部とは、光を取り入れる、換気を行う、庭の緑を眺める、また、人(犬や猫、時折、蝶々など)の出入りを行うために開けられている部分です。

 

 今回は、きなりの家の施工事例を挙げて説明します。

 
 ①採光のための開口部
%e6%8e%a1%e5%85%89-1 %e6%8e%a1%e5%85%89-2

 自然光を取り入れたいが、外の人から見られたくない。

 プライバシーを確保するため、位置を調整して設置した窓。

 

 ②換気のための開口部
%e6%8f%9b%e6%b0%97-1 %e6%8f%9b%e6%b0%97-2

 湿気や、匂いがこもらないよう通気を確保するための窓。

 低いところと高いところに窓を設けると、暖かい空気が上部の窓から排気され、それと同時に下部の窓から新鮮な空気が引っ張り込まれる、重力換気により風の流れが生まれます。

 

 ③眺望のための開口部

%e7%9c%ba%e6%9c%9b-1

 素敵な庭を眺めるための窓。きなりの家では特に気を使って設計します。

 

%e7%9c%ba%e6%9c%9b-2

 こういった景色をまるで写真のように切り取った窓のことを特別にピクチャーウィンドウと呼んだりもします。

 

 ④通行のための開口部

%e5%87%ba%e5%85%a5

玄関の扉

 天然の木材を使用しているため、使うたびに味わいが出てきます。また、外壁の素材と合わせれば、建物に統一感が生まれます。

 

 単に開口部といっても、用途や目的によって、さまざまな表情であったり、設計方法があります。是非、コンセプトハウスにお越しの際は、豊かな開口部を体験してください。

阿部

9月の上棟です。明け方までの雨も上がり、順調に柱、梁が組まれていきます。aimg_3944


aimg_3936

住まいの中心に位置する大黒柱。リビングの吹抜を貫く力強い化粧柱です。
クレーンで吊りながら、大工さん達が慎重に立てていきます。

 


aimg_3976

大黒柱にもしっかりと梁が架かり2階の床が乗ります。

写真、向かって左側は、少し2階床をさげて、1階リビングから見上げると杉パネルの表し天井になっています。


aimg_3979杉の個性的な木目が美しいですね。
周りの壁は白く仕上がる予定なので、天井や梁の木目がより映えてくると思います。

仕上がって行くのが楽しみです。


 

aimg_3986

心配していた雨も降らず、すっかり秋晴れとなりました。

 

 


K様邸の現場です。大工さんの工事も大詰めとなりました。 cimg_4012


aimg_4009
玄関土間ホールの壁にはレッドシダーを横貼り。
仕上がると、周りの白い壁、天井とのコントラストが美しくなる予定です。

ロードバイクをかけられる木製のハンガーも取り付けられています。お施主様と現地に自転車を持ち込んで位置を設定しました。

2台の自転車がゆうゆう入る広い玄関。写真左下の明るい部分は窓になっていて、玄関入ると正面に庭の緑が見える構成になっています。


和室の床框。aimg_4018




aimg_4003すっきりした雰囲気になるようにあえて丸みを持たせた桧です。棟梁が綺麗に納めてくれました。




       杉本

 

8月の初めに取材と写真撮影をして参りました。
前記事「取材にいってきました」の第二弾といった感じでしょうか。

160802-121000_R
お引渡し時は1月末でとても寒い時期でしたが、今回は緑が青々としていて、
外部も内部もまた違う表情を見せておりました。

160802-112444-Pano_R
吹抜け上部の窓や、小窓からは一面の緑が目に入ってきます。
夏の緑を切り取るかのような開口部が、室内に夏の表情をもたらしていて、
薪ストーブのオレンジが彩る冬とはまたひと味違う快適さを作り出していました。

160802-103825_R
2階の子供部屋(将来間仕切り)の壁には可愛いシールが貼られていたり、
“お施主様の色”になっていく様を見てとても嬉しい気持ちになりました。

160802-121746_R
取材時には「家づくり」の思い出話をお施主様としているような雰囲気で、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

「家づくり」は”お引渡し”を一旦の区切りとしますが、
「家」自体はお施主様が住まわれてから、少しずつ”完成”していくのだなと、
今回そんな事を強く感じることが出来ました。

IMG_1198
つい先日には”照明追加”の依頼があり、商品を取付に行って参りました。
デスク用のスポットライトですが、お子様手作りの”飾り”や”手形”が照らされて、
思わぬ照明効果に頬が緩んだ次第です。

またひとつ、”完成”に近付きました!

投稿者:石田

6月から8月の間に3件のお家に取材に行ってまいりました。

6月25日
岡山市 N様邸
N様邸は2013年にお引渡ししたお家です。
お引渡しから3年、床の杉もいい色にやけています。
取材させていただくということで、お伺いする前にご家族で床のワックスを塗りなおされたのだそうです。
ありがとうございます!

160626-1


160626-151814_R


青々と茂る庭の芝と風に揺れるハンモックは理想のくつろぎ空間です。
N様のご主人、これからウッドデッキを作る予定だそうです。

160626-3


お引渡し後に建てられたガレージは、所さんの世田谷ベースのようになっておりました!
家づくりはまだまだ終わりませんね^^


7月25日
倉敷市 E様邸

今年の5月にお引渡しいたしましたE様邸です。
160725-112308_R


東京から移住して来られたE様ですが、お引越しから3か月がたち家具も荷物も納まってだいぶ落ち着かれたご様子でした。
一緒に引っ越してきた猫ちゃんもだいぶ慣れた様子で私たちも一安心しました^^

梅雨も明けて、連日晴れていたのにこの日は曇り。
晴れていれば2階からは瀬戸大橋が見えるはずでした。
160725-104108_R

160725-103551_R




夜になるとバルコニーからはライトアップされた瀬戸大橋が見えるのだそうです。
狙い通り!
ただ、山際なので虫は避けられません(==;)

お庭には家庭菜園もつくり、お伺いしたときにはトマトとゴーヤが大きく実っていました。
これからもゴルフに釣りに畑と忙しい毎日が続きそうですね。

8月20日
玉野市 T様邸
こちらは今年の2月に見学会をさせていただいたお家です。
ご結婚と同時にお家を計画されていたT様。
4月の桜の時期にお伺いしたのですが、この時はまだ引っ越し最中で一緒にお住まいではありませんでした。

今は家具も家電もそろい、おふたりの生活が見えました。
以前はなかったソファも鎮座しております。

IMG_6535-1_R


撮影の様子。

石貼りの壁にはご夫婦お二人で選ばれた時計が飾られ、存在感を放っています。
IMG_6521_R


ダイニングテーブルには奥様が生けられたフラワーアレンジが飾られております。
部屋の中に緑があると、空間がすごく豊かになりますね。

多趣味なT様のご主人は将棋6段をお持ち(お打合せの時には、尺八と釣り、絵を描くことしか聞き及んでいなかったのですが)。
夜になると奥様と将棋を指すこともあるそうです。

撮影では将棋だけでなく、楽しそうに暮らされているご様子をうかがうことができました。

IMG_6548_R


お引渡しの時には青々としていた「杉玉」もすっかり良い色になりました。
直径60cm位ありますでしょうか。
堂々とした風格が漂っております。

これらのお宅は随時ホームページにもアップしていきます。
楽しみにお待ちください。

高橋

10 / 27« 先頭...89101112...20...最後 »
トップへ戻る